JAMES「しまなみ海道」を走る その3

三日目 大島から尾道まで走る。昨夜の雨は朝には止んでいた。でも今にも雨が落ちてきそうな空模様なので雨具を着て出発した。
民宿魚芳
この日は約50キロを走るだけなので時間的に余裕があった。
多々良大橋
これは多々良大橋を下から見た所です。この2枚の鉄板に音が反響して「鳴き竜」の現象を体験することができました。ちゃんと拍子木が用意してありました。今日は天候不良のため走っている自転車が数える位しかありません。聞いたところによると昨日は全部1000台位「しまなみ縦走」に参加したそうです。
多々良大橋2
次に生口島にある耕三寺にお参りした。なんともはやユニークなお寺でした。このお寺は個人のお金持ちが母親の菩提を弔うために建立したのだそうです。
陽明門
この山門は日光東照宮の陽明門を模して造られています。そう言われればそっくりです。ただ神社ではないので仏像が回りを飾っていました。
本堂は宇治の平等院を模したものでした。
平等院
実物より小規模ですが確かに宇治の平等院にそっくりです。
五重塔は室生寺の塔を模したものだそうです。
五重塔
この他にも法隆寺の夢殿を模した建物もありました。回廊は厳島神社のものを真似しているようにも見えました。入場料は1200円と高いのですが、ここに来れば有名な神社仏閣の建物を一度に見ることができます。1年間の30万人の入場者があるそうです。
このお寺の続きにイタリアから運んだ大理石で造った彫刻を飾ってある丘がありました。
大理石
そこのイタリアレストランでコーヒーを飲みました。ゆったりとした時間を過ごしました。こういう時間の過ごし方は旅行ならではの過ごし方ですね。昼食は耕三寺の前の食堂でたこ飯と讃岐うどんを食べました。これがおいしかったです。たこ飯はこの地方の名物のようですね。
食堂

たこ飯
午後3時過ぎには尾道に到着。途中で雨に降られましたが、無事戻ってこられてよかったです。
夜尾道駅前のイタリアレストランで2次会をやりました。おいしいワインを飲みました。こうして「しまなみ海道ツーリング」が無事終了しました。綿密な計画を立て、リーダーとして先頭を走り、会計係をやり、とすべての面倒をみてくださったBenjaminありがとうございました。
ところでサンライズ糸山でいただいた記念品を家で開けてみたら、次のようなものが入っていました。
記念品
伯方の塩、卓上塩、旅行用爪きりセット、記念の盾が入っていました。いい記念品をいただいたなと思いました。楽しい4日間でした。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

JAMES 「しまなみ海道」を走る。 その2

午前8時旅館を出発。
旅館と自転車
白鳥和也著「七つの自転車の旅」という本を読みました。その中の写真はほとんどのものが自転車が主人公になっていました。そこでなるほどと思ったのです。自転車を入れることでツーリングに来ているということが写真からわかるのです。今回そのことに注意をして写真を撮ってきました。
先ず渡船に乗りました。
渡船
この渡船は大林宣彦監督の作品「ふたり」の中で登場していました。妹の美加がピアノのおけいこに通うための乗船していました。尾道駅の後ろにある山はの中腹あたりに彼女の家があり、父親を演じる岸部一徳と話をしながら降りてくる場面を思い出しました。向島は目と鼻の先で、泳いで渡れそうなくらいの距離にありました。
因島大橋1
因島大橋です。この橋は2階建ての橋で、2階部分が自動車道、1階部分が自転車道と歩道になっています。人工的な建造物でありながら風景に溶け込んでいました。科学的に計算されて造られてものは、見ても美しいと聞いたことがありますが、それは本当だなと思うほどの美しさでした。
因島大橋2
チェツクポイント
ところどころにあるチェツクポイントでスタンプをもらいました。飴や飲み物が準備してありました。参加費無料ですからものすごい待遇だと思いました。
生口橋
これは生口橋です。橋を渡るには通行料が必要です。自転車は50円から最高で200円でした。どうも長さで決まっているようです。長さ1キロについて50円になっているようです。どうして通行料をとつのか不思議でした。これくらいの通行料ではとても建設費の償還になど遠く及ばないと思ったからです。歩行者は無料でした。
白砂青松
橋の上から見える海岸線は「白砂青松」の昔ながらの瀬戸内の海岸でした。海の水の透明度の高さは感動ものでした。
伯万島で塩ラーメンを食べました。ここななんと言っても塩の産地ですからね。
来島海峡大橋
最後に渡ったのが来島海峡大橋。全長4キロ。こんなに長く一直線の自転車道は珍しいのではないだろうか。ゆっくりと走る。どの橋もそうだが橋は高い所に架けられているので、一般道からでは当然登りとなる。しかし勾配はとても考えれており、登り始めに設定したギアを途中で変更しなくても登り切ることができるようになっていた。その代わり螺旋状の大回りを余儀なくさせられる。橋から降りるときはなかなか爽快な気分で風を切って走った。
sannraizu.jpg
午後4時ころ「サンライズ糸山」」に到着。これで「しまなみ海道」を完走したことになる。ここはサイクリングの拠点になっている。レンタルサイクルを返しにくる人も多かった。こんなに自転車の乗っている人が多いツーリングも初めてでした。いつも我々は人のいないところを走っていたのですね。そしてロードレーサーに乗っている人がほとんどでした。我々はマウンテンバイク。ロードレーサーはスピードが出るので我々の脇をどんどん追い抜いていく。若い女性も颯爽と走っていきました。JAMESの脚力ではとても追いつけるものではない。脚力に自信のあるWilliamが時々我慢しきれなくなってロードレーサーと張り合って走ることがあった。彼がロードレーサーに乗っていたら、彼を追い抜く自転車はないだろうとJAMESは思っている。ロードレーサーに乗っている皆さんはカラフルな自転車用のユニフォームまとっているので、見た目もかっこいいのです。我々の仲間5人のうち3人は似たようなかっこいいウエァーを着ています。JAMESだけがテニスウエァーを着て走りました。宿泊施設にもなっていた。尾道からここまで焼く71キロある。
サンライズ糸山から見た来島海峡大橋です。ここで完走証と記念品をいただきました。何が入っているのか楽しみです。
サンライズ糸山から見た来島海峡大橋
我々が泊まる民宿は大島にあるのでサンライズ糸山から1時間ほど来た道を戻りました。途中で午後5時の音楽が流れました。これはどこでも同じですね。民宿は魚屋さん。たこのから揚げがおいしかった。おいしい魚を食べながら少し飲みました。天気予報では明日は雨だと言う。はずれることを祈りながら休んだが、夜中にはもう雨が降ってきた。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES 「しまなみ海道」を走る

「しまなみ海道」を走ってきました。「しまなみ海道」は朝日新聞の調査で第2位にランクされた人気のサイクリング道です。ちょうど「しまなみ縦走2009」が開催されていました。
しまなみ1
尾道から今治間の6つの島と7つの橋を結んだ「しまなみ海道」を自転車で縦走するスタンプラリーです。16ケ所のチェツクポイントでスタンプをもらいました。
しまなみ2
そして最後には完走証と記念品をもらいました。
完走証
我々の出発は尾道からです。JAMESたちが行動するときはいつも「青春18キップ」を利用します。藤枝駅を午前6時42分に出発し、数々の列車を乗り継いで尾道駅に着いたのは午後4時ちょっと前でした。駅前には自転車を組み立てている人、乗っている人たちが大勢いました。これは今までのツーリングとは違う現象でした。ここが人気のサイクリング道であることが一目でわかるような光景でした。

尾道駅前風景
我々が泊まる旅館は駅から歩いて5分もかからないところにありました。
自転車
自転車は旅館の駐車場にありました。
自転車3
早速組み立てました。5人とも黙ってもくもくと作業をしました。どの自転車もトラブルがなく走ることが確認され、これで一安心です。
ワイン
夕飯のときラベルに自転車の絵があるワインの差し入れがありました。残念ながら今回参加できなかったCharlesからのものでした。なんとおしゃれな差し入れでしょう。おいしい魚を食べながらありがたく頂戴しました。夜は9時過ぎには休みました。この日は1日中電車の乗っていただけなのに疲れ感じがしました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

レッドブロッチが美しい。

レッドブロッチ2
株が大きくなってきたので「レッドブロッチ」がさらに美しくなりました。花が長持ちしていることもうれしいことです。この色の花は初めて育てましたが、大変気にいりました。Bettyさんにも好評です。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

門柱の上で黄色のビオラが鮮やかに咲いています。

黄色のビオラ2
門柱の上で黄色のビオラが鮮やかに咲いています。ここは一番目立つ場所なので、そのシーズンで一番きれいな花が座る場所です。ここ当分はこのビオラを飾ります。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

おまつり金魚が表舞台に登場です。

文字色おまつり金魚2
花が大きくなってきたので、「おまつり金魚」が表舞台に登場です。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ビオラを並び変えて楽しむ。

Bettyさんがビオラを並び変えて楽しんでいます。
白いビオラ
ここは白いビオラを集めました。その向こうは赤のビオラを集めてあります。

黄色のビオラ
ここは黄色とオレンジを集めました。

青いビオラ
ここは青系統の「トワイライト」と「ラベンダーピンク」と「ブルースワール」を集めました。鉢に植えると水やりが大変ですが、この気分によって並び替えをして楽しむことができるのがいいですね。並び替えると庭の表情がすっかり変わります。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ムスカリタワーを飾る。

ムスカリタワー2
ムスカリタワーのムスカリの花が大きく伸びてきたので、門の前に飾りました。家の前を通る人に見てもらいたいのですが、気がつくかな。このタワーには全部で250個のムスカリの球根が埋め込んであります。けっこうお金がかかっているのです。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ふくらむラナンキュラスの蕾

ラナンキュラスの蕾がものすごく大きく膨らんできました。
ラナンキュラスの蕾1
これは白い花か黄色でしょう。
ラナンキュラスの蕾2
まだ全部の鉢を大きな鉢に植え替える作業が完了していません。明日には完了させたいと思っています。「ハモグリバエ」の駆除のために「オルトラン」を散布しました。これがしっかりと効くといいなと思っています。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

マキの木を切りました。

槙の木1
マキの木を切りました。この木の手前には枝垂桜の木があり、枝が交差していました。枝垂桜に十分枝を伸ばしてもらうようにと
マキの木を切りました。黒く見えるのが切り口です。切り口に黒い水性ペンキを塗りました。この切り口から木が腐っていくのを防ぐためです。8年前に庭の手入れを始めたときは、知識がなくやっていましたので、切りっ放しにしておいた木がそこから腐ってしまったことありました。そこで今回はしっかりと処理をしたつもりです。
槙の木2
これが切り取った上の部分です。これもまた処理して可燃ごみとして袋に入れてだします。剪定は剪定そのものより剪定ゴミの処理の方に多くの時間がかかります。目をはなすとBettyさんがこっそり燃してしまいます。燃されないように早めに処理をしたいと思います。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アネモネが咲きました。

アネモネ
アネモネがひつそりと一輪咲きました。咲いた場所もサンゴジュの下の目立たないところです。これを植えたのはBettyさんです。彼女は宿根草が好きです。一度植えるとそんなに世話をしなくても季節が巡ってくるとちゃんと咲く花が好きです。JAMESは宿根草はあまり好きではありません。鉢でも花壇でも独占するので好きではないのです。なので毎年種を蒔いては育てる植物がどちらかというと好きです。Bettyさんには「歳をとったら今のような手数のかかることはできなくなりますよ。植えておけば咲く宿根草を少しづつ増やしていった方がいいですよ」と言われています。それもそうだなと思うのでこれから宿根草を増やしていくつもりです。でも植える場所があまりないのです。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スノーフレークが咲きました。

スノーフレーク
スズランの花を大きくしたようなスノーフレークの花が咲きました。色も形もかわいらしい花です。スズラン水仙という別名もあるようです。花びらの先の緑色の点がアクセントになっていますね。なかなかしゃれたデザインです。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アンズの花が咲きました。

アンズの花
アンズ花が咲きました。蕾はたくさんついていますが、ぼちぼちと咲いています。一度にたくさんの花が咲くともっとインパクトがあるのになあと思いながら見ています。花びらのピンクが美しい。
アンズの花2

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

花ニラが一面に咲いています。

花ニラ3
花ニラが梅の木の下で一面に咲いています。地味な花ですが、たくさん咲くときれいです。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

下関からいろいろなみかんが届く。

みかんいろいろ
下関からみかんが届きました。静岡県がみかんの本場と思っていましたが、南国下関のみかんの種類の多さにびっくりですね。頭がとんがっているのが伊予甘。丸くて温州みかんのように見えるのが「せとか」小さいみかんが「ひとめぼれ」だそうです。伊予甘はまだ食べていませんが、「せとか」も「ひとめぼれ」も大層おいしいみかんでした。特に「ひとめぼれ」が気に入りました。一口で食べられるし、ものすごく甘いのです。
Bettyさんの妹さんが送ってくださったものです。どうもありがとうございました。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

自転車ツーリング 「しまなみ海道」の準備をしました。

しまなみ3
たぬき座に飾られているJAMESの愛車。トレックというアメリカの会社のマウンテンバイクです。明日(15日)いよいよ荷物を尾道に向けて発送するのでその準備をしました。先ずランプを点検しました。電池が切れていたので新しいものと交換しました。
しまなみ2
このランプは小さいけれど大変明るく、遠くまで届きなかなかの優れものです。取り付けがゆるくなっていたので、ネジをしっかりと締めました。JAMESはこういうことはあまり好きではないので滅多にしません。
しまなみ3
台湾で買ってきたこのバッグはツーリング中は大変便利です。サングラスや手袋をはずしたとき、これに入れておくと忘れることがりません。手袋を忘れただけでもとても大変目に合います。佐渡に行ったとき、手袋を片方忘れてしまいました。しかたがないので軍手で走りましたが、手に体重がかかるので手の平が赤くはれたようになってしまいました。冬山では手袋をなくすと遭難の危険があると聞いたことがりますが、自転車ツーリングでも大変なことになります。このバッグもネジがゆるんでいたので硬く締め直しました。
しまなみ4
車輪をはずしました。以前は友達に手伝ってもらっていたのですが、何回かやるうちになんとか自分ひとりでできるようになりました。
しまなみ5
ペダルもはずしました。ペダルにも右と左があるのです。これを忘れると尾道で走ることができません。慎重に輪行バックに詰めました。忘れ物と言えば、数年前近くの山にみんなでツーリングに行ったとき、車輪を忘れてきた友達がいました。車体を車に積んだとき車輪を忘れてきたのです。でも彼は山を走って下りました。ほぼ自転車と同じに麓までたどり着きました。車輪を忘れたことにも驚きましたが、自転車と同じように走る脚力にも驚きました。
しまなみ6
後輪をはずした部分に金具を取り付けます。真ん中の白く見えている金具です。この金具の取り付けがなかなかむずかしかったのですが、これもなんとかできるようになりました。
しまなみ7
JAMESの自転車はディスクブレーキです。ディスクをはさむ部分が衝撃などで狭くならないように厚紙をはさんでおきます。これを忘れると車輪を取り付けたときブレーキがかかったような状態になり、自転車がうまく走らないことがあります。
しまなみ8
そして輪行バックに詰めました。チャックがうまくしまらず悪戦苦闘しましたが、何とか収まりました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №25 「幸せの1ページ」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2009年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
幸せの1ページ
主人公はアビゲイル・ブレスリンが演じる女の子。彼女は「リトル・ミスサンシャイン」に出演していた子役。道理でどこかで見たような顔だと思った。「リトル・ミス・サンシャイン」のときには小太りだったけど、今度は背も伸びてそんなには太っていなかった。幼児体型から思春期体型に移り変わったようだ。アメリカのベストセラーの児童文学の映画化のようです。Bettyさんも「これは子ども向きの映画ですね」と言っていました。彼女は生物学者の父と南海の無人島で暮らしている。無人島と言っても太陽光発電で夜になれば電灯が点るし、パソコンでメールを交換することもできる。海に出かけた父親と衛星電話で話ができる。現代の無人島暮らしは世界から孤立なんかしていないのだ。ジョディ・フォスターは彼女が愛読している冒険小説を書いている作家。異常なくらいの潔癖症であり、家の外に何週間も1歩もでることができないような対人恐怖症で引きこもり。という設定なのだがここがあまりおもしろくない。そういう彼女が無人島のアビゲイル・ブレスリンを助けにいく羽目になるのだが、ここもまた緊迫感がなくあまりおもしろくない。ジュディ・フォスターがコメディに挑戦したのだと思うが、それは失敗したと言っていいだろう。有名な俳優が出演していてもおもしろくない作品ということもあるという映画でした。
評価 ★

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №24 「モール・フランダース」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2009年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
モール・フランダース
イギリスのテレビドラマのDVD。孤児として生まれた女性「モール・フランダース」が幸せをつかむまでの長い、長いお話でした。JAMESが子どものとき愛読した「レ・ミゼラブル」や「二都物語」や「鉄仮面」などと同じ時代の物語でした。ジェットコースター物語なので、幸せになり不幸になり、しばらく幸せが続いたと思うと突然不幸がやってくるとのでした。でも最後まで飽きずにみてしまいました。盗みでつかまると絞首刑というのにもびっくりしました。「レ・ミゼラブル」の著者ヴィクトル・ユーゴーも刑の重さに抗議する意味であの作品を書いたという話を聞いたことがります。主人公「モール・フランダース」は美貌を武器にしたたかに生きていきます。日本のテレビドラマの主人公「おしん」はどちらかというと不幸に耐えて、耐えて生きていくという生き方ですが、彼女は違います。もっと積極的に自分から仕掛けていきます。そこが基本的に大きく違うところだと思いました。最後は独立する前のアメリカで幸せに暮らしましたというところで終わりました。彼女の運命の男を演じているのが6代目「ジェームス・ボンド」ダニエル・クレイグです。この映画は大分前に製作されているので、ダニエル・クレイグはまだ若く、ボンド役の彼とは少し違う印象を受けました。
評価 ★★★


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №23 「最高の人生の見つけ方」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2009年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。
最高の人生の見つけ方
これは友情の物語である。病院で偶然同室になったモーガン・フリーマンとジャック・ニコルソン。二人ともガン治療を受け、同じ苦しみを味合う。そして同じように余命6ケ月を宣告される。モーガン・フリーマンは誠実な自動車整備工。ジャック・ニコルソンは強引な実業家で大金持ち。同じ苦しみを味わったこと、そして余命があまりないことそれが二人を結びつけていく。モーガン・フリーマンが書いた「棺おけリスト」{死ぬまでにしたいことを書いたリスト)に従って二人は新しいことに挑戦をし、世界を旅をする。ジャック・ニコルソンが大金持ちだからできることではあるが、二人ともとても楽しそうでである。JAMESなら「棺おけリスト」に何をかくだろうか。二人はこの旅を通してさらに理解しあえるようになる。短かったけれど「最高の人生」を見つけたのだ。一昔前は「ガンになったら本人にガンであることを告知するかどうか」が問題になった時期があったが、今ではそんなことは問題にならなくなった。医学の進歩でガン即死ではなくなったせいなのだろうか。この映画では余命6ケ月がかなり簡単に本人に告げられていた。テニス友達のSさんは定年退職をした4月に肝臓ガンであることを告げられた。もしかするとそのとき余命何ヶ月も告げられていたのかもしれない。5月頃奥さんと二人でヨーロッパに退職記念旅行に出かけた。お土産にモーツアルトの顔を形どったチョコレートをもらった。そのあと彼は東京の病院で手術を受けた。8月になると我々とテニスをするくらいに元気になった。飲み会にも参加をして、彼はノンアルコールのビールを飲んでいた。テニスの合宿のとき同じ部屋になり、いろいろな話をした。そのとき彼は「もう食べられなくなってきた」とさびしそうに話した。でも昼間はJAMESよりパワフルなテニスをしていた。12月だったと思うが急に彼は亡くなった。本当に突然亡くなった。あとでBettyさんから「僕は病気のことをしっかりと教えてもらってよかった。いろいろと準備することができたから」と彼が話していたことを聞いた。彼も自分の「棺おけリスト」を書いたのだろうか。どのような死に方をするかは誰も選ぶことはできない。大金持ちのジャック・ニコルソンだってガンで死んでしまうのだから。でも彼は最後に心から信頼できる友達を得、やりたいことをやり終えることができた。二人の骨はヒマラヤのある山の頂上に一緒に埋葬されている。ジャック・ニコルソンの「寒おけリスト」にあった「世界一の美女とキスをする」の落ちが素敵で心暖まるものであった。
監督ロブ・ライナーはもしかして名監督?。
評価 ★★★★★

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ラナンキュラスに蕾が出てきました。

今年は「プロが教えるラナンキュラスを長く楽しむ栽培テクニック」を参考にして、ラナンキュラスを育てている。それによると、蕾が出てきたら、大きな鉢に植え替えをしなさいという。そこで今日は植え替えをした。ラナンキュラスは鉢の大きさに合わせて、成長する性質があるので小さな鉢ではたくさんの花は望めないという。
鉢
写真左が蕾が出たラナンキュラス。右が今日100均で買ってきた鉢です。ちょうどいい大きさの鉢があってよかった。でも34個しかなかった。ラナンキュラスの鉢は約50個あるので、探しにいかなくてはなりません。
ラナンキュラスの根鉢
鉢から取り出してみると、こんなにりっぱに根鉢ができていました。この根鉢をできるだけくずさないようにして植え替えをしました。
鉢植えラナンキュラス
鉢が大きくなると、急に株が大きくなったように感じられます。枯れて黄色くなった葉は取り除きました。虫除けのオルトランを根元にまき、水をたっぷりと与えました。去年はこんなことをしなくてもけっこう花が咲きました。今年はほぼ完璧な方法で育てています。花がどのように咲くのかとても楽しみです。今日植え替えしたものはみんな蕾を持っていました。あと何日くらいで開花するのでしょうか。明日は残りのラナンキュラスを植え替えします。
 

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

近所でモクレンが咲きました。

近所でモクレンが咲きました。大きな木です。
モクレン
山をバックに絵になる風景です。JAMESの家からも見ることができます。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

もう山桜が咲いていました。

DSC00002_20090311211706.jpg
テニスコートの近くの山ではもう山桜が咲いていました。JAMESの家の山桜はまだ蕾が固いままです。にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ウォールバスケットがさらにきれいになりました。

ウォールバスケットがさらにきれいになりました。
「ラベンダーピンク」です。
ラベンダーピンク3
花びらがひらひらしてます。
「レッドブロッチ」です。
レッドブロッチ
いい色ですね。気に入っています。
「ブルースワール」です。
ブルースワール2
色が変化するのが特徴です。
「イエロー」です。
イエロー
春らしい色です。
「ホワイト」です。
ホワイト2
株がなかなか大きくなりません。
「オレンジ」です。
オレンジ
4月にはもっときれいになるでしょう。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

冬越しペチュニアの手入れをした。

冬越しペチュニア
冬越しさせておいたペチュニアがほとんど全部冬越しに成功した。2年目なので管理の要領がわかったこともあるが、暖冬の影響の方が大きいと思う。芽がどんどん伸びてきているので、少し手入れをした。枯れた枝や葉を取り除き、芽をピンチした。病気らしいものには薬を散布した。あとは土替えれば完璧である。根を少し切って肥料も混ぜ、新しい鉢に移し替えようと思っている。近日中にやりたい仕事だ。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES 2階の屋根に登る。

2階の屋根の雨樋の角の部分に割れ目ができた。大分前からできていたのだが、そのままにしておいた。
雨樋
写真で見ると「く」の字に見えるのが割れ目である。雨が降るとここから雨は滝のように落ちてくる。この下のところにの花壇にバラを植えたので、そのバラの近くに雨が激しく落ちるようになってしまった。これではバラが病気になってしまう。そこで応急措置としてその割れ目をガムテープで塞ごう思いたった。先ず1回の屋根の登り、梯子を担ぎ上げた。次に梯子を2階の屋根にかけて、恐る恐る登った。眺めは確かによかった。下を見ると足がすくむので、座ってそろりそろりと雨樋に近づいた。落ちたら大怪我をすると思ったので、慎重に行動した。無事テープを張ることができた。このテープがいつまで持つか心配ではあるが、滝のような雨がバラにかかるのは防ぐことができるだろう。雨の日が楽しみだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Bettyさんがお雛さんを飾りました。

Bettyさんがお雛さんをかざりました、JAMESが住んでいる地方は4月に「雛祭り」と「端午の節句」の両方の一緒にやる習慣があります。5月になるとお茶の収獲で忙しくなるために考えられた昔からの習慣のようです。
お雛さん2

お雛さん1

両方とも手作りですから世界に一つしかないお雛さんです。飾ると部屋が華やいだ雰囲気になりました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

八重の梅が咲きました。

花もも
八重の梅が咲きました。今年は花の数が少なく淋しい感じがします。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

柿の木の剪定

柿の木の剪定をしています。剪定をしないと枝を伸び過ぎて、柿の木がボサボサになってしまうからです。どのように剪定するのかよくわかりませんが、JAMESの家の向かいがプロが育てている柿園なのです。ですからその柿園の柿の枝ぶりを見て、それと似た形になるように剪定いています。
これは剪定する前の柿の木です。
柿の木2
枝が伸び放題に伸びているのがわかると思います。
これは剪定した柿の木です。
柿の木1
すっきしたのがわかりますね。この位剪定しても1年経つと上の写真のようになるのです。去年は最初はたくさん実がなったのですが、途中でほとんど実が落ちてしまいました。今年はたlくさん収獲できるといいなと思っています。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ムスカリタワーのムスカリが咲いてきました。

ムスカリタワー1
ムスカリタワーのムスカリが花を咲かせ始めました。まだ数本しか花が咲いていません。全部咲いたらびっくりするような光景になるだろうと期待しています。どうも日当りのよい方が早く花が咲くようなので、鉢を回転させて、どこにも陽が良く当るように気をつけています。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №22 「別れの時 ホームタウン・イン・ジョージア」

JAMESは「たぬき座」というホームシアターを持っている、部屋の広さは12畳、電動スクリーンを設置し、11個のスピーカーでかなりいい音がでる。三菱のLVP-HC3000というプロジェクターを使用している。映画の番号は2009年の1月から「たぬき座」で上映した回数を示している。

美しい自然がいつぱいのジョージア州 ブルーリッジが舞台。
別れの時2

別れの時1
この美しい山々に囲まれて、70歳を過ぎたジェシカ・タンディが一人で暮らしている。夫は5年前になくなったが、ジェシカの中では夫が元気で、彼と対話しながら生活している。子どもたちはみんな独立して、ここを出ていった。子どもが独立をして家を出ていくと、老夫婦だけが残されるというのはどこの国でも同じですね。一人になった母を心配してカントリー歌手として成功している息子が、公演の途中に立ち寄り、フロリダで一緒に暮らそうと説得する。ここが今までのアメリカ映画とは一味違うところですね。親と同居しようと説得する映画は初めて見たような気がします。ジェシカ・タンディがアカデミー賞をもらったドライビング・ミス・デージー」 では事業をしていたお金持ちの息子とは母親は違う家で暮らしていたし、年老いて認知症になったからは施設で生活していた。映画の題名がおもいだせないのだが、ジャック・レモンが出演していた映画では、妻が無くなった父親のところを訪ねた息子は、「一緒に暮らそう」ではなく、自立して生活するためにはどうしたらいいかを教えていた。
JMAESたちも今は3人で暮らしている。母とBettyさんとJAMESである。順番から行けばそのうちに二人になり、そして一人になる。最後にJAMESが残ったとしても今の家で暮らしていきたいと強く思う。
迷っていたジェシカは家を売り、息子とフロリダで暮らす決心をする。「別れの時」とは故郷と別れるときのことをさしているようだ。息子のコンサートに行くときはしゃれた帽子を被って、なかなか素敵は老夫人をジェシカ・タンディが演じていた。1994年に彼女は85歳で亡くなったという。


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム