ウォールバスケットを下げた。

ウォールバスケットを下げるために土手の草刈をした。ウォールバスケットにみんなの目が集まったとき、必ずその回りにも目がいくのが普通だから、その当たりをきれいにした。
土手の草刈1
ちょっと間にこんなに伸びたのです。これはJAMESの家の土地ではない。でも草ぼうぼうは気になるのでいつも刈っている。
土手の草刈2
そしてフェンスにウォールバスケットを下げた。
バスケット1
ウォールバスケットの下はBettyさんが念入りに草を刈り取った。全部で21個のバスケットを下げた。明日から梅雨が明ければ、梅雨の時期を避けてペチュニアのウォールバスケットを下げるという作戦が大成功ということになるのですが、梅雨明けはまだ先のようです。
バスケット2
ペチュニアが一輪だけ咲いています。他のバスケットは芽の数が増えるようにピンチしてあるので、花が咲くのが遅くなってしまいます。でもそれを我慢してピンチをしています。ピンチをすればするほど芽が増えて、こんもりと咲くようになります。ペチュニアを豪華に咲かせるにはどれだけピンチしたかにかかっているのです。花が愉しみです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

芝生を刈った。

芝生1

芝生2
芝生を刈った。今年は雨が多いので芝生の生育はよいようだ。いつものように草刈機で刈った。雑草も目立ってきたので芝生用除草剤をこっそりと散布した。芝生が短くなるとせいせいとした気分になる。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


テニスシューズを買った。

テニスシューズ
テニスシューズを買った。新しいのは左の赤いやつ。右の靴が今までの靴。靴の底の違いが歴然ですね。右の靴を履いてプレーをしていて何回もコートで滑ったのです。コートの表面も悪いのでコートのせいだろうと思っていたのですが、念のために脱いで靴を確認したら、この有様でした。テニス仲間の一人は「JAMES この靴はとても運動するためのものとは言えませんね」と言われてしまいました。そこでJAMESも買い換える決心をしました。底だけでなく、靴そのものにも工夫があるようで動きやすいというのが売りのようです。この靴を履いたらJAMESの動きがグーンと良くなることを期待しましょう。8月はあまりテニスができない月なので残念です。この新しい靴のお披露目は大分先になりそうです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

キュウリが枯れた。

キュウリの最後

今日雨が止んだすきにキュウリを見に行った。Bettyさんから聞いてはいたけれどこれほどとは思っていなかった。1週間も雨が降り続いたから無理もないけれど、見事に枯れていた。私はこれでお仕舞いにするという明確な意思があるかのようにすっきりと枯れていた。この潔さには頭が下がる思いだ。少しくらいこの世に未練があってもよさそうに思うのだけれど。キュウリはあっさりと枯れていた。今年の収穫は約130本でした。これからキュウリがあるとうれしいというときになくなってしまう。来年は忘れずに地這えキュウリを植えようと思った。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

民主党の政策はバラまきか。

民主党のマニフェストを自民党が「バラまきだ」と批判している。これはちゃんちゃらおかしい話だ。自民党にそんな批判ができるのかと言いたい。あんなに反対があったにも関わらず2兆円を給付金でバラまいたのは誰だといいたい。過去にもバラまきを続けて国民一人当たり433万円もの借金を作ったのは自民党政権ではなかったのか。民主党は必要な個人にお金が渡るようにしようとしている。誰にお金が渡ったのかわかるようになっている。バラまきだとしても透明性がある。そしてこれは富の再分配になっているのだ。故田中角栄氏は自分の故郷に立派なトンネルを掘り、道路を整備し、さまざまな箱物を建設したということをテレビで見たことがある。いろんな地方には有名政治家の名がついて道路がよくある。これらもバラまきであったのだ。こんなにバラまいてきた自民党が民主党の政策を「ばらまきだ」というのは「目くそ鼻くそを笑う」の類ではないか。また自民党の「財源がない」という批判も笑ってしまう批判だ。自民党だって財源がないから国債を発行して賄ってきたのではないか。税収が不足してる中で予算の立て方を根本から見直そうという民主党の政策は正しいと思う。国家財政であっても今までのような湯水を使うような無責任な使い方は許されないのだ。自民党のマニフェストを見るのが楽しみだ。政権党だから前回の郵政選挙で掲げたマニフェストの評価から始めるべきだと政治評論家が話していたがその通りだと思う。まああまり期待していない。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

民主党 マニフェストを読む 「高校無償化」

民主党のマニフェストが発表された。いくつもある項目の中でJAMESが画期的だ思う項目は「高校無償化」だ。これは今までの自民党政権が手打ってこなかったところだ。義務教育は無償という原則で従来から運営されてきた。しかし高校は90%近い進学率でありながら、すべて親の負担であった。今までは子どもの教育は親の責任だという考え方が支配的であったように思う。しかしこれでは教育の格差、さらにはその後の経済的な格差は益々広がるばかりとなるであろう。教育を受けた子どもは成人して会社で働き、しっかりと税金を納めて社会に貢献するのであるから、国が応援することがあってよいだろうとJAMESは昔から思っていた。国がしっかりと応援するという新しい方向を民主党は示したのだ。これは未来に対する投資である。先日国民にバラまかれた給付金よりはるかに価値のあるお金の使い方であろう。JAMESは高く評価する。こういうことが実現すると政治が我々の生活を支えてくれていることを実感できる。これはうれしいことだ。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

献上桃の育ち具合

95歳の母が桃が大好きなのでネットで福島県産の献上桃を予約しておいた。そうしたら今日メールが届いた。献上桃の育ち具合はこんなものですと。
桃の生長
今年は豊作で、こんなに大きく育っているという。もう少し色づいてから出荷するそうです。こうして生育状況などを教えてもらうと、生産者との距離がぐっと近く感じる。こういうサービスを受けたのは。初めてですがとてもよい試みだと思う。こういうサービスを受けるとこの次もこの店から購入しようという気持ちになります。8月上旬には出荷の予定らしいが、どのような味なのかとても愉しみだ。おいしいといいな。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ワインを買った。

新聞に「お酒と高齢者」という記事が掲載された。高齢者にアルコール依存症が多いという。しかも増えているというのだ。JAMESはお酒は好きだがたくさんは飲めない。アルコールが脳に悪い影響を与えると言う話も聞いたことがある。なので最近は1週間のうち3日は飲み、あと4日は飲まない日と決めている。でも厳しく決めているわけでもない。その日の夕食の献立につられて飲んでしまう日もある。お酒を飲む人にボケる人も多いと聞いたこともある。JAMESはボケるならガンで死んでしまいたいと思っているのだが。どれを信用していいのかわからないが、アルコールが脳にとって悪い物質であることは確かだろう。そう思っているのにワインを買ってしまった。息子のGeorgeがお盆に帰省したとき一緒に飲むためのワインを購入したのだ。息子と一緒に飲むワインはまた格別である。店は静岡市にあるヴィノスヤマザキ。静岡市まで出かけていく時間がなかなか取れないのでネットで注文した。1ダースだと送料無料で届けてくれる。
  1本は巷では「チリカベ」と言われるほど、最近注目を集めているチリ産のカベルネ・ソーヴィニヨン。 カンテラは自然派農法を実践し、丁寧なワイン造りとそのバリューで世界中のワインファンを 虜にしていると言われているワインだそうだ。一番気いったのは値段。1000円のワインを特価780円で売るというのだから飛びついてしまった。もう1本はカリフォルニアのワイン。これもアメリカでは高い評価を受けているワインとか。1380円を980円で買いました。
ワイン1
ワインはクール宅急便で送られてきたのでちゃんと冷えていた。今夜飲む1本はすぐに冷蔵庫に入れたが、あとはクーラーボックスの中に保冷剤を入れて保管した。
ワイン2
ワインセラーがほしいものだ。これでワインがあるので、1週間のうち4日はお酒を飲まないというルールは守られそうもない。脳が危機にさらされている。でも今夜は楽しみだ。久しぶりにワインを飲む。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


山陰自転車ツーリングの準備をした。

8月4日~9日まで山陰自転車ツーリングにいつもの仲間7人と出かける。7月30日に自転さyと荷物を送るというので今日は荷物づくりをした。
準備1
JAMESのMTBはトレック製で購入してからもう8年目になる。友達の自転車を見ると部品をグレードアップしたくなるが、それも時間が経つと薄れてきて、「まあ走ればいいか」となってしまう。それでも物置に置くと埃だらけになってしまうのでたぬき座の片隅に置いてある。
準備2
先ず車輪をはずす。そしてディスクブレーキの隙間に紙をはさむ。隙間が外からの力で狭くなったりすると、ずっとブレキがかかったような状態になり、車輪がうまく回らなくなることがあるからだ。
準備3
次にペダルを工具を使ってはずす。このとき回す方向がいつもわからなくなる。どう時計回りの方向に回すようだ。これを忘れると自転車に乗れなくなるのでいつも特に注意している。JAMESはいつも変な失敗をするので(他の人が絶対しないような)特に気をつけている。
準備4
次のフレームの形が崩れないようにU字型の金具を取り付ける。以前はこれを付けるのにえらく苦労したが、今では難なく付けることができるようになった。
準備5
ギアの部分など大事なところは緩衝用の小さな空気袋がついているビニールで包む。そして輪行バックに収納する。これはなかなか大変である。
準備6
でも今回はサドルを一番低い位置までしっかりと下げておいたので、わりと無理をしないで収納することができた。これで自転車の荷造りは完成である。
準備7
あと雨具やら着替えなどをバックに詰めた。去年からこのバックを使用している。容量が大きくかなりの荷物が入るので楽になった。これを自転車の後につけて走る。梅雨がなかなか終わらないのは少し気がかりだ。8月まで梅雨が続くとは考えにくいが心配ではある。気心のよくわかった仲間とのツーリングは楽しい。今年もまた一緒に入れることを喜びたいと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES 「冷や汁そうめん」に挑戦

JAMESはそうめんが好きだ。去年の7月23日付の朝日新聞「おかず100選」に「冷や汁そうめん」が紹介された。季節がやってきたら挑戦しようと新聞記事をスクラップしておいた。そうめんの上にいろいろな具をのせ、冷やした薄味のつゆをかけて食べるというそうめんだ。25日(土曜日)はBettyさんが合唱の練習に出かける日なので、土曜日の昼食につくることにした。なので先ず金曜日にナスを焼いた。焼いたナスをそうめんの上にのせるので、金曜日に焼いて冷やしておこうという計画である。JAMESのうちのキッチンはIHヒーターなので、ナスは焼けないという。そこでいつもはパンを焼いているオーブントースターで焼くことにした。ソーメン5
これがうまくいった。Bettyさんも驚くほどのできであった。ナスはJAMESが育てたごちそうナスである。熱いうちに水につけて皮をむいた。皮がとてもうまくむけた。後はコンブと削り節でだしをとり、これに調味料を加えてできた汁を冷蔵庫で冷やした。
ソーメン1
上にのせる具を準備した。シソの葉、ミョウガ、キュウリはJAMESが育てたもの。これらを小口切りした。しょうがはすった。
ソーメン2
薄焼き卵を焼いた。要領はBettyさんに教えてもらってあったので初めてにしてはうまく焼けたと思う。そうめんは茹でたあと、水でよく洗い冷水にさらした。
ソーメン3
そうめんの水をよく切り、具をのせて冷やしておいたつゆをかければできあがりだ。
ソーメン4
見た目はきれいにできた。つゆの味も悪くはなかった。でもインパクトに欠ける味だった。Bettyさんはそうめんならこんなもんでしょうという感想だった。今度つくるときはもう少し塩をきかせたほうがいいかなと思った。焼いたナスにつゆの味が染みてこれはおいしいかった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

土手の草刈り

近くの川の土手の草刈があった。部落総出で取り組む年中行事である。
草刈1

草刈2
草が人の背丈ほどに茂っている。この草を部落総出で刈る。戸数は100戸あまりなのでほぼ100人が出て作業をする。作業にでられない人は出不足料として3000円を納めなければならない。こういうペナルティがあるくらい出ることが義務づけられた作業だ。各組毎の分担する場所が決まっており、先ずそこの草を刈る。部落内の組の戸数にはばらつきがあり、JAMESが所属する組は24戸と一番大きい。8戸という組もある。なので自分の分担が終わった組はまだ作業をしている組を助ける。我が組は農家の人も多く、草刈機を駆使して作業をする人が半数以上いるので、作業はどんどん進む。JAMESは切れない鎌を持って参加した。ガードレール付近や電柱の近くの草刈機が使いにくい箇所の草を刈った。あまり早く作業が進むと応援にいかなくてはならないので、途中で長々と休憩をとる。今日のハプニングは蜂の巣を草刈機で切ってしまい、一人蜂にさされたことでした。
草刈3
草を刈るとこんなにせいせいした。こういう作業を通して郷土愛のような感情が育まれるとJAMESは思っている。今年はここから出るゴミは例年になく少なかった。これはうれしいことだ。作業は2時間ほどで終わった。数年前までは終わるとご苦労さんと大瓶のビールが一本づつ支給されたのだが、今はそれはなくなった。市から交付される補助金が減額され、そんなことができる余裕が町内になくなったからだ。少し寂しい気がするがこれも時代の流れの中でしかたのないことだろう。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ペチュニアのウォールバスケットを作った。

遅蒔きペチュニア3
ポット上げしたペチュニアの苗がポットの中でどんどん大きくなってきた。中にはもう蕾を付けているものもある。ウォールバスケットに定植したいと思っているのだが、連日雨でなかなかできなかった。
今日も朝から小雨がパラついてはいたが、時々は雨が止むので、思い切って定植することにした。
遅蒔きペチュニア1
腐葉土、鹿沼土、赤玉土の小粒、それにピートモスを混ぜて土を使う。
遅蒔きペチュニア2
赤玉土の小粒3
腐葉土     3
鹿沼土     3
ピートモス   1  の割合で混ぜる。これにマグァンプKを適量混ぜる。
遅蒔きペチュニア4
一つのウォールバスケットに上に1本、左右に1本づつと計3本のペチュニアを植えた。ビオラのときにはもっとたくさん一緒に植えるが、ペチュニアは株が大きくなるのでこれくらいにした。植えたあとはメネデールを1000倍に希釈した水をたっぷりと与えた。ペチュニアはまだ元気がないように見えるが明日にはもっと元気になるだろう。今日は20のウォールバスケットが完成した。種を意識的に遅蒔きにして、この梅雨時を避けて花を咲かせようという作戦は今のところうまく行っているように思う。今植えたペチュニアは11月頃まで咲かせ、そのあとうまく冬越しをさせて、来年の4月にまた花を咲かせたいと思っている。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ




雨に打たれたペチュニア

雨に打たれたペチュニア2

雨に打たれたペチュニア1
花がきれいに咲いていたペチュニアがここ2、3日雨が降り続き、花がらもとれないし、花が雨に打たれて見るも無残な姿になっている。ペチュニアは雨に弱いのでしかたがないと言えばしかたがないのだが、見るに忍びない。花がらもあまりたくさんになると取る意欲が失せてしまう。雨のあい間をぬって花がらを取るのもなかなか大変である。なのでまた花がらがたまってしまう。小学校時代の漢字の書き取りの宿題のように、「明日やればいいや」と溜めてていくと、溜まりすぎてやりきれなくなるのと似ている。溜めずに毎日取るのが一番である。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


フジが狂い咲いている。

フジの花
JAMESの家のフジの花が狂い咲いている。父が元気だった頃には鉄のパイプで作られたそれは立派な藤棚があって、そこにからみついてけっこういい花を咲かせていました。鉄製の藤棚は数年前に錆びて朽ち果ててしまい、フジの花も幹のほとんどがくさっています。今は2メートルほどの高さの幹が1本立っているだけとなってしまいました。そのフジが今頃また花を咲かせています。季節はづれの花です。関東甲信越地方は梅雨明けが宣言されましたが、JAMESが住む東海地方はまだです。7月25日になろうとしているのに梅雨が明けないのは少し遅すぎる気がします。テレビの報道によると梅雨のない北海道でも雨が多く、日照時間が短いためジャガイモが不作だそうです。今週1週間も連続して雨がふっているわけではありませんが、基本的には雨かくもりという天気でした。今年の夏は「アメニモマケズ」に歌われている「寒さの夏はオロオロ歩き」の寒さの夏になるのでしょうか。気になるところです。

たぬき座上映記録 №98 「マンマ ミーア」

マンマ ミーヤ
世界中で大ヒットしたミュージカル「マンマ ミーヤ」を映画化したもの。JAMESとBettyさんは「劇団 四季」のマンマ ミーアを東京で観たことがあります。この舞台にも圧倒されましたが、この映画もまたすばらしい。舞台はギリシャの小さな島。明日は娘の結婚式。クリスマスと並んで結婚式もまた映画の題材となることが多い。シングルマザーで母親一人の手で娘を育ててきたのがメリル・ストリープ。彼女が歌って踊るのです。歌はなかなか見事です。映画「今宵 フィッツジュラルド劇場で」では彼女はカントリーソングを歌っていたので、歌には自信があるのでしょう。ABBAの歌はJAMESはあまり知らない。たわいのない話だが、歌と踊りを観ていると、観ている者も元気がでてくるような気がしてくる。そして前向きな気持ちにしてくれる。こういう映画もそう多くはないと思う。ジェームス・ボンド役だったピアース・ブロズナンも歌って踊っている。娘役のアマンダ・セイフライドが可愛い。
評価★★★★


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


トムラウシ山遭難を残念に思う。

ヒサゴ沼
この写真は2006年にWilliamに連れられてトムラウシ山を縦走したときに撮影したヒサゴ沼です。我々が縦走したのは夏の終わりでした。そのときも天候はあまりよくなく、雨の中を歩きました。遭難したパーティーとほぼ同じコースを歩きました。遭難した方々の年齢がほぼJAMESと同じ年代なので、他人事とは思えず、山の事故で命を落とすなんて残念でなりません。滑落や雪崩のような防ぐことのできない事故が山にはあります。でも今回の遭難は避けることができたのではないかとJAMESは思うので、残念でならないのです。
今日の新聞報道によると服装で寒さ対策が十分でなかった方がいたようですね。しかしこの写真に写っているヒサゴ沼の畔にある非難小屋を出なければ遭難することはなかったように思うのです。常々トレッキングというか登山は旅行会社がツアーに組む対象としてはふさわしくないのではないかとJAMESは思っていました。いろいろな体力の人が集まること、それから一番の問題はリーダーは誰なのかという点です。ガイドがリーダーなのでしょうか。でもガイドはメンバーの体力も性格も登山歴も把握していないのですから、リーダーは務まらないように思います。メンバーの調子、疲労の状態を把握して行動を決断するそういうリーダーがいなかったことがこの遭難を引き起こした隠れた問題点だろうとJAMESは思う。テレビの報道ではヒサゴ小屋を出ることを反対したツアー客もいたと報じていた。ガイドは客の判断を無視するようにして小屋を出たようだ。15人中8人が無くなるというのはすごい遭難。そして遭難についての責任は自己責任であろう。仮にリーダーがいても自分の命は自分で守るということは山を登る者には求められるいると思う。我々のリーダーWilliamはすばらしいリーダーである。去年は剣岳に登る予定だったが、雨が降っているので出かけるのを中止した。1年に1回の夏の縦走を止めるという苦渋の決断をした。この決断ができることはすごいことだと思う。トムラウシ縦走の時は非難小屋が他の登山客で満員だったとときのことを考えてそのためのテントをかついでくれた。結局どの小屋も無事に小屋に泊まることができたので、テントを使用することはなかった。でも彼はいざというときのための保険を体を張ってかけてくれていたのだ。彼の荷物は20キロを越えていたと思う。彼は「どんな山でも山は命がけで登るものだ。だから無事に降りてきたとき飲むビールはこの上もなくおいいしいのだ」と。そういうすばらしいリーダーともう10年一緒に登っている。そういうリーダーに巡りあえた幸せを山を登るたびに感じている。

トムラウシ山
トムラウシ山の山頂付近はこんな岩がごろごろとしたかなり険しい山であった。麓の国民宿舎までの道は長かった。あの長い道はかなり大変だった。寒さで冷えた体にはこたえたと思う。

トムラウシ

日食を見た。

皆既日食
今日はJAMESが住む地方でも部分日食が見えるはずだった。でもあいにくと朝から曇り空であった。今日はテニスのレッスンを受ける日でいつもはBettyさんと二人で出かけるのだが、今日はBettyさんは所要があって参加できないので一人で出かけた。昨夜は雨が降ったので人工芝のコートはまだ湿っていた。今日は都合の悪い人が多く、3人でレッスンを受けた。レッスンの途中で雲が一時薄くなり、太陽がぼんやりと見えた。そうしたらなんと三日月形に欠けた太陽を肉眼で見ることができた。肉眼で太陽を見てはいけないといわれていたが薄い雲を通して見たので大丈夫だと思う。テニスに来ていた人の中に観察用のメガネを持っていた人がいたので、それを借りて観たら、はっきりと欠けた太陽を見ることができた。その後レッスンを受けていると、まだ水が溜まっているコートに大勢の人が集まっているので、コーチも一緒になって我々も何事だろうかとのぞきにいきました。昨夜雨が降ったとはいえ、テニスコートに水溜りができているなんて、どんなコートなんだといわれそうですが、コートは確かにオンボロなのです。
水溜りをのぞいて見ると何とそこには欠けた太陽がしっかりと映っていたのです。これなら眼を痛める心配もなく安心して長時間見ることができます。痛んだコートの水溜りが日食の観測に役立ったのですから、何が幸いとなるかわからないものです。カメラを持っていかなかったことがとても悔やまれた。オンボロコートに感謝、感謝です。この話を息子のGeorgeに電話で話したところ、中国の上海ではビルの屋上で盥に水を張って観察した人がいたとテレビが報じていたそうです。JAMESはその中国人と同じ経験をしたのです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


たぬき座上映記録 №94 「我が教え子 ヒトラー」

51Q562KjGhL__SL500_AA240_.jpg
ヒトラーの演説は有名だ。実際にヒトラーのボイストレナーをしたポール・デヴェリンというオペラ歌手がいたそうだ。その彼が書いた本が元になっているようだ。国民を引き付けるために演説の練習をするなんてヒトラーは今アメリカの大統領選で行われていたようなことを70年以上も前にやっていたのだ。日本の政治家も少しは話す訓練をした方がいいかもしれない。この映画はブラックコメディである。ヒトラーは負け戦が続いていることを認めたくない老いぼれた老人として描かれている。さらにやたらと「ハイルヒトラー」と敬礼する兵隊がが登場するし、形式や書類を重んじる軍隊の官僚主義をあきらかに皮肉っている。ヒトラーに演技をつけるには「善き人のソナタ」で高く評価されたウルリッヒ・ミューエ。彼は演劇の教授でユダヤ人という設定だ。彼の指導で呼吸法を練習したり、体操をさせられるヒトラー。これもヒトラーをおちょくっているように見える。これはチャップリンの「独裁者」の流れをくむような映画かな。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №95 「恋の7つの副作用」

キャサリン・ハイグル
キャサリン・ハイグル主演のラブ・コメディー。
彼女は製薬会社の営業ウーマン。病院を回っては薬を医師に売り込むのが仕事。でもなkなかうまくいかない。そこで恋人に相談をしてこの仕事を6ケ月で辞めるという計画を立てる。もう辞めるのだからと医者や病院のスタッフへゴマをすることを止める。そして本当のことを率直に話すことにする。とどうだろうか営業の成績がぐんぐんと上昇しているく。多額のボーナスも手に入れる。そして幹部職員に登用され、BMVを会社から貸与されるようになる。辞めようと決心したら成績が上がるというのも皮肉なものですね。アメリカの会社らしくえげつないくらいの「アメとムチ」の様子がとても興味深かった。普通ならこれでは辞められませんよね。この後会社の秘密を知ることに彼女はなる。彼女はどのような態度をとることになったかは映画を観てのお楽しみというところです。元気で前向きで可愛らしいキャサリン・ハイグルを見て楽しむ映画。彼女はメグ・ライアンの跡を継ぐようは女優になるような気がします。
評価★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

裏の生垣を剪定した。

裏剪定4
JAMESの家の裏側(北側)の生垣だ。ここの剪定が最後まで残っていた。梅雨に入って雨の日が多くなり、今日まできてしまった。枝が伸びて隣の敷地を侵害しているのでとても気になったいた。
裏剪定1
木の下にシート敷いて剪定をした。これは以前植木屋さんがやっていたのを見て真似をしたのです。剪定した枝を集めるのがとても楽で、しかも隣の土地にはゴミを残さずに済みます。
さつきの選定2
生垣の上の部分などはこのバリカンで剪定します。あっと言う間に剪定できます。しかもかなり平らに剪定することができます。ただ欠点は重いことです。脚立の上に立ってこのバリカンを持って作業すると、手がすごく疲れます。怪我をしないように気をつけています。
裏剪定2

裏剪定3
こんな風にきれいになりました。家の中から見るとよけいにせいせいして見えます。これでやっと夏を迎える準備が整いました。5月から始まった生垣の剪定がやっと終了しました。来年はもう少し早く終了させたいなと思っています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES 冷たいジャガイモのスープに挑戦

スープ1
7月17日 金曜日
18日(土曜日)はBettyさんが合唱の練習に出かける日です。なのでお昼の食事の準備をJAMESがすることにしました。前々から「冷たいジャガイモのスープ」を作ってみたいと思っていたので挑戦することにしました。冷たく冷やすのに時間がかかるので、前の日の金曜日にスープを作り、冷やしておこうという作戦です。いつものように先ず包丁を研いだ。
スープ2
材料はタマネギ、ネギ、ジャガイモ、牛乳、スープの素だ。
ネギは薄く切りました。タマネギも薄切りにしました。ジャガイモは1センチ角くらいのうす切りにしました。
スープ3
深い鍋にバターを大さじ1杯を取り、ナギとタマネギを中火で色がつかないように、じっくりと炒めました。タマネギがしんなりしてきたら、小麦粉を大さじ1杯入れてよく合わせ、そこへジャガイモを入れて、さっと炒めました。それの水をカップ4杯と固形スープを2個入れて、はじめ強火で、煮立ったら弱火に落として、野菜が柔らかくなるまで煮ました。
スープ4
野菜が煮えたところで牛乳カップ2杯を加え、ちょっと煮て、最後に塩を加えて出来上がりです。これを冷蔵庫で冷やしました。18日(土曜日)その冷えたスープをガラスの器に盛りました。
スープ5
Bettyさんの評価もJAMESの感想も似たようなものでした。なんとか食べられるものの、期待してたほどおいしくありませんでした。クリーミーなスープを想像していたのですが、具の形はしっかりと残っていました。まあ暑いとき冷たいスープはいいものだなとは思いました。また別のレシピを探して挑戦します。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

久しぶりに「サケのムニエル」を作る

サケのムニエル
今日は夕飯にサケのムニエルを作った。今日は夕飯時にBettyさんが「暑気払い」という飲み会にお出かけなのでJAMESが夕飯を作ることになった。「サケのムニエル」はもう何回も作っているので、新聞の切り抜きのレシピを見なくても作れるようになった。生サケに塩。コショウをふる。生サケの時はかなりしっかりとふらないと味がしない。これを小麦粉にまぶす。JAMESは魚臭い匂いは苦手なので手で持ってまぶすようなことは絶対にやらない。バットに置いたサケに小麦粉をふりかけ、後はスプーンですくってはかえるという作業を繰り返して、小麦粉にまぶす。次は油で揚げる。オリーブオイルのバターを入れるのがこつ。バターの風味が魚の匂いを消してくれる。もうひとつのこつは弱火で時間をかけてじっくりと揚げることだ。皮の法から揚げていく。油は鍋の底にうすくある程度の少ない量で十分だ。それをスプーンですくってはサケにかけてやる。こうして狐色になるまで揚げる。サケがこんなにおいしい魚だったかなと思うほどおいしくできる。残った油で付け合せのシメジを炒めた。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ペチュニアの苗の生育が早い。

ペチュニア苗
ポット上げしたばかりなのに、ペチュニアの苗がぐんぐん大きく育っている。もうすぐでポット一杯になりそうだ。もうウォールバスケットに定植してもよさそうに思う。Bettyさんも「定植してはどうですか」と言っている。もう梅雨明けになると思うので、梅雨明け宣言を聞いてから定植しようと思っている。茎が伸びた苗は1回目のピンチをした。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №89 「彼が二度愛したS」

彼が二度愛したS
ユアン・マクレガーは会計士。会社を訪問しては帳簿を点検して歩くのが仕事。あまり豊かではない。冒頭の数分間で彼の仕事振りや彼の暮らし向きをわかるようにうまく説明している。それがこれから何が起こるのだろうかという期待を持たせており、導入部分はなかなかうまい。その孤独な彼に弁護士と名乗るヒュー・ジャックマンが近寄ってくる。このヒュー・ジャックマンがいい。そして彼はランチを共にしたとき、故意に携帯を取り違える。ここから物語りは動き出す。この携帯に「今晩お暇?」という電話がかかってくる。秘密のクラブからのお誘いだ。孤独なユアン・マクレガーはこのクラブで積極的に女性たちと逢瀬を重ねる。その女性たちの一人と恋に落ちる。これが2番目のポイント。ここでヒュージャックマンが再び登場して、恋人を人質にしてある脅迫をする。言うことを聞かなければ恋人を殺すぞという。そこでいよいとクライマックス。サスペンスものなのでここまでしか語ることはできないが、なかなかおもしろく観ることができた。最後がハッピーエンドなのもいいですね。
評価★★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


富士山で落石

落石


キャンピングカー
富士山で落石事故があった。富士山には2006年に9月に3回も登ったことがあるので、とても他人事とは思えない。このニュースを買い物で出かけた静岡伊勢丹のテレビで見た。キャンピングカーを落石が直撃と聞いたとき、「もしかして友達のRobertでは?」と一瞬思った。冷静に考えれば事故が起きた13日は月曜日で平日なので彼はまだ現役で働いているのだから事故に遭遇することはないと思った。何故そう感じたかと言えば友達のRobertは今年すばらしく立派なキャンピングカーを購入しているからだ。JAMESは彼の家の駐車場に留めてあったキャンピングカーの後姿を見ただけだが、かなり大きな車だった。
こういう事故が起きる確率はそんなに大きくは無い。さらにその石が車に直撃する確率は限りなく零に近いはずだ。それなのに起こり、人が亡くなった。こういう理不尽なことで命を落とすということは本当に納得いかないことだ。偶然にも亡くなった方の年齢がちょうどJAMESと同じなので、特にそう感じる。夏の登山の最盛期にこの事故が起きなかったことが不幸中の幸いなのかもしれないと思った。今年は9月に高度順応のため4回富士山に登る予定がある。慎重に心して登りたいと思う。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES テニスの出かける

東海地方はまだ梅雨明け宣言が出ていないが、今日の空は紛いもなく夏空だった。JAMESはどちらかと言うと夏が好きだ。
夏空
この青い空を見ていると山に登りたくなる。でも今日はテニスに出かけた。この暑さでは何人コートにいるだろうかと思いながら自転車を走らせた。
自転車
いつもBettyさんと一緒なのでおんぼろマークⅡで出かける。でも今日はBettyさんが車で出かけたのでJAMESは自転車で行った。歩いても行ける距離なので、自転車では汗をかく間もなく着いてしまった。予想通りコートには人影はなく、3人がテントの下で陽を避けていた。JAMESが現れたので4人となりゲームを始めた。日差しも強いが、今日の強風にはまいった。風でボールは流れるは、急に止まるはで思うようにプレーができなかった。でも上手な人はどんなときでも上手ですね。今日の結果は2-6 6-1 4-6 でした。勝つ試合もあったし、ゲームが成り立つプレーができたのでよかった。エースでポイントを取ることも何回かあったのでかなり満足できる結果でした。凡ミスは相変わらず多い。これをなんとか半分くらいにしたいものだ。テニスコートの上には雲ひとつ無い紺碧の空が広がっていた、近くの山の竹が風に揺れて波のようにうねっていた。今日は本当に暑い一日でした。夕方4時を過ぎると風が収まった。その頃になるとようやくプレーする人が10人ほどになった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日の収穫

今日の収穫
庭で夕方草取りをしていたBettyさんにJAMESが「キュウリがいっぱいなっていますよ」と言ったら、「今日は使うあてがないので、明日収穫します」と言っていた。その直後勝手口からこの籠を抱えて入ってきた。彼女曰く「畑に行ったらこんなになっていたので収穫しないわけにいかなくなってしまったの」
今日はキュウリは10本の収穫。全部で122本になった。今年の品種は大きく成長しても中の種が大きくなることがなく、大きさの割には柔らかいそうだ。でもキュウリの葉が大分病気になってきた。梅雨が終わったがどこまで持つかという感じでである。病気になった葉はどんどん取っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

トマト またカラスのやられる。

「またカラスに赤くなったトマトを食べれてしまいましたよ」とBettyさんから朝話があった。トマトを収穫しようと思った矢先に食べられてしまったようだ。Bettyさんの口調に悔しさが少し滲んでいた。カラスが食べたトマトは2,3個ではないかと推定している。カラスはちゃんと皮は残して見だけを食べていた。なんとお行儀のよいカラスだ。人間が畑でトマトを食べるときは丸かじりですよね。でもカラスは皮を残すのです。カラスはJAMESが考えるより賢いようだ。周りを囲んでおけば、自分から囲いの中に入ることは」しないだろうと読んでいたのだが。なので夕方また囲いを補強した。全部囲んでしまったのだ。
カラスよけ4
、まだ地面との間が20センチほど開いている。ここから歩いてならカラスは進入が可能だ。でもカラスにも恐怖感があるだろからここからは侵入しないだろうと読んでいるのだが、今度はどうだろうか。楽しみでもある。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

麻生総理大臣 ついに解散を決意

自民党
麻生総理大臣がついに解散を決意し、予告をした。1週間の猶予を置いて7月21日に解散するという。この決断はもしかすると麻生さんがした最初で最後の決定的な決断になったのではないだろう。1週間の猶予を置くことで公明党にも配慮し、しかも党内にある麻生おろしを封じこめようというなかなか高度なテクニックを駆使したように感じた。ただ麻生さんの思惑のように「麻生おろし」の風が収まるか疑問だ。今日は古賀選挙対策委員長が辞任した。これでどうやって自民党は選挙を戦うのだ。組織として体をなしていないように感じる。うまくいっているときは隠れていた自民党の弱さがついに露呈してしまったのだ。写真の中川元幹事長の発言の意味も理解しがたい。「自民党は人心の一新が必要だ」とは麻生さんい辞めると迫ったということだろうか。東京都議会選挙の責任を総理大臣がとる必要なないだろう。総括も自民党の東京支部がすべきであって、自民党本部がする必要はないように思う。それぞれが言いたいことを言うのが開かれた政党ということなのか。民主党はこんなことに惑わされることなく政策をしっかりと立ててほしい。実現可能でしかも今の問題を少しでも解決できる政策を具体的に考えてほしい。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

カサブランカが全部開花しました。

カサブランカ3
4つあった蕾が全部開花しました。鉢を動かしてバックが暗くなるようにして撮影したら、こんなにきれいな写真となりました。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム