JAMESさんちの紅葉

DSC00001_1.jpg DSC00002_2.jpg

もみじと銀杏です。右の写真はドウダンツツジです。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ
一押しお願いいたします。
スポンサーサイト

劇団四季ミュージカル「エビータ」を見る

エビータ
11月28日隣の市の市民会館に劇団四季の地方公演があり、「エビータ」を観にいってきました。これはBettyさんのお誕生日のお祝いのプレゼントなのです。市民会館のある公園はちょうど紅葉の真っ盛りという感じで、銀杏が黄色に、けやきが赤く紅葉し、それはそれはきれいでした。Bettyさんも「昔もこんなにきれいだったかしら」と言っていました。大昔結婚したばかりのころ僕たちはこの町に住んでいたことがあるのです。本当に久しぶりの音楽会だったので、気分が弾んでしまいました。「エビータ」はマドンナの主演の映画は見たことがありますし、あの有名な「DON'T CRY FOR ME ARGENTINA」はサラ・ブライトマンの歌で何回となく聞いたことがありますので、とても期待して、出かけていきました。結論を言うと大変よかったです。一人の人間の人生をドラマ化するという難しい作業を手際よく、しかも感動的に創りあげていました。ロイド・ウェーバーは主人公「エバ・ペロン」の裏の部分まで描き、単なる英雄として描いていないところがよかった。踊りのシーンもすばらしいが、オペラに近いミュージカルでしたね。それにしても「DON'T CRY FOR ME ARGENTINA」は名曲ですね。劇団四季が考えたシステムはすごいと思う。若くして亡くなると、その人は伝説の人となるのだ。美空ひばりや石原裕次郎も伝説となった。織田信長だって早死にしたから人気が今でもあるのだと思う。今日はBettyさんとデートをしたような一日でした。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ
一押しお願いいたします。

台湾紀行2 台北101ビルに登る。

101.jpg DSC00006_20071129140112.jpg DSC00007_20071129140131.jpg
11月21日台北101ビル見学に出かけました。我々は山登りにどこかに出かけても、そこで観光をするということはほとんどしません。去年北海道のトムラウシ縦走に行ったときも、観光はまったくしませんでした。今回は通訳の陳さんと黄さんが案内をしてくださるというので、101ビルの観光に出かけました。写真の一番左が外から見たもので、縦にして見てください。地上500mの高さがあり、世界一のノッポビルだそうです。中には89階に展望台があり、そこまで高速エレベーターで39秒で昇りました。この速さも世界一だそうです。展望台からは台北市を一望することができました。中にはしゃれた喫茶店や有名ブランドの店が、華やかに店を広げていました。あの有名はティファニーもありました。Jamesがお金持ちなら、お土産をここで買うことができたのに、残念でした。これだけ有名ブランドの店があるということは、台湾にはお金持ちが多いということかなあ。昼食後東浦山荘に向けて移動しました。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ
一押しお願いいたします。

台湾紀行1 ユースホステルに泊まる。

DSC00002_20071128104330.jpgDSC00001_20071128104443.jpg>
台湾では台北駅の真前にある、「台北ユースホステル」に宿泊しました。元気館という名のビルの13階にありました。空港からバスで台北駅前の降り、通行人にユースホステルの住所を書いた紙を示して、場所を教えてもらいました。その指示に従って、元気館と隣の新光三越のビルの周囲を大きな海外旅行用のトランクを3人でガラガラと引きずりながら、歩きました。Williamは登山用の大きなザックを背負っていました。でもなかなか見つかりませんでした。最後は親切なカップルが、「元気館というビルの13階にありますよ」エレベーターの前まで案内してくれて、ようやくたどり着きました。19歳か20歳の頃、日本でよくユースホステルを利用しましたが、45年を経て、またユースホステルに泊まるなんて考えたこともありませんでした。我々が泊まるのに、「青年の家」とあったので笑ってしまいました。ここには3泊しました。食事は近くに吉野家があったので、1回はそこで牛丼を食べました。安くて清潔で、交通の便もよく、我々にとっては最高の宿でした。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ
一押しお願いいたします。

久しぶりにテニスをする。

久しぶりにテニスをする。結果は3連勝。最初は相手がいなかったので、Bettyさんとシングルスをやりました。6-1で快勝しました。長い試合をするとゲームをとられてしまうことが多いので、短期決戦で快勝。彼女はこの結果に不満のようで、もう一度挑戦したいと言っていました。そのあと、とても上手な女性二人から、「ゲームをやりましょう」と誘いがあつたので、2試合やりました。シーソゲームで楽しい試合となりました。JAMESは6-5 6-5で勝ちましたので、気持ちよく帰ってきました。勝ったこともうれしいのですが、競った試合ができたことがよかった。上手な人を相手にしてもなんとか試合になるようになってきたことがうれしかった。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ
一押しお願いいたします。

明日から台湾玉山登山に出かけます。

玉山
「玉山は、台湾の最高峰として「玉山国家公園」に指定されています。かつては「ニイタカヤマ」と呼ばれた時代もありましたが、今は、台湾の自然公園を代表する地域として台湾はもとより内外の登山愛好家の人気を集めています。山麓付近は、亜熱帯の気候ですが、頂上付近は、冬季にはマイナス18度にも気温が下がる寒帯気候の様相を呈しています。
  台湾は意外と知られていないのですが、3000mを越える高峰が30以上もあり「高山 百岳」と呼ばれています。盟主は何と言っても3952mを誇る玉山であり、厳しい岩肌に 登山道が刻まれ多くの登山客を頂上まで導いています。中腹には5月、6月には玉山ツツ ジが咲き乱れます」と説明されている、玉山登山に出かけます。北回帰線上くらいにある山なので、樹木の様子も日本とは違うと思うので、それがとても楽しみです。標高は3952mです。高山病が少し心配です。メンバーはWilliam Alfred BenjaminとJamesの4人です。気心がわかった仲間と登れることはうれしいことです。また山のベテランのWilliamが一緒なので、とても心強いです。おもしろいおみやげ話を期待してください。明日9時25分に出発します。
 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

Happy Birthday Bettyさん

DSC00002_1.jpg
11月19日
今日は少し早いのですが、Bettyさんのお誕生日をお祝いしました。本当の誕生日は11月23日なのですが、その日JAMESが台湾の玉山登山のために家にいないので、繰り上げて今日お祝いをしました。Scalettがケーキを買ってくださいました。JAMESからのプレゼントは今年は何もありません。我が町で一番おいしいというお寿司屋さんからお寿司をとって3人で食べました。お鍋もあり、3人とも動けなくなるほどお腹がいっぱいになりました。ケーキを食べるときのコーヒーはJAMESが入れました。今日のコーヒーは何故かとてもおいしくできました。(我が家ではコーヒーを入れるのはJAMESの仕事です)ケーキを食べる前に、「Happy Birthday to you」を歌いました。よその家と違うのはこのとき、オーケストラによる伴奏があることです。勿論CDですがね。誰の誕生日でもこの伴奏で歌います。これは「キリテ カナワ」というイギリス人のソプラノ歌手が50歳の記念コンサートをしたときのCDの一番最後に、彼女の誕生日を祝うために、歌われているもの拝借しているのです。来年は何かプレゼントできるといいなと思うJAMESです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

木枯らし一号が吹く。

DSC00001_0.jpgDSC00003_0.jpgDSC00002_0.jpg

11月19日
今日は木枯らしが吹く寒い一日となりました。夏はあんなに長く続いたのに、秋はあっという間に終わったしまいましたね。京都の今年の紅葉は全滅とか。我が町の紅葉は今一番という感じです。まだ紅葉していないのに、木枯らしに葉は飛ばされている木もありました。左の写真は市民サッカー場のもみじ。きれいに紅葉していました。真中が運動公園のメタセコイア並木。あと2.3日すればもっと黄色になるでしょう。メタコイアと山に多いカラマツは紅葉し、落葉する針葉樹だと昔友達に教えてもらいました。右の写真はトウカエデの街路樹です。木によって紅葉の度合いが違うのが不思議です。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

サカタのタネ 「花の見学会」に参加

DSC00012.jpg DSC00006.jpg

(写真をクリックしてください。大きくなります。)
11月17日(土曜日)掛川市総合研究センターで行われた「サカタのタネ 花の見学会」に招待されて、行ってきました。サカタのタネグループが開発したパンジー約200品種、トルコギキヨウ約100品種をはじめ約1000品種もの草花が一堂に展示されるというので、期待して行ってきました。 

DSC00004.jpg DSC00002_20071117220715.jpg DSC00001_20071117220700.jpg

研究所の中には広い温室が幾棟もあり、その中にペチュニア、サンパチェンス、ビオラ、などが見事な花をつけていました。うえの真ん中の写真はサンパチェンスの3年たったもので、1本の株が成長したものです。その大きさにびっくり。JAMESも冬越しをさせてみようと準備をしていたところなので、この大きなサンパチェンスを見て、来年の春には大きく育ててみようと決心をしました。案内の方は質問にも快く、丁寧に答えていただき、参考になることがいっぱいありました。最後に球根やら、ビオラの苗などをいただき、ものすごく得をした気分で帰ってきました。Bettyさんもお土産には満足という感じでした。とにかくお花がきれいでした。

一押しお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

THOMASの七五三を祝う。

DSC00025.jpg
11月16日(金曜日)THOMASの七五三をお祝いするために、Bettyさんと二人で上京した。「11時30分までに来てください」と言われていたので、そのつもりで家を出た。JAMESは数回電車でGeorgeの家まで行ったことがあるので、自信満々でBettyさんを案内していた。こだまを品川で降り、山手線に乗り換えた。数駅で蒲田に着くはずなのに、渋谷に着いてしまった。おかしいなおかしいなと山手線の車内の案内をいくら見ても、蒲田という駅は見当たらない。JAMESはあせってしまった。もうそのときは11時30分になろうとしていた。京浜東北線に乗るべきところを山手線に乗ってしまったのだ。携帯でGeorgeに電話して、私鉄を乗り継いでなんとか、12時に沼部に着き、みんなに会うことができた。後でGeorgeには「記憶だけを頼りに歩くと危険ですよ。前日にきちんとネットで確認してはどうですか」とたしなめられ、Thomasには「おじいちゃん どうして間違えたの。山手線は青い色、京浜東北線は緑の線なの」と教えられた。Thomasは黒の羽織に袴を身につけており、それはりりしく頼もしくみえました。9月に会ったときよりもずっと落ち着き、少年らしくなっていた。成長振りが態度に現れていた。うれしいことだ。Catharineはうすいピンクの着物が良く似合い、結い上げた髪が彼女を一層輝かせていた。Georgeはダイエットが成功したようで、頬も少しそげて、シャープな感じになっていた。Thomasの羽織と着物はCatharineのお母さんが由緒ある昔の着物から仕立て直してくださったものなので、黒い色も鮮やかで、手触りもよく、今流行の子ども用の貸衣装のものとはあきらかに雰囲気が違っていた。JAMESとBettyさんは何もできなかったけれど、Thomasがみなさんの気持ちに包まれて七五三を迎えることができたことはうれしい限りですし、Catharinのご両親に感謝するばかりです。みんなで写真館で記念写真うを撮る。ここでもThomasの成長振りを目の当たりにした。女性のカメラマンの注意をしっかりと聞き、その注意通りに振舞ったのだ。駄々をこねることもなく、ぐにゃぐにゃすることもなかった。これにも驚いた。そのあと近所の浅間神社に参拝した。そして田園調布駅(高級住宅地として有名)
の近くのお寿司屋さんで食事をした。東京のお寿司は美味しかった。
 帰る前にThomasは書けようになったひらがなを書いてみせてくれた。彼は左ききなので、字を書くのはなかなか大変だ。でも大変上手に書けるようにようになっていたので、これまたびっくり。次に縄跳びを見せてくれた。これもまた上手に跳べるようになっていた。
今日はThomasの成長振りを見にきたような一日だった。7月に生まれた妹のAnneはおとなしい赤ちゃんで我々がいる間大きな声で泣くようなことは一度もなかった。丸々と太って赤ちゃんらしい赤ちゃんに育っていた。東京は銀杏が紅葉していた。
DSC00014.jpg
家に戻ると午後9時近かった。新幹線があっても東京は遠い。みんなの元気な顔をみることができて、よかった。少し疲れたが、心地よい疲れだった。今度会えるのはお正月。また二人ともおどろくほど成長していることだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

JAMES ボジョレ・ヌーヴォー2007を飲む。

DSC00001.jpg
今日11月15日はボジョレー・ヌーヴォー2007の解禁日だ。「本当に美味しいヌーヴォーしか販売しない」と宣言しているヴィノスやまざきから今年も予約をておいたヌーヴォーが届いた。15日が解禁日だから我が家に着くのは16日かなと思っていたら、今日の昼過ぎにやってきた。うれしかった。夕食に早速飲んだ。3人で口を揃えて「おいいしね。おいしいね」となった。あつあつのロールキャベツツにボジョレーがよく合った。ワインを飲み始めの頃は、1000円勝沼ロゼで満足していたのが、今ではその3倍の値段のワインを飲むようになったのは、成長したということかな(?)。明日東京へ出かけるので、GEORGEのために1本持っていこうと思う。ボジョレーは新酒だから若々しい感じがするが、薄くなく、甘いだけでなく酸味もしっかりと感じられ、そして香り豊かでおいしいワインだと思った。でもJAMESはあまりアルコールに強くなにので、たくさん飲めないので少し残念である。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

バラの花が咲きました。

DSC00007.jpg


サンガーハウザーユビレウムスローゼがまた花をつけました。咲き始めは写真のようにアプリコットです。夕方にはもっと開いていました。
一押しお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへブログランキング・にほんブログ村へ


たぬき座上映記録 №105 「舞台より楽しい生活」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2007年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
舞台より楽しい生活
ロバート・レッドフォード制作総指揮とDVDの表紙に書いてあったので、どんな映画なのかまったく知らずに借りてきてしまった。劇作家とダンス教師の夫婦の物語。劇作家はケネス・プラナー皮肉屋のイギリス人役。子どもがほしくてほしくてたまらない奥さん役はロビン・ライト・ベン。この奥さんがとても魅力的。ショーン・ベンの奥さんとか。原題は「How to kill your neighbour’s dog」「隣の犬を殺す方法」これを訳すのはむずかしかったので、「舞台より楽しい生活」としたのですね。でも映画の中では夜中に吠えて主人公の不眠症の原因となっている隣の家の犬は殺されてしまうのです。もちろん殺したのは劇作家ではありません。クスリと笑ってしまう場面はあるのですが、アメリカ人とBettyさんとJAMESとは笑いのセンスが違うので、楽しむというところまではいきませんでした。事件らしい事件が起きなくても映画になるのですね。劇作家ものすごいヘビースモーカー。こういう人たちをチエーンスモーカーというらしい。隣に引っ越してきた女の子がとても可愛かった。二人の暮らす家や部屋がとにかく素敵。もっとじっくり見たいくらいだった。映画を見終わってもBettyさんは何も言わなかった。ということはおもしろくなかったのだ。
だから評価は★★

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ


たぬき座上映記録 №104「ザ・シューター」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2007年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
ザ シューター
1600m離れた所から、的を射抜くことができる超人的な能力をもった狙撃手が主人公。その彼を罠に陥れて大統領暗殺未遂犯人に仕立ててしまう。彼は周りの人すべてを敵に廻して戦うことになる。彼は冷静にそしてクレバーに戦う。主人公は演じるマーク・ウォールバーグは笑わないし、渋くて落ち着いていて好感が持てる。最後に敵を完全にやっつけておしまい。なぜ彼を大統領暗殺未遂犯人にしててようとしたかが、あまりはっきわからないのが、欠点だが、娯楽作品としてはよくできている、最後まで、しっかりと我々を引っ張っていた。Bettyさんもおもしろかったと言っていました。
評価★★★★



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

「るる」が咲きました

DSC00007.jpg

現代バラ(モダン・ ローズ)の一種の「るる」が今咲いています。咲いているのは一輪だけです。これがたくさん花をつけるようになれば、それは美しいものでしょう。楽しみです。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログへ

3連敗

今日は午後からBettyさんと二人でテニスに出かけた。結果は 0-6 2-6 2-6という結果で3連敗。後の2試合はBettyさんと組んだ。Bettyさんはなかなか調子がよかったが、JAMESがミスを重ねていたので、どうしようもなかった。相手も勝てるような相手ではないくらい上手なので、2ゲーム取れたからいいとしよう。夜母の年賀状を印刷した。もう年賀状を印刷する時期となったのだ。ということはお正月が近い。お正月にはみんなが顔をそろえるので楽しみだ。昨日息子のGeorgeと電話で話していたら、孫のThomasが代わって電話に出て、「お正月には会えるね」といったら、「お正月にはお年玉だね」と催促されてしまった。子どもはあっという間に成長していく。人間ってすごい動物だなと思う。生後5年でもう日本語はペラペラだ。16日には彼の七五三のお祝いがあるので東京に出かける。みんなに会えるのでとても楽しみだ。7月に生まれたAnneがどんな風に成長したかも楽しみだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

悪戦苦闘はまだまだ続く。

今日仕事から返ってきて、ブログを見てびっくり。写真が全部削除されていたのです。文章しか移動できないと言われていたのですが、今朝の段階では写真も全部移っていたのに。そこで残された写真のアドレスをみると「ココログ」の文字がありました。ココログで写真を削除したので、アドレスだけが残り、写真はきれいさっぱりと消えてしまったのです。写真まで移せたと思ったのははかなく消えてしまったというわけです。ファイルの残っている写真はまた、掲示しましたが、もうすでにファイルから削除してしまった写真もあるので、全部は復元できません。でも昔の文章は残っているので、それで我慢しようと思っています。思いがけないことになってまたびっくりしました。

悪戦苦闘その2

昨日一応は引越しできたことはできたのだが、トップページに変な空白ができてしまい、それを直すのにものすごく時間がかかってしまった。でも原因がわかり解決することができた。それはテンプレートの形式と元のブログから持ってきた記事、特に写真のサイズがあわなかったことが原因でした。そこで、ワイド版というテンプレートに変えたところ、無事正常に戻りました。大人のおもちゃとしてパソコンはおもしろい。マニュアル本に出てくる言葉を少しは理解できるようになった。今のところ訪問者3人。まあ最初はこんなところでしょう。昔の記事に「JACK」という名前が出てきますが、それはJAMESの旧姓(?)です。JAMESと読み替えてください。マニュアル本にはこう書いてある。「FC2ブログは難しい知識がなくても誰でも簡単に見栄えのするWebサイトを作成することができるのが特徴です。」と。でもココログと比較すると初心者はココログの方が使いやすかった。でもそれだけにできることは当然だが限られてくる。何よりFC2はどんなサービスを使用しても無料なのが大変うれしい。これから自分なりのブログに挑戦していきたい。とりあえずの難問を解決できたので、とてもうれしい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

悪戦苦闘

今日は一日かかってブログの引越しをやりました。前のブログをそのまま引っ越すのは難しいと思い込んでいたのですが、マニュアル本の一番最後のページに「ブログのデータを他のブログから移す」という項があり、それを見てやったら、なんと写真なで移ってしまったのです。本には移動できるのは、文字だけです。と書いてあったのですが。うれしい誤算です。なので前に書いた文章が全部残ることになり、うれしい限りです。でも前のブログとは仕様が違うので写真のサイズがちぐはぐで気になるところです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

たぬき座上映記録 №103「パフューム」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2007年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
「パフューム」 
パフューム18世紀パリは悪臭と活気に満ちていた。」というナレーションで映画は始まる。落ち着いた色調の画面が、18世紀らしい雰囲気を醸し出すのに、効果をあげていた。映画で一番表現しにくいものそれは「匂い、臭い、香り」だろう。でもパリで一番悪臭を放っていたという魚市場のシーンでは魚嫌いで、臭いに人一倍敏感なJAMESは思わず、臭いを感じたように思ったから、監督の腕はたいしたものである。匂いに敏感な鼻を持った青年が、究極の香水をつくるために若い女性の体から立ち上がる匂いを集めることに成功する。そのためには手段を選ばなかった。匂いを集めるところまではとてもリアルな表現であのに、その匂いを嗅いだ者が、その影響を受けるというあたりは、突然に現実離れというか、メルヘンのようになってしまった。
ここは評価の分かれるところだろう。匂いを映像化しようと試みた人は偉い人だ。
評価 ★★★


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

引越しました。

10月までは「ココログ」で「JACKのひとりごと」というブログを書いていましたが、FC2ブログの方が、すべて無料で、使い勝手もよさそうなので、引っ越す決心をしました。以前書いていたものは近日中に削除します。少しもったいない気もするのですが、取るに足らない日記ですから、そう惜しくもありません。全部の記事を引っ越す方法もあるのらしいのですが、JAMESのパソコン力では、到底無理のようだし、試行錯誤でやっていると時間ばかりかかってしまうので、前の記事の引越しはあきらめました。今日からまた新たな第一歩を踏み出すことにしました。今日はようや「JAMESも言いたい放題」を立ち上げることができました。前のブログを立ち上げるとき、もうすこしよく調べればよかったのだなと思っています。ブログの機能なんてみんな同じようなものだろうと思っていたのが、間違いでした。それにFC2はみんな無料だなんてびっくりしますよね。これからどんどん書くぞ。「FC2ブログ 徹底攻略術」なるマニュアル本も手に入れたので、それを読みながら、頑張るぞ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブルーの八重のペチュニア

DSC00023.jpg今頃になってブルーの八重のペチュニアが大変きれいに咲いています。全体の形もこんもりとして、いい感じに咲いています。サカタのタネでは「ダブルカスケード ブルー」と呼んでいますが、どちらかというと紫に近い色だと思います。何の花かと思うほど、立派に咲いています。切り戻しがうまくいったのですね。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

策士、策に溺れたり。

大連立をどちらから持ちかけたのかというのがかなり問題になっている。福田総理大臣が口を濁しているところみると、どうも小沢代表が持ちかけたと読む方が正しそうだ。そのあと辞任騒ぎ。慰留されてはいるが、子供じゃあるまいし、どの面を下げてまた代表に納まるつもりだろうか。常識的には復帰はありえないはずだ。離婚騒動だってあんなにはっきり「前途は暗い、能力はないし」と言われて、復縁はあり得ないだろう。それなのに「戻ってほしい」と言わざるを得ない民主党幹部はつらい立場ですね。この頃民主党の鳩山幹事長はしっかりしてきなと思ってみている。代表をやっていたときより、記者会見の応答の様子が頼もしくみえる。でもこの代表辞任騒動で、民主党の票がどのくらい逃げてだろうか。損失は計り知れないものがあるだろう。参議院選挙での勝利を武器に有利に国会に臨んでいたはずが、一挙に立場が逆転してしまった。この責任ははっきりしている、小沢代表にある。そういう意味では辞任に値する行動だったのだ。じっくり待っていれば、よかったものを。民主党は千載一遇のチャンスを逃したのだ。今度の選挙での勝利の芽はなくなったとJACKは思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

紅葉狩りに行ってきました。

11月4日(日曜日)Benjamin Alfredと奥さん Mr&MrsSmithとJACKとBettyさんの7人で紅葉狩りに行ってきました。コースは山犬段ー蕎麦粒山ー三つ合山ー DSC00001_20071118135722.jpg DSC00002_20071118135737.jpg

遠くに雪をかぶった富士山を眺めることができました。

落ちたばかりの色鮮やかな落ち葉の絨毯を踏みしめながら歩きました。

蕎麦粒山林道からも紅葉がきれいに見えました。お天気もよく風もなく、最高の紅葉狩りとなりました。川根温泉で汗を流し、夜は居酒屋さんで軽く一杯飲みました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

少し欠けている人生。

昨夜昔の仕事仲間の飲み会があった。そこで3年ほど先輩に当たる方とJACKとししては珍しくお話をした。その先輩がJACKが週に2日ほどパートタイマーで働きにでていることを知って、「いいですね。私は家に居て、時に何にもすることがなく、どうして暇をつぶそうかと思うときがありますよ。週2日でもネクタイを締めて、出かけるところがあるなんていいですね。」とお話をされました。JACKはやりたいことが、山ほどあり、時間がなくてできないことがばかりなので、来年はこのパートタイマーの仕事は辞める決心をしたところです。ガーデニングで花を育てていると、季節が巡るごとに仕事がたくさんあります。お天気がいいとテニスにも行きたい、庭仕事はあるわで迷うこともしばしばです。このごろはブログを始めたので、この更新も毎日あります。ブログを始めたのもよかったなと思っています。毎日平均して50アクセスがあり、時にはコメントもいただくので、うれしいです。毎日忙しく、暇を持て余すことはまったくないのは、JACKにとってはうれしいことです。これでお金がもう少しあるともっといいのですがね。でも誰かの言葉に「少し欠けているくらいの人生が幸せだ」とありましたから、これでいいのかな。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

4連勝

珍しく4連勝。4-2 4-2 4-2 4-2という結果でした。テニスをやるのが10日ぶりくらいだったので、どうなるか心配でしたが、今日は調子がよかった。サービスライン当りからスマッシュを初めて打つことができた。あとショートクロスにボールをだして、返ってくるところをスマッシュやボレーで決めることができた。ミスも少なく、今日はよかった。少しは上手になってきたかなと思った。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

福田総理大臣大連立を提案

福田総理大臣が大連立を提案。先ず小選挙区では大連立は成立しない。福田総理大臣が就任以来、「話し合いで、話し合いで」と言っていたのは、大連立がもう頭にあったのだろうか。小泉前総理大臣は小選挙区での戦い方を熟知していましたね。「刺客」なる候補を擁立して衆議院選挙で大勝利。地縁のない候補でも勝てることを事実として示しましたね。福田さんは「大連立」を提案したりするところを見ていると、古い形の政治家であることがはっきりしましたね。これは民主党を混乱させようという作戦なのだろうか。小沢さんが即座に断らず、党に持ち帰ってから返事をしたことに、民主党内では不満があるらしい。今までの自民党と組んで連立をした党はみんなジリ貧になったことを民主党のみなさんはしっかりと思い出したほうがいいでしょう。同じ保守党でも政策に大きな隔たりがあり、さらに小選挙区制なのだから、大連立なんかできるはずがないのに、提案した真意はなんなのだろうか。とにかくどんな方策を講じても、参議院での逆転を覆すことはできないのだから、参議院で否決された法案は再び衆議院で3分の2以上の賛成を得て成立させるしか方法はないと思うので、福田総理大臣は腹をくくるべきでしょう。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

たぬき座上映記録潤・P01「ブラック ブック」

ブラック ブック 舞台はナチス・ドイツ占領下のオランダ。主人公はユダヤ人の美貌の歌手。第二次大戦後のイスラエルのキブツに主人公が移住したところから回想する形で映画は進行する。そのおかげで映画の途中でどのような苦難に主人公が遭遇しても、生き残るのだと思って見ることができるので、かなり安心して見ていられる。ユダヤ人をナチス・ドイツに売るオランダ人がいるかと思えばナチス・ドイツと戦うオランダ人のレジスタンスもいる。主人公のユダヤ人はそれらのオランダ人たちに振り回されて、つらい体験をする。なぜそんな体験をしなければならないかと言えば、それは彼女がユダヤ人だからだ。オランダのレジスタンスのスパイとして、ナチス・ドイツの幹部に接近して情報を得るために、文字通り体を張って活動する。ところがナチス側のスパイがレジスタンスの中にもいて、レジスタンスの活動はナチス側に筒抜けになる。そんな中で、戦後彼女の命を救ったのは、オランダ人の公証人(彼はユダヤ人をナチスに売っていた)が持っていた手帳、それが「ブラック ブック」。娯楽作品としては誰がスパイなのかが、最後の最後にならないとわからないので、うまくできていると思う。でもそれでいいのか。「シンドラーのリスト」のように厳しくナチスドイツを裁いてはいないし、ユダヤ人を売ったオランダ人も責めていないし、戦争も責めていないし、こんな能天気な戦争映画でよいのか。ピストルや機関銃を撃つ音が乾いていて、タンタンという感じに聞こえる。ハリウッド映画のような重低音で響くようなことはない。この音が本物に近いのかもしれないが、なにか物足りない感じがした。主演の女優さんはとても美人評価 ★★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

| TOP |

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム