本を購入しました。

右手が痛いのが大分薄らいできました。ようやく枇杷の葉の温圧療法が効いてきたのかな。娘のAliceが先日帰省したとき、JAMESの様子を見て。「神経痛かもしれないわよ」と言いました。そして神経内科で診療を受けるといいとアドバイスをしてくれました。でも今はもうそんなに痛くなくなってきているので、しばらく様子を見ることにしました。2、3日前ものすごく痛い日があり、これはどうしたものかと考えたとき、そうだ「本を読んでいれば痛みを忘れることができるだろう。本を買おう」と思い立ちました。読みたい本は以前からリストアップしてあったので、それをアマゾンに注文しました。
本
そして本が届きました。皮肉なことに本が届いたときには肩の痛みは薄らいできていたのですが、本が入ったダンボールを開けるときは、少しドキドキしました。
「夏から夏へ」
著者は「一瞬の風になれ」の佐藤多佳子。北京オリンピック陸上競技のリレーで銅メルを獲得したチームのドキュント。
「ストロベリー ナイト」
著者は誉田哲也(これで ほんだてつや)と読む。彼の書いた青春もの「武士道 シックスティーン」がとてもおもしろかったので、買ってしまいました。彼は推理物の方が専門だったようです。これから読み始めました。
「小説 フランス革命」 
著者は佐藤賢一 彼が書いた「王妃の離婚」はおもしろかった。昔からこういう歴史小説は大好きだったのです。
「日本語が滅びるとき」
著者は「水村美苗」。彼女が書いた「本格小説」を読んだことがある。恋愛小説で外国のものの翻訳かと感じるような物語であった。今回のこの本は評論のようで、今話題になっているようだ。
「七つの自転車の旅」
帯には「自転車文学の香り高い紀行文集」とある。友達とツーリングをした東北や北陸、来年の春計画しているしまなみ海道の紀行文を読んでみたいと思い購入しました。
あと「阿久悠の詩集」と「シンプル鍋100」という料理の本を買いました。冬は鍋の季節ですね。だから今度は鍋を作ってみようと思ったのです。
「14歳からの社会学」 
著者宮台真司 彼は過激な発言をすることで有名な人ですから、そういう人が若い人にどのようなアドバイスをしているのか興味があります。
全部読むにはちょっと時間がかかりそうですが、楽しみです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

野菜スープを作る

トマトの湯むき
この写真は湯むきをしたトマトです。野菜スープを作りました。もう3回目くらいになるのでレシピを見ないで作れるようになりました。いつもは具がたくさんになりすぎるので、ジャガイモを1個にしました。あとはタマネギとキャベツです。ジャガイモ、タマネギ。キャベツを1センチ角くらいに切り、バターで軽く炒めます。それに水3カップと固形の野菜ブイヨンを1個半分入れて弱火で野菜が柔らかくなるまで煮ます。最後は湯むきをしたトマトを入れて沸騰させるとでき上がりです。トマトの酸味が利いているところがこのスープの特徴です。30分もあればできるようになりました。
野菜スープ
モーツアルトを聞きながらおいしくいただきました。この野菜スープの作り方はマスターできたかな。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

メタセコイアの紅葉

運動公園のメタセコイアが完全に紅葉しました。カラマツのようです。
メタセコイア1

メタセコイア2

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

市民野球場のモミジが京都のモミジのようです。

市民野球場のモミジが京都のモミジのように鮮やかな色で紅葉しています。今日は木枯らしが強く吹きましたから、どんどん散ってしまうことでしょう。
野球場のモミジ1

野球場のモミジ2


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMESのうちの紅葉

JAMESのうちのモミジがしっかりと紅葉しました。
DSC00007_20081128170620.jpg
これは池に被さるようにして生えているモミジです。
モミジ2
居間からも見ることができるところにあります。今年は鮮やかに紅葉しました。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №123 「再会の街で」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2008年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
再会の街で
9・11のあの同時多発テロで妻と子ども2人を亡くしたチャーリー(アダム・サンドラー)の悲しみを癒すために奔走する大学時代のルームメイト アラン(ドン・チードル)との友情の物語。チャーリーは悲しみのあまり、自分の世界に閉じこもってしまう。耳はヘッドホーンで塞いで昔の音楽を聞いている。アランがいろいろと世話を焼くが簡単には心を開くことはない。悲しみを誰にもぶつけず、ただひたすら自分の中に中にとじこもっていくチャーリー。悲しみの中で絶望的になっていく姿が浮き彫りにされていく。その悲しみをわかってやることも、癒してやることもできないのだ。こんなに悲しみという感情を掘り下げて描いた映画も珍しいと思う。安直な結論は用意されていない。チャーリーの話を聞く精神科医リヴ・タイラーの共感的態度が印象的であった。今日もインドでテロがあり日本人が犠牲になった。また悲しみに沈む人たちが作られていく。残念なことだ。
評価 ★★★★★


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMESの家のシンボルツリー 公孫樹

JAMESの家には大きな公孫樹の木が一本ある。今紅葉してとてもきれいだ。この公孫樹の木は物語を持ってここに立っている。公孫樹1

公孫樹2
Bettyさんは四人姉妹の上から3番目、三女である。四人姉妹と言えば「若草物語」が思い出される。若草物語でも確か一人病気で亡くなっていたが、Bettyさんが小学校3年生の頃一番上のお姉さんが病気で亡くなった。お母さんが痛く悲しんでなかなか立ち直ることができなかった。それはそうだと思う。親にとって子を失うほどの悲劇はないと思うからだ。その悲しみに沈んでいたお母さんの姿を見て、菩提寺の住職の奥さんが、お寺の境内にあった銀杏の実を「これを子どもと思って育ててみてはどうですか」と渡してくださったそうです。その銀杏から公孫樹の木が育ち、その一本が今のこの公孫樹なのです。銀杏の実を育てたBettyさんのお母さんはもうすでにこの世にはいないが、お母さんの思いを受けた公孫樹はこうして大きく育っている。この話をBettyさんから聞いたのは、つい最近のことである。なので今年は特別な思いでこの公孫樹の木を眺めている。冬の陽を受けて公孫樹の葉が金色に輝きながら風に舞っている。これもまた美しいものです。


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

サザンカの季節となりました。

サザンカの季節となりました。今きれいに咲いています。
サザンカ2

サザンカ3

サザンカ4

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

Scarlett Anneのカーディガンを編む

昨日Thomasのカーディガンを完成させたScarlettが一日で彼の妹のAnneのカーディガンを編み終えました。
ピンクのカーディガン
たった一日で編み上げてしまう根性にはただただ頭が下がる思いです。Anneはどちらかというと色白なので、このピンクは良く似合うのではないかと思います。お正月に来たときどんな顔をするのかとても楽しみです。少しはお話できるかな。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

ラナンキュラスの芽だしに挑戦

今年初めてラナンキュラスを植えました。以前のラナンキュラスと違いまるでバラの花のような美しさでした。
ラナンキュラス2
これは今年の春咲いたラナンキュラスです。来年の春にはたくさんのラナンキュラスを咲かせようと球根をしこたま買いました。
「サカタのタネ」から発行されている小冊子「園芸通信 7月号」にランンキュラスの特集があり、栽培方法が詳しく掲載されていました。今年はその方法に従って今やっています。
「プロが教える栽培テクニック」
ポイント1 地温が下がってから球根を植えつける。
       と書いてあったので、11月の下旬まで植え付けを待っていま
       した。
ポイント2 芽出しをする
パーライト
浅い箱にパーライトを入れ、表面を軽く湿らせました。そこに球根をのせて湿らせたキッチンペーパーをかぶせて冷暗所におきました。
ラナンキュラスの芽だし1
キッチンペーパーをかける前の球根です。
ラナンキュラスの芽だし2
キッチンペーパーの上から霧吹きで霧を吹きかけました。
ラナンキュラスの芽だし3
そして今日球根を見たら、1日でこんなに大きくふくらんでいました。水を含むと3倍にふくれるそうです。芽が出たら鉢に植えます。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

Scarlett ひ孫のガーディガンを編む

太郎のカーディガン
2,3日前からScarlettが編んでいたThomasのカーディガンが完成しました。なかなかしゃれたカーディガンができたと思います。我々が雨ケ岳に登ってた日も一日編んでいたようです。通信販売で毛糸を購入し、本を見ながらデザインを考え、紙で型紙を作りながら編んだようです。1914年生まれですから今年で94歳になりました。Scarlettのように歳をとりたいものだと思いますが、難しいことですね。年末に帰省したThomasがこのカーディガンを着て家の中を走りまわる様子を想像すると楽しくなります。将棋を覚えたというので、対戦するのが楽しみです。妹のAnneは少しはお話ができるようになったのでしょうか。彼女に会うのもとても楽しみです。早く来い来いお正月という気分です。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

雨ケ岳に登る。

雨ケ岳
11月22日
静岡県と山梨県との県境にある雨ケ岳にいつもの仲間と登りました。この日は珍しくBettyさんも参加しました。Bettyさんも昔はこの仲間と一緒に登っていましたから、みんなとは旧知の仲です。
この日は写真のように雲ひとつない好天の恵まれました。朝5時迎えにきていただき、まだ暗いうちに出発。富士川サービスエリアで朝食。連休の初日とあって団体のバスや自家用車で駐車場はいっぱい。駐車スペースをさがすのに苦労するほどでした。ここで我々はお蕎麦とすきやき丼セットをたべました。今回はみんなの都合がよかったらしく総勢12名の参加となりました。これだけ参加者が多いことは久しぶりです。駐車場から見た雨ケ岳です。紅葉はもう終わってしまい、山は冬の景色でした。落ち葉を踏んで歩きました。
富士山2
こんな富士山を登るときは背にして、下るときは真正面に見ながら歩きました。これだけ大きな富士山を見ることができたのはラッキーでした。端足峠まで登ると真っ白に雪をかぶった八ヶ岳と南アルプスを眺めることができました。丁度その当りでデジカメの電池が切れてしまい、それらの写真を撮ることができなくなり、残念でした。Bettyさんは久しぶりの登山でしたが、ゆっくりゆっくりと列の最後を歩き、なんとか登りきることができました。頂上では先に着いたみんなが拍手で迎えてくれました。リーダーの一人Williamは我々の後ろを歩いて、一日中エスコートしてくれました。ありがたいことです。時間的にもゆとりがあり、あまり寒くもなく、初冬の山歩きを堪能することができました。夜はいつものように居酒屋で反省会。とても楽しいひとときを過ごすことができました。おもしろい話と言えば、今回は「塩」の話ですね。頂上で一休みしたら、Bettyさんが「足がつりそうだ」と言い出しました。ストレッチをさせ、「塩を舐めますか」というと、舐めるというので、JAMESはいろいろな薬を入れてある袋の中から小さな紙袋を取り出しました。「これは特別な塩ですよ」と言って袋を見せたら、みんなが大笑いをし、話が盛り上がりました。その塩がお葬式の返礼についてくる清めの塩だったからです。話も盛り上がり、Bettyさんの足も回復したのでよかった、よかったというところですね。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

JAMES ムスカリのタワー仕立てに挑戦

JAMESがムスカリのタワー仕立てに挑戦しました。「サカタのタネ」が発行している「園芸通信」で数年前に紹介されていた方法です。今までに2度作ったことがりますが、昨年はつくりませんでした。それはBettyさんが「このムスカリのタワー仕立てはあまり好きではないわ」と発言したので、遠慮してつくりませんでした。また問題点の一つはムスカリの球根を300程使うので、庭中がムスカリだらけになってしまうことです。でも咲いたときはなかなか見事なので、今年は作ることにしました。
ムスカリ 1
材料は金網とムスカリの球根です。
ムスカリ2
金網で円錐を「つくります。写真ではできた円錐を逆さに立ててあります。金網の小さな穴に球根の芽をさし、その周りを水苔を詰めます。順に球根の数を増やしていきます。中心には培養土を詰めます。最後は土がこぼれないように水苔をつめます。そしてひっくり返します。
ムスカリ タワー仕立て
写真のようなムスカリの球根が詰まった円錐形の塔ができます。4月になると金網の一つ一の目からムスカリが顔を出し、それに花が咲くのです。Bettyさんに「今年のタワーは形がきれいにできましたね。」とお褒めの言葉をいただきました。300個球根が必要なところ250個しか用意できなくて、少し低いタワーになってしまいました。ここ数日寝ながらこのタワーをうまく作る方法はないものかと考えていたのですが、円柱形の傘立てに金網の円錐をひっくり返して差し込んで作業する方法を思いつき、それで形の整ったタワーをつくることができたのです。早く花よ咲け咲けという気分です。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

冬越しの準備です。

霜よけをしたサンパチエンス
地に下ろしたサンパチェンスを切り詰めました。そして日光は通すという幕をかぶせました。この状態で冬を越させようという試みです。初めて挑戦します。うまくいくといいのですがね。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №122 「ウェイトレス おいしい人生の作り方」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2008年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
ウエイトレス
主人公は田舎町の小さな食堂でパイを焼きながら働くウェイトレスの女性。彼女はパイを焼くのが大好き。いつも新しいお菓子の作り方を考えている。でも意地悪な亭主との結婚生活からどうにかして逃げ出したいと思っている。そんなとき彼女が妊娠する。別れたいと思っているくらいだから、子どもが生まれてくることを彼女はあまりうれしいとは思っていない。ウェイトレス仲間の友情も描かれていて楽しい。そして子どもが産まれる。その瞬間の彼女の表情が一番うつくしい。ダメ亭主にははっきりと引導を渡し、不倫相手にも別れをつげる。その決断には拍手を送りたくなる。男に頼ることなくパイを焼くことで身を立てようと決心したのだ。これは女性の自立のお話だったのです。佳作です。出てくるパイがみんなとてもおいいしそうでした。食べてみたいなと思うほどでした。色もとてもきれいでした。
評価★★★

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES ボジョレー ヌーヴォーを飲む。

今日は11月の第三木曜日 ボジョレー ヌーヴォーの解禁日。あまり流行りにのらないJAMESですが、ここ数年はヴィノスやまざき(本店が静岡市にあるワイン専門店)  ヴィノス やまざきに予約をして、この日にボジョレー ヌーヴォーが着くようにしています。そして今日昼過ぎ到着しました。
ボジョレー ヌーヴォー
今年は次の4種類を買ってみました。
①シャテルス・ ボジョレー ヌーヴォー2008
 生産者の話 「今年は特に栽培が難しい。常に一人畑に立ち、いつも以上にぶどうと会話しながら何をすればよいのかを考えて作業したよ」
②ペールギヨ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2008
 生産者の話「今年は恵まれた年でななかった。でも僕は適切なときに適切な手入れをしたから低収量でも上質なぶどうができたのさ」
③ラ・グラーヴ・ヌーヴォー2008
 生産者の話「この地方では雨が少なかったので、乾燥しきった畑では例年1~2回行う掘り返し作業をなんと6回も実施したんだよ」
④ロスピタレ・ヌーボー2008
生産者の話「いつも以上にぶどう畑での水分調節が大切な年で、多くの時間を畑で費やした。そのおかげで、小粒ながらも実の締まった綺麗なぶどうができた」
の4種類です。生産者の話はヴィノスやまざきのパンプレットからの引用です。今日は①のシャテルス・ボジョレー・ヌーヴォーを飲みました。ワインに合うようにメインには煮込みハンバーグをBettyさんが作ってくれました。先ずは透明で鮮やかな色に感動し、さらに上品で爽やかな飲み口にまたまた感動でした。Bettyさんにも好評でした。二人で限界まで飲んでしまいました。といってもボトル半分を二人で飲んだだけです。可愛いものですね。他のワインの味が楽しみです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

料理に挑戦 昼食をつくる。

サラダ
11月19日(水曜日)
水曜日はいつもなら二人でテニスに行く日ですが、JAMESが右腕が痛いのでBettyさんが一人で行くことになりました。そこでJAMESがお昼ご飯をつくることにしました。JAMESの家ではお昼はパンを食べると決めています。パンに合うように「野菜スープ」と「大根とカイワレとツナの辛子マヨネーズザラダ」を作ることにしました。
両方と前に作ったことがりますから、少し自信を持ってつくることができます。野菜スープはジャガイモ2個とタマネギ1個、キャッベツ2枚を1センチ角に切り、バターで炒めたのち水を3カップ加えて、固形ブイヨンを入れて一度沸騰させてから、弱火で野菜がみんな煮えるまで加熱しました。みんな煮えたら塩と胡椒で味付けをし、最後にトマトを入れて出来上がりです。
サラダは大根を千切りにして、塩をかけてしんなりさせます。水につけてから布巾につつんで絞り、水を切りました。マヨネーズにマスタードを入れて辛子マヨネーズを作り、それにツナ、カイワレ大根、大根を入れて和えればできあがりです。写真が出来上がったサラダです。周りに飾ったトマトはJAMESが考えたものです。トマトがなかったので、料理を始める前にスーパーに買いに行きました。ついでに食パンも買いました。パン屋さんの店頭にはおいしそうなシュークリームがありました。デザートはこれだと、これまで買ってしまいました。買い物の財布には思いの外大金が入っていたので、気が大きくなって買ってしまったのです。
テニスから帰ってきたBettyさんはシュークリームを見てニコニコしていました。彼女はけっこうな食いしん坊なのです。今日は外は木枯らしが吹き、冬到来という日でしたが、暖かな食堂で熱い熱いスープを飲み、デザートにはシュークリームとコーヒーというちょっと贅沢な午後を過ごしました。食堂に流れていたのはモーツアルトの「クラリネット協奏曲」です。料理は二つとも好評でよかったな。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

JAMES 枇杷風呂に入る。

枇杷風呂
JAMESは風呂好きである。といっても日帰り温泉に山の仲間と行ったとき一番最初に上がるのはJAMESである。好きだけれど長風呂ではない。お風呂場を改造するとき、テレビやステレオを備え付ければ、もう少し長く入るようになるかなと考えたこともあったが、いろんな理由で実現しなかった。でもJAMESは風呂好きである。夕方食事前に必ず入る。一日の生活の中で、あまりこだわっている習慣はないが、これだけは欠かせない習慣となっている。今日のお風呂はワイン風呂のような色をしているが、これが枇杷の葉のお風呂である。中央にある袋の中に枇杷の葉が数枚入っている。沸いたお風呂の中に漬けておくとこのような色の枇杷の葉風呂の出来上がりである。JAMESはあまり好きではないが、BettyさんがJAMESの背中に湿疹のようなものができているのを見つけ、このお風呂にしたのです。湿疹や蕁麻疹にはものすごく効果のあるお風呂なのです。JAMESの子どもたちもこのお風呂の恩恵を何回か受けて大きくなりました。「信じる者は救われる」ですから効くことを信じて、今日はいつもより長く浸かっていました。枇杷の葉には様々なものに効く物質が含まれているのがそうです。右の腕は大分良くなりました。枇杷の葉温圧のおかげです。痛みを忘れている時間が長くなりました。来週にはテニスができるかな。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

たぬき座上映記録 №121 「NEXT」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2008年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
next
DVDのついてくる予告編を見てレンタルしてきました。主演もニコラス・ケイジだし、そうはずれることもないだろうと思ったのですが、感想も書きたくないと思うほどの駄作でした。「2分前を予測できる」という超能力を持った男がニコラス・ケイジ。先ずこの設定に無理があったのかな。嘘は上手につかないとまったくおもしろくないということですね。この映画を製作した人たちは出来映えをどう思っているのでしょうね。
時間と金返せと大声で言いたいほどの映画でした。レンタル料は新作なので350円もしたのですよ。
評価 ▼▼▼(新しく決めた評価です。★の反対で多いほどおもしろくない映画という意味でこれから使っていきます)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

料理に挑戦 「サケのムニエルと炒り豆腐」

11月17日(月曜日)
今日はBettyさんが子どもたちにピアノを教える日です。レッスンが終わるのが午後5時30分を過ぎるので、JAMESが夕飯の支度をすることにした。メニューは相談をして、「炒り豆腐とサケのムニエル」にしました。先ず買い物に出かけました。
料理 買い物
木綿豆腐、しめじ、エノキダケ、サケ、長ネギ、キクラゲを買ってきました。最初に初めて作る「炒り豆腐」から作り始めました。
①鍋に湯を沸騰させ、木綿豆腐を手でつぶしながら入れました。熱湯が飛んできて、あやうく火傷をするところでした。再び沸騰して豆腐が浮き上がってきたら、ざるにあげて水分を切りました。こうすることにより豆腐に含まれている水分を取り除き、新たにだしや調味料が沁み込みやすくするためだそうです。
②ニンジンは薄切りのイチョウ切り、長ネギは小口切りに、キクラゲは水に浸して戻し、細かく切りました。レシピには煮干しは8匹と書いてあったのですが、Bettyさんに相談すると、「うちの煮干しは小さいからこれくらい入れても大丈夫よ」と一掴みだしてくれました。確かに小さいのですが、20匹はあったでしょうか。初心者であるJAMESはレシピ通りに正確に、正確にと思うのですが、Bettyさんの大雑把なやり方でも料理はできるのだと思うと、すごく安心します。煮干しの頭とはらわたを取りました。
料理 煮干
こういう作業は非常に苦手です。JAMESは生臭い匂いが大嫌いなのです。嫌だからやらないというわけにもいかないので、しぶしぶやりました。すぐに終わりましたが、予想した通り手には生臭い匂いが残りました。
③鍋にゴマ油、ニンジン、長ネギを入れ、中火で炒めました。ネギの香りが出てきたら豆腐と煮干しを加え、材料がひたひたになる程度に水を加えました。そして砂糖、醤油、味醂、塩を加えました。沸騰したら中火にして、蓋をして7分間煮ました。時間はキッチンタイマーで計りました。最後は蓋をとって煮詰めれば出来上がりです。
炒り豆腐

④器に盛って、ギンナンを散らしました。このギンナンは山犬段の帰りに買ってきたものです。

サケのムニエル
は3回目なのでレシピを見なくてもなんとか作ることができました。ただ今回は生サケを使ったので、かなり塩を振ったのですが、味がうすくなってしまいました。あとつけ合わせのシメジとエノキダケをけちったので、もう少しあった方がよかったかなと思いました。つけあわせの上にのっているレモンがJAMESのうちの木になったものです。もう少し厚く切ったほうがレモンの汁がでますねとBettyさんにアドバイスされました。JAMESのきり方は紅茶用の切り方でした。覚えることはたくさんあるものです。
炒り豆腐とサケのムニエル
両方とも好評でした。JAMESが「まあ及第点ですかね」といったら、Bettyさんは「いやいや100点満点ですよ」と褒めてくれました。褒められると木にも登ってしまうJAMESですから、また作るぞという強い意欲が湧いてきました。今回Bettyさんが素直に褒めてくれたのは息子や娘の助言があったからだと思います。ブログを読んであまり褒めないBettyさんの様子を知り、電話で二人が口を揃えて「お母さん ほめなきゃだめでしょう」とBettyにアドバイスしたのが効いたのだと思います。理由はどうであれ褒められればうれしいものです。料理づくりはおもしろい。「炒り豆腐」は温かいご飯にのせて食べてもおいしいとレシピに書いてあったので、今度はそうしてみようかと思っています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

Bettyさん大当たり。

今日は地区の公民館で「公民館まつり」がありました。Bettyさんは大忙しでした。朝の開会式では街の歌を歌うときの指揮者をやりました。彼女は心得があるので得意な分野です。それが終わると飛んで家に帰ってきて、着替えをして今度は「焼き鳥屋」に変身です。Bettyさんは売るほうではなく、作るというかできている焼き鳥を温めてるという裏方を頑張ったようです。そして「公民館まつり」の最後に行われるお楽しみ抽選会で2等を引き当て、商品券をいただいてきました。
商品券
近くのスーパーで使える商品券ですから、我が家にとって何よりのものです。この抽選会でBettyさんは数年前にも1等を引き当てたこともありました。くじ運が強いのかな。
さらに我が家にとってうれしいものもいただいてきました。この「公民館まつり」では不用品バザーが同時に開催されてました。そのバザーで買い手のつかなかったものに、何と「枇杷の葉温圧用のもぐさ棒」が二箱もあり、ごみとして処理されそうになったので、Bettyさんがもらい受けてきました。
ビワの葉音圧用百草
このところJAMESの腕にお灸をしたので、もぐさ棒が減ってきて、「注文しなくてはね」夕べ話したばかりだったのです。どんな人がこのもぐさ棒を購入し、そしてどうしてバザーに出品したのか、二人でいろいろと想像して楽しみました。お金にすると相当なものですから、二人でニコニコでした。箱をよく見たら11000円と書いてありました。2箱ですから2万円分ということですね。ありがたいことです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

モミジが紅葉しました。

モミジの紅葉
昨日、今朝の寒さでモミジが紅葉しました。食堂から見えるところにあるモミジなので、食事をしながら紅葉見物ができます。今年は色が悪いように感じます。天気がよくなれば色がもっと鮮やかになるかもしれません。
銀杏はまだ紅葉していません。JAMESのうちの銀杏の紅葉はいつも他より遅いのです。とても不思議です。
銀杏の紅葉


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

ビオラの苗が順調に育っています。

ビオラの苗が順調に育っています。今育苗棚がビオラの苗で一杯です。
ビオラの苗11つのケースには26個のポットが入っています。全部で700ポットが育っています。ウォールバスケットにはかなりのビオラの苗が必要ですが、それでも全部使うことありません。あとは鉢に植えて楽しむことになるでしょう。
ビオラの苗2
こんなに元気に育っています。毎朝のぞくのがとても楽しみです。子どもが笑顔を見せているようにいつも感じます。
ビオラの苗3
ついつい水をやりすぎてしまうので、やりすぎないように十分注意をして育てています。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

第2東名の工事が進んでいます。

第2東名
第2東名の工事が進んでいます。JAMESの家の近くでも道路らしくなった姿をはっきりと見せています。高い橋脚の上に道路が伸びています。確かに太い橋脚ですが本当に予想される東海地震に耐えることができるのでしょうか。工事関係者と話をする機会があったとき、「大丈夫ですか」と質問したところ、「神戸の自信の教訓を生かし、鉄筋の量を増やしています。橋脚の中は鉄筋だらけですよ。さらに衝撃でふくらまないように鉄筋を束ねる鉄筋がたくさん使われており、大丈夫です」という答えでした。でもJAMESは心配しています。この当りは地盤が弱く、想定外のことが起きる可能性だって無いとは言えないと思うからです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

静岡県は日本で一番豊かである。

JAMESが住んでいる静岡県が日本で一番豊かであるというコラムが朝日新聞の日曜版に掲載されました。人口379万人で北陸3県より多く、四国4県に迫る。浜松市中心の西部、静岡市中心の中部、富士川から伊豆半島のかけての東部が各1県相応の規模で、道州制を先取りしたような県だという。人口当たりの個人所得は148万円で全国第6位。関西圏をも上回っているという。その上平均消費者物価総合指数は40位。簡単に言うと物価は安く生活コストがかからないということらしい。これには少しびっくりですね。静岡人は値切るということをしないので、他の都市より物価が高いという話をJAMESはずっと信じてきましたからね。その上雨のあまり降らず、雪も少ないという自然現象に恵まれ、実質的には日本一豊かな県だろうと結ばれていた。だからと言ってそこに住むJAMESも豊かであるというわけにはいかないが、読んで少しうれしくなるような記事でした。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ツワブキの花が咲きました。

つわぶき
ツワブキの花が咲いています。大きな木の下の日陰で咲いています。ツワブキの若い茎を煮て「キャラブキ」として食べると聞いたことがります。ツワブキの葉は熱さましの漢方薬としても使われるようです。花が少なくなったときに咲くので貴重ですね。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

伊達選手 優勝おめでとう

伊達選手
伊達選手 全日本選手権優勝おめでとう。JAMESの娘のAliceも硬式テニスを小学生の頃からやっていた。そのAliceと伊達選手は同年代なので、密かに応援していた。昨日のスポーツニュースで決勝進出を知り、優勝できるといいなと思っていた。だからこんなにうれしいことはない。もう大昔になりますが、Aliceがインターハイに出場したとき、伊達選手も出場していて、JAMESは間近に彼女のハードヒッターぶりを見たことがある。準決勝で前年度優勝者で第1シードの中村選手を破ったことが大きかったと思う。世界1だったグラフを負かしたこともある選手だから、すごい選手であったのですが、現役に復帰してこんなに活躍できるなんて、今でもすごい選手なのです。テニスは経験が大きくものをいうスポーツなので、技術が同程度ならば伊達選手が有利となることが多いように思う。特に若い選手では名前からくる恐怖感があるにちがいない。なのでよっぽど精神的に強くないと自分のペースでプレーすることが難しいだろう。勝つことはどんなスポーツでも難しい。巨人でさえ、日本シリーズで優勝することができなかった。それを伊達選手は軽々と優勝してしまった。とにかくすごい選手だということですね。早く右腕を直してテニスをやりたいと思う。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

白い八重のペチュニアを部屋の中に飾りました。

白い八重のペチュニアが見事に咲いています。
白いペチュニア2
切り戻したときのピンチ(摘心)がとてもうまくいき、花芽もたくさん出ていますし、全体の姿も美しくできたと思います。鉢を部屋の中に入れることはあまりしないのですが、じっくりと花を観察したいと思い、部屋の中に飾りました。部屋の中に入れると、花も落ち着いた感じとなり、一層美しくなったように感じました。この部屋は日当りもいいので、花が次々と咲くのではないかと期待しています。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

秋を探しに行きました。

今日は買い物に出かけたついでに、秋を探して見ました。
運動公園の欅です。きれいに紅葉していました。
欅1

けやき2
数日前の寒さで紅葉したのでしょうか。でも枯葉になっているものもありました。
運動公園にある珍しいメタセコイアです。紅葉し落葉する大変珍しい針葉樹です。
メタセコイア1
これはまだ紅葉していません。
メタセコイア2
でもこんなにきれいに紅葉しているメタセコイアもありました。まるでカラマツのように見えました。
サルビア
運動公園の入り口ではサルビアがこんなにきれいに咲いていました。JAMESのうちのサルビアはぱっとせず、もう抜かれてしまいました。こんなに風に咲くといいなと思って植えたのですが、うまくはいきませんでした。
トウカエデ
市立病院近くの街路樹のトウカエデです。紅葉していたのは数本でした。
イチョウ並木2

イチョウ並木3
町の中で紅葉している木の代表と言えば銀杏ですね。秋に東京に行くと本当にあちこちで見かけますね。確か東京の木は銀杏でしたかね。今日は天気がよかったので、青い空をバックに黄色が鮮やかに見えました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ







ビワの葉温灸はよく効く。

今日の昼食後猛烈に右腕が痛くなった。朝から痛いことは痛かったのですが、昼食後腕を縦にしても横にしても痛くで身の置き所がないくらいになってしまった。原因はわかっている。腕を休めるように医者に言われてにも関わらず、昨日つるはしなど重いものを持って花壇の整備をやったからである。バラの苗が届き、それを植えるためにけっこう大きくて深い穴を掘りました。そのときは腕は痛くなかったので、楽しく作業しました。でもその影響が今日になって出たというわけです。あまりに痛いのでソファでじっとしていました。
そこへBettyさんが買い物から帰ってきたので、早速「ビワの葉温灸」を背中、腕、肩と小1時間やってもらいました。そうしたらどうでしょう。痛みが嘘のように薄らいだのです。これにはJAMESもびっくりしました。効果に驚いたJAMESは夜にもまた「ビワの葉温灸」をやってもらいました。これで明日にはもっと快方に向かうことでしょう。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム