静岡新聞が脱原発依存を提言

浜岡
静岡新聞が6月30日朝刊の一面トップで「脱原発依存 道筋描け」という主張記事を掲載した。どちらかというと保守的な傾向の強い静岡新聞が極めて先進的で主張の強い提言を掲載したことに驚くとともに敬意を表したいと思う。五つの提言は次のようなものです。
 1 原発推進はもはや国策になりえない。
 2 再稼働の是非の論議は不安解消後に。
 3 中電は6号機を撤回し、ガス・コンバインドサイクル発電など高効率
   で環境に優しい最新鋭火力検討を。
 4 原発に頼らない地域振興策の模索を。
 5 県民一人一人が関心と責任を持って。
 取材の基づいた現実的な提言だと思う。福島の原発事故で多くの人々が故郷を追われた。追われたことによって人生設計が大きく変更させたという現実がある。それは補償金をもらっても元には戻らないのだ。先日の東京電力の株主総会ではそういうことを引き起こした当事者であるという自覚が経営者に感じられなかった。今JAMESは浜岡原発から30キロ圏内で生活している。何か起これば福島と同じようになる可能性がある。そういう現実の中では「国策として原発を推進することはできない」と政府は明確に示すべきだと言う静岡新聞の主張は正しいし、国民の感情を汲んだものだと思う。原発がある地元からは原発がなくなると仕事がなくなり、生きていけなくなるから脱原発は無理だという発言が必ずあるがこれは順番がちがうし、次元の違う問題を一緒に考えようとしていている。静岡新聞の提言ではこの点に触れている点も評価したいと思う。
あれだけの事故があり、被害も起きているのに日本政府が脱原発に舵をきらないのであれば、世界から馬鹿にされるとJAMESは思う。100%安全は原発」ではあり得ないということがはっきりした以上脱原発しか我々の歩み道はないのだ。同じ事故がに二度と起こさないために。静岡新聞がこれからもこの問題に積極的に取り組み、県民の世論を喚起することを期待したいと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








スポンサーサイト

民主党代表選挙はおかしい。

民主党代表選挙はおかしい。前鳩山首相とともに責任を取って辞任したはずの小沢一郎氏に代表選挙に出馬してほしいと要請した議員がいることにびっくりしている。あまり当てにならない世論調査でも二人が辞任したとたん民主党の支持率が急激に回復したことをもう忘れてしまったのか。小沢氏にまつわるお金の問題もまだ十分には説明されていない。そういう灰色の人を代表にしたいと思う議員の気持ちが理解できない。なぜ数ヶ月前に自分たちが選んだ代表をこんな短期間に変えようとしているのか理解できない。それとこんなに頻繁に代表選挙が行われては落ち着いて政治に取り組むことができないではないか。衆議院議員の任期が4年なのに代表の任期は3年のようで、国民に信任された総理大臣が任期中に党の代表としてまた選挙をされなければならないというシステムがおかしいのではないか。アメリカの大統領は4年という任期がはっきりとあり、よほどのことがないかぎり途中で解任されることはない。4年間はしっかりとアメリカの代表として行動できる。民主党が政権を獲得したのだから、今回の代表選挙の後、この矛盾を解決するような方向で改革を進めてほしいと思う。政局は政治ではないと思う。今は経済上もあまりよくない。腰を据えて仕事をすする時期であろう。なのにニュースでは小沢氏が立候補するかどうか、管代表はどう支持を集めようとしているかということばかりが話題となっている。これでいいのか。これではまるで昔の自民党と同じではないか。官僚にも馬鹿にされるのではないかと思う。そして残念だけど民主党の支持率は低下するであろう。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

鳩山さん辞任

辞任は応援していただけに残念の一言です。決断力はなかったかもしれませんが、最後に小沢さんに詰め腹を切らせたのはすごい仕事をしたと思いますね。こういうことが起きるといつも思うのですが、内閣などに日本の英知が集められているのかなということです。アメリカの大統領には補佐官なるものがいるようですが、総理大臣にはいるのでしょうか。沖縄の基地の問題にしても取り組み方がどうみても素人のようにしか見えませんでしたね。まあ透明性が高くなったと言えば言えなくもないのですが。とにかく自民党よりははるかに政策がしっかりしていると思うので、是非体制を立て直してあと3年間はしっかりと政権を守ってほしいと思う。鳩山さんは今までにない政治家のタイプだったと思う。そういうところに好感を持っていたのです。でも今回辞めた二人のお金の問題はもう聞き飽きていたので、辞めたのはよかった。政治とお金の関係は重要だとは思うが、それよりももっと議論しなければならない大事な問題があるだろうと思うのに、野党はお金のことばかり問題にしていたように思う。大臣たちが仕事にも慣れてきて、いよいよ力を発揮できる時期になってきていると思うので是非全員が留任をして継続して仕事をしてほしいものです。政治がこういう人事問題ばかりでゴタゴタしているのはよくない。本来の仕事をしっかりとやってほしいものだ。内閣支持率なんかいちいち気にすることなく、4年間という任期があるのだから、その任された任期をまっとうするつもりでやってほしいものです。国民も選挙で選んだ以上は任期の間は任せたのだから、一喜一憂しないで長い目で見る必要があるだろう。あまり内閣支持率にとらわれると国民の人気取り政策に走るようになると思う。まあ今の政策にもそういう傾向はあるように思いますがね。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



長谷部選手ワールドカップ出場。

ワールドカップの出場する選手23人が発表された。そのときは川口選手が選ばれたことにだけJAMESは注目してしまい、長谷部選手のことは頭にまったくなかった。昨日用事があって我が町の市役所に行ったら、ロビーに大きく掲示したあった。
長谷部1
これで彼が我が町の出身であることがJAMESにもはっきりとわかった。これから応援するとき力が入ります。
長谷部2
長谷部3
サッカーは勝つのが難しいスポーツなので、JAMESは見ていてあまり楽しくない。あまりに点が入らないのだ、特に日本チームは得点能力が低い。これからみんなの関心がサッカーに集まりますね。応援します。孫のThomasはスポーツ少年団でサッカーをやっている。今度会ったら我が町からワールドカップの選手がでたことを教えてやろう。しかも彼はThomasの父親と同じ高校の出身であることも教えてやりたいものだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ





鳩山さんよ頑張れ。

鳩山さんよ頑張れ。普天間問題がうまくいかなくても総理大臣を辞めないでほしい。報道機関が1ケ月毎に内閣支持率を調査するが、その信憑性と意味について問題があるとJAMESは考えている。まあ人気投票と考えればそれはそれで意味があるのかもしれないが。まだ半年も経たないのに支持しないと答える国民も国民だと思う。これでは内閣はじっくりと仕事に取り組むことができないではないか。自民党も自民党である。普天間問題がうまくいかなければ選挙だという。選挙はやったばかりではないか。その選挙で支持されたのは民主党なのだ。だから民主党が右往左往することなく地道に政策を実行してほしい。そして任期というものがあり、4年間は辞めさせられないのだから、内閣支持率に惑わされることなく仕事をしてほしい。あのオバマさんでも支持率は低迷してきているのだから。新聞やNHKも出てきた数字がいかにも絶対的なもののように報道するのはどうかと思う。そして数字が一人歩きし、内閣のイメージが悪くなるのだと思う。数字にして表すとわかりやすい。そして増えたか減ったかはっきりわかる。そこが数字の持つ特性ではあるが、それは絶対的なものではない。そのことを報道を読んだり見たりする我々がしっかりと考えておく必要があるだろう。選挙で支持されたということは内閣支持率より大きな意味と価値があり、4年間は頑張れと多くの有権者が言ったのは事実なのだから、民主党よあわてる必要はまったくないのだ。民主党よ頑張れ。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム