たぬき座上映記録 №128 「ロボコン」

nagasawa.jpg
この映画は長澤まさみを見る映画ですね。青春映画ですが安易な恋愛ものにしなかったところがいいですね。彼女は今はあまり評判がよくないようですが、この映画では輝いており、映画スター候補だなと思いました。ラーメンを食べながら「今日がずっと続くといいな」という台詞が、短い青春時代への思いを端的に表現していた。この映画は長澤まさみの青春とも重なっていたであろう。彼女が生涯にあの時期にしか演じることのできない少女を演じていたのだ。これは「がんばっていきましょい」の田中麗奈とも重なる。あの映画も青春の1ページを鮮やかに切り取っていた。夏の合宿での浜辺での花火のシーンが印象的だった。青春時代はあの花火のように1瞬だと言いたかったのだろう。ロボコンのいいところは知的なことに一生懸命な若者を描いているところだ。ただ映画の組み立てとしては平凡かな。予想通りにことが運んでいる。JAMESはこの手の青春ものが大好きなのだ。
評価★★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

たぬき座上映記録 №127 「ある公爵夫人の生涯」

ある公爵夫人の生涯
公爵はレイフ・ファインズ。公爵夫人はキーラ・ナイトレイ。時代は18世紀後半のイギリス。公爵は若くて美人で財産家の娘キーラ・ナイトレイと結婚する。公爵が望むことは早く世継ぎとなる男の子の誕生である。しかしなかなか男の子は生まれない。そういう男爵に男爵夫人であるキーラ・ナイトレイは愛情を抱くことができない。まあそいういうお話ですが、豪華な衣装を着て、広々とした庭園のある宮殿が舞台ですから、見ていて楽しい。昔の貴族の夫婦関係は今の一般的な夫婦関係とは違っていたはずだと思う。そういう環境で育った公爵夫人が夫に愛を求めるのは無理ではないかと思う。またこういう映画を観ていつも思うことは貴族の女性がしっかりとした自己があり、哲学を持っており、強く生きていることにびっくりする。彼女たちはどのような機会にそのような力を身につけたのであろうか。最後は夫婦は和解をし、幸せに暮らしましたとさと落ち着くのです。男女とも被っていたのがカツラとわかるシーンがあり、これはびっくり。女性までがカツラを被っていたとはしりませんでした。
評価★★


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


チャーハンと野菜スープをつくる。

チャーハンとスープ
お昼にチャーハンと春雨入り野菜スープを作りました。チャーハンは3回目なので、手順よく作ることができました。問題はご飯の量です。見ての通り2人前は優にありますね。冷蔵庫にあったご飯を全部処理してしまいたいという気持ちが強く、つい全部のご飯を使ったところこの量になってしまったのです。なんとか食べることはできましたが、お腹が一杯で夕飯が食べられなくなるほどでした。tチャーハンは3回目なので一工夫しようと思い、セロリを加えたのですが、食べてはどこにセロリが入っているのかまったくわかりませんでした。どうしてだろうと不思議に思っています。スープは簡単な割にはおいしかったので、これはJAMESのレパートリーに加わりそうです。午後はのんびりするつもりでしたが、腹ごなしをしなくてはと庭に出て、公孫樹の落ち葉を掃いたり、木々の剪定に精をだしました。ありがたいことに庭仕事は1年中毎日のように仕事があるのです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


シロシキブも実が鈴なりです。

ムサキシキブ白
シロシキブも実が鈴なりです。白は白でも鮮やかな白です。いくつか団子状に固まってついているのが特徴です。ということは花もそのように咲いていたはずですね。でも見た記憶がまったくありません。来年の春にはしっかりと見たいと思います。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コムラサキに実がたくさんなりました。

ムラサキシキブ2
コムラサキの実が鈴なりです。紫色が鮮やかです。ムラサキシキブと間違えられて呼ばれることが多いようですが、この実の色が誤解を呼んでいるのでしょう。今日はこのコムラサキの近くにあるハギとパイナップルセイジの剪定をしました。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


バラを飾る。

「家の中に花を飾る」第2弾で今日はバラを飾った。
バラ1
これはシャルロット・オースティンという品種。蕾が大きいので全部開いたらそれは見事だろうと期待している。

バラ2

バラ4

ムラサキシキブ紫

説明は必要ありませんね。写真を見てください。
家の中は花だらけという状態です。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


魚介のチゲをつくる。

チゲ
チゲとは韓国の鍋料理のことだそうです。朝日新聞の「おかず100選」で紹介されていたので挑戦してみました。先ず鍋でニンニク、ショウガ、ネギをみじん切りにしたものを弱火で、香りがでるまで炒めました。これに鶏ガラスープを加えて煮立て、これにコチュジャンと日本の味噌を加えます。さらに醤油も少し加えます。これでスープができます。これに白菜、ネギ、シメジ、豆腐、タラ、カキを加えました。初めて食べましたが、これがすばらしくおいしかった。辛いには辛いのですが、心地よい辛さで、食欲がすごく増進しました。かなりたくさんの具を用意したのですが、全部平らげてしまいました。カキやタラの生臭さが完全に消えており、おいしくいただきました。鍋のレパートリーは広がりました。肉でやったらもっとおいしいだろうと思いました。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

家の中に花を飾る。

庭で咲いている花をできるだけ家の中にも飾るようにしている。せっかく咲いた花も庭だとよく見ないで終わってしまうこともあるし、家の中が明るくなるかなと思っている。
部屋に花を1
ベゴニアです。避寒も兼ねて家の中に置きました。部屋の中がパッと本当に明るくなりました。
部屋に花を2
洗面所にはサザンカを挿してみました。

部屋に花を3
キッチンにはペチュニアです。ペチュニアもこうして挿すと驚くほど長く咲いています。ペチュニアは切花にも使えるなと思いました。

部屋に花を4
居間のテーブルにはペチュニアを鉢ごと置いてみました。これは女王様のように威張って咲いています。

部屋に花を5
今にはもうひとつ赤いベゴニアを置きました。これもまた存在感のある花です。

部屋に花を6
玄関先にはペチュニアを置きました。これはこれから花がたくさん咲くでしょう。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES うどんをつくる。

うどん
母がお昼にうどんを食べたいと言い出した。うどんは作ったことがないので、これは困ったと思った。困ったときはすぐにネットです。「讃岐うどんのつくり方」というレシピが見つかった。先ずだし汁を作った。500ccの水に和風だしを一袋入れて、3~5分煮出した。それに調味料(酒、みりん、醤油)を加えた。レシピ通りだと少し味が薄いかなと思ったので醤油を少し加えた。これに薄めて使う市販のつゆ「つゆ名人」を加えた。だし汁を強火にかけこれに冷凍讃岐うどんを加えた。再び煮立てて火を弱め、2~3分煮てからどんぶりに移した。だし汁に切ったネギを入れ、しんなりしてからどんぶりのうどんの上にのせた。母が京都から通信販売で購入した味付きの油揚げをだし汁の中に入れた。そして熱々にしただし汁をどんぶりに注いでできあがりとなった。これが「おいしい おいいしい」と言われ、作ったJAMESは少しびっくり。レシピよりJAMESの舌を信じて作ったのがよかったかな。これでうどんはいつでもできるぞ。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

テニス 2勝2敗

今日も小春日和。午後うきうきとテニスに出かけた。最初は女性に混じってゲームをした。これは6-1で快勝。次に男性ダブルスを3試合やった。1-6 3-6 6-5という結果。最後の試合はシーソーゲームで取ったり取られたりという試合展開であったが、最後は6-5で勝利なので楽しかった。この試合の1ゲーム目はJAMESのサービスゲームでこれをラブゲームでキープしたのです。エースを2本。ショートクロスとストレートを抜いたのがよかった。相手の上手な人に「右に左にスーパーショットでしたね」と言われたのです。結果としてはこのゲームをキープできたのが勝因だとJAMESは思っている。後よかったのは、相手に前に短いボールを出されては、取れずにいた。これを何回もやられたので少し考えた。後ろに居すぎるのだ。アプローチを打ったらできるだけ出ようと考え、これで相手をボレーで左右に走らせ、最後は決めることができた。試合中に修正することができたのだ。これは少し進歩した証拠かな。でもまだまだなのだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

赤いオキザリス

オキザリス1
今門柱の上の一番いい席、そこに飾られているのは赤いオキザリスです。花は小さいですが写真のようにたくさん咲くときれいです。この花の世話はBettyさんの担当です。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ビオラがかわいい。

ようやくビオラがかわいくなってきた。うれしいことだ。
ビオラ3

ビオラ1

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

トマトと卵の炒め物

JAMESは毎日お昼はパンを食べる。そこでパンの相手になる簡単でおいしいものはないかとネットで探したら、「トマトと卵の炒め物」というレシピが見つかった。材料はトマト 卵 ネギだけである。トマトとネギを切り、先ずこの二つをさっと炒めます。これに調味料で味をつけた卵を溶きほぐして、トマトの上にかけて半熟状態になるまで炒める。というものです。
トマトと」卵
かきまわし過ぎて、スープのようになってしまいました。それは失敗ですが味はとてもよかった。トマトの酸味がおいしかった。これはまた挑戦してみようと思った。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

湯豆腐に干物を焼く。

湯豆腐

干物
湯豆腐に干物を焼くというメニューになったが、これは料理といえるのだろうか。湯豆腐の薬味はちゃんと用意をし、ダイコンがいつぱいあるので干物をダイコンおろしをつけて食べたらおいしいかなと思って、ダイコンおろしを用意してみた。
変なところにこるというJAMESの性格がでているなと思った。料理は今のところおもしろい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ダイコンの葉のおかかふりかけ

ダイコン2
ミニダイコンがそれなりに大きくなってきた。大根の部分は主に味噌汁の具にしている。葉の部分は先日はゴマ和えにしてみた。他に料理方法はないかとネットで探してみたら、「大根の葉のおかかふりかえ」というレシピがみつかった。
  1 大根の葉を細かく刻む。
  2 フライパンにサラダ油を入れて、ダイコンの葉を炒める。
  3 しんなりしてきたら、みりん、醤油、砂糖、かつおぶしを入れ、
    汁気がなくなるまで炒める。
という簡単なものだったので、挑戦してみた。
ダイコンのふりかけ
250gのダイコンの葉をフライパンに入れたら、こんなすごい量になった。これでは鶏の夕ご飯ではないかと思うほどの量であった。炒めるうちに大分少なくはなった。できはあまりおいしくなかった。レシピにはないニンニクを入れてみたのfだが、ニンニクの味はあまりしなかった。でもご飯にかけて食べるとなんとか食べることができた。まだたくさんあるのだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

公孫樹の紅葉

今日は11月だというのにポカポカ陽気だった。まさしく「小春日和」だった。青空に金色の公孫樹がまぶしかった。公孫樹の葉が散り始めたもで紅葉も最終段階というところかな。
公孫樹の紅葉1
近所のKさん宅の公孫樹も山をバックにうつくしい。
片山さんちの公孫樹


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

デジタル フォトフレーム

デジタルフォトフレーム
ソニー製のデジタル フォト フレームが昨日東京にいる息子夫婦から送られてきた。Bettyさんの誕生日プレゼントである。中には可愛い孫たちの写真が入っていたので、3人で2回も見てしまった。今は時計となってBettyさんの机の上に置かれている。デジタルカメラの写真を簡単に見ることができ、壁に下げて掲示することもできるので、なかなかの優れものであると思った。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES久しぶりに夕食をつくる。

今日は本当に久しぶりに夕食を作った。メニューはダイコンの葉のゴマ和え。えのきご飯と三つ葉と豚肉の味噌汁というメニュー。
ダイコン
ミニダイコンがこんなに大きくなった。ダイコンは明日の味噌汁の具に使い、葉は何かに使えないかと本を見ていたら、これで「ゴマ和え」ができるというので挑戦してみた。作り方は簡単だった。ダイコンの葉を軟らかくなるまでしっかりと煮る。そしてみじん切りにする。それに調味料で味をつけたすりゴマをかければでき上がりである。母がおいしいおいしいと言って食べたので、まあ及第点はもらえたかな。
ゴマ和え
残念ながら写真がピんぼけでした。しめじご飯と三つ葉と豚肉の味噌汁は「ケンタロウの和食」という本のレシピで作りました。この本では確かに簡単に作れる方法が紹介してある。それはそれなりに魅力的なのですが、JAMESは手間をかけた料理はおいしいという変な考えを持っているし、数すくないJAMESの経験でも実際にそうだったので、「ムズカシイことぬき」というこの本は注意して読まなければと思っている。今日作った「三つ葉と豚肉の味噌汁」でも本のレシピではだしは何も入れずに豚肉だけを入れるようになっていたが、JAMAESはいつもやるように煮干のだしを入れて、その上に豚肉を入れたのだ。味を見るのが上手な母は「これはおいしい」と一口飲んだだけで反応した。しめじご飯に対する反応は「知らない人にあったようだ」という感想であった。つまりおいしくなかったということですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES 昼食をつくる。

今日はBettyさんが会合でお出かけなので、昼食をJAMESが作った。
野菜スープ
これは具沢山の野菜スープ。トマトが入っているのが特徴。
ダイコンサラダ
これはダイコンと赤カブと抜き菜とツナの辛子マヨネーズ和えのサラダです。本当のレシピはダイコンとカイワレダイコンとホタテを使うサラダなのですが、今日はカイワレダイコンがなかったので、赤カブと抜き菜を使ってみました。10月中旬に種を蒔いた菜っ葉類がどんどん芽をだしています。その間引いた小さな芽を抜き菜として食べています。彩りも鮮やかになり、おいしそうに見えました。Bettyさんには「おいしいし、とても丁寧に調理してありますね」とほめられましたが、すぐその後に「こんなに丁寧につくらなくてもいいのに」とも言われてしまいました。Bettyさんの批評はいつも辛口です。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

映画史上のベストテン

映画専門誌「キネマ旬報」が映画史上のベストテンを発表したというニュースが朝日新聞に小さな記事で掲載された。日本映画のベストテンはつぎのようなものだった。
   1位  東京物語
   2位  七人の侍
   3位  浮雲
   4位  幕末太陽伝
   5位  仁義なき戦い
   6位  二十四の瞳
   7位  羅生門
   7位  丹下左膳余話 百万両の壷
   7位  太陽を盗んだ男
  10位  家族ゲーム
  10位  野良犬
  10位  台風クラブ
1位が「東京物語」とは以外ですね。今まではこういう調査では間違いなく「七人の侍」が1位でしたからね。JAMESも両方とも数回観ているが、比べればやっぱり「七人の侍」の方が上だと思うのですがね。黒澤明はベストテンの中に3本がランクインだから名監督と言われるはずですね。大好きな「二十四の瞳」が評価されているのはうれしい。この映画のDVDが発売されるとすぐに購入したのですが、音の悪さに2度と見る気がしなくなりました。日本映画の保存状態がよくないことがはっきりわかりました。アメリカ映画は昔のものでも画面も音もとてもしっかりしている。映画は文化財なのだからしっかりと保存しておいてほしいものですね。
外国映画のベストテンは次のようなものでした。
  1位   ゴッドファーザー
  2位   タクシー・ドライバー
  3位   ウエスト・サイド物語
  4位   第三の男
  5位   ワイルドバンチ
  5位   勝手にしやがれ
  7位   2001年宇宙の旅
  8位   ローマの休日
  8位   ブレードランナー
 10位   駅馬車
 10位   天井桟敷の人々
 10位   道
 10位   めまい
 10位   アラビアのロレンス
 10位   暗殺の森
 10位   地獄の黙示録
 10位   エル・スール
 10位   グラン・トリノ
10位がいくつもあるのはおもしろい。現代の作品「グラン・トリノ」がベストテン入りしているのにはびっくり。2位が「タクシー・ドライバー」というのも意外である。「ワイルドバンチ」が高く評価されているのはうれしい。大好きな西部劇だ。年老いたガンマンたちの哀愁が充満している映画だ。「めまい」はヒチコックの作品で、キム・ノバークが神秘的な美しさで話題になった作品だが、これほどまでに高く評価てされているのは少し理解できない。この手の話題はJAMESは大好きなので、本にまとめられたら是非購入して読みたいと思っている。誰がどんなコメントを寄せているか興味がある。

  
 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ベゴニアを部屋の中に入れた。

ベゴニア
ベゴニアを寒さを避けるために部屋の中に入れた。外でもきれいだなとは感じていたが、部屋の中に入れたらその堂々とした姿に、びっくりしてしまった。葉の緑も鮮やかで、外で見るよりも数倍豪華な感じがした。花が置く場所によってこんなにも感じが違うということを初めて感じた。これで春までベゴニアは咲き続けるだろう。全部で三つの鉢を部屋の中に移した。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ビオラのウォールバスケットがようやく見られるようになった。

買った苗がひどかった。Bettyさんには売れ残りを押し付けられたのではと言われ、近所の人にも「今年の苗は元気がありませんね。下を向いていますね」と言われたのです。このビオラの苗は「サカタのタネ」から買ったものです。
ビオラ1

ビオラ2
そのビオラがようやく見られるようになってきた。これからはもう少し株が大きくなっていくので、なんとかなるかなという感じになってきたので一安心である。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

マキの木の剪定

マキ3
ここ数年剪定をしないで伸び放題にしていたので、マキがこんなにも大きく伸びてしまった。こんなに不恰好になってしまったが、庭木では隠すわけにもいかない。ついに重い腰を上げて、剪定することにした。
マキ1
梯子がようやく届くくらい大きいので、高いところが苦手なJAMESはおっかなびっくり、木にしがみつきながらの作業であった。
マキ2
木が大きくなったのでちょっと剪定しただけで、こんなに剪定ゴミがたまった。今日は1時間ほどしかできなかっので、下の方の2、3本を選定しただけで終わってしまった。明日はもう少し頑張ろうと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

温州ミカン

温州ミカン
JAMAESが住んでいる町は温州ミカンの産地である。近くの山のミカンの木もたくさんの実をつけている。今年はミカンの相場は高いのだろうか、気になるところです。友達でミカン農家の人もいるので。昭和30年代後半JAMESが今住んでいる町はミカン景気に沸いていたそうだ。今頃になると新潟県などから援農と言って、ミカンの収穫を手伝う人たちが大勢やってきたそうだ。その頃のミカンの価格は今では考えられないほど高く、ミカンを入れるコンテナー1個でその当時のサラリーマンの1ケ月の給料ほどであったと聞いたことがある。JAMESが住んでいる所から車で30分ほど山間に入ったところにはその当時ミカン御殿と言われた家が今も残っている。当時ミカン農家は家族にミカンを食べさせなかったそうだ。食べさせるより売りたかったのだ。奥の部落ではタクシーでお寿司の出前を取ったという話も聞いたことがある。あるミカン農家のご主人は愛人を連れて日光見物にタクシーで行ったという話しが伝説のようになって残っている。車がまだそんなに普及していなかった時代の話だ。そのミカン景気も40年代に入るとあっと言う間に終わってしまったという。全国のあちこちでミカンが作られ、価格が暴落し半分になってしまったのだという。それ以来ミカンは採算がとれるか取れないかという価格で推移しているようだ。そのせいもあってか放置されているミカン畑も多い。こうして山も荒れていくのだ。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

秋バラが美しい。

秋ばら8
ザンガーハウザー ユビレウムス ローゼがこんなに大きく花開いた。

秋バラ7
「るる」と「ザンガー ハウザー ユウビレウムスローゼ」の競演です。残りの蕾も開花するのでしょうか。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



市民テニス場まで自転車で出かけた。

自転車
今日は12時から市民テニス場で僕が所属しているテニスクラブの練習があった。土曜日はBettyさんが車を使って出かけるので、JAMESは自転車で出かけた。今月は当番なので練習ボールや試合球を運ばなくてはならない。JAMESはそれをテニス用のザックに入れて背負った。結構な重さがあった。JAMESの家からテニス場までは車なら15分程でいくが、自転車だと30分から40分はかかる。しかも途中には坂があるのだ。
トンネル
ちょうど中間あたりにトンネルがある。このトンネルの両側が坂になっている。自転車ツーリングで坂に慣れたせいか、少し息がハアハアするがそんなに苦労しないで登れるようになった。トンネルの中ではサングラスをはずす。しているとこわいくらいに暗くなるからだ。トンネルの中には幅が2メートルほどの自転車道があり、安全に通行できるのがうれしい。テニスの調子はいまひとつだったが、2勝した。逆転で勝ったのもあった。これは強い人と組んだからだ。このクラブでの練習はしばらくお休みとなったので、自転車でテニス場にいくことはもうないかもしれない。季節がよいときはけっこう楽しいサイクリングとなる。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



避寒するペチュニア

避寒するペチュニア1
ペチュニアの中で特に元気がいいものを2階のJAMESの部屋に避寒させた。2階のJAMESの部屋は南向きで日当りがよく、昼間は大層暖かい。このところ急に寒くなってきたので、Bettyさんと意見がぴったりと合って、ペチュニアを2階に上げた。
避寒するペチュニア2
この鉢などはピンチもうまくいっているので、花芽がたくさんついている。あとは上手に全部咲かせることができるかどうかが勝負となる。100均で鉢を置く皿をもっと購入してたくさんの鉢を室内で管理したくなった。特にベゴニアが霜にやられる前に室内に入れてやりたいなと思っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



たぬき座上映記録 №126 「ラブ・ダイアリーズ」

ラブ・ダイアリーズ
父親が娘に自分の恋愛遍歴を語るというお話。彼は過去に3人の女性とつきあっていた。恋愛至上主義のアメリカでは恋愛するのは自由なのにすごく苦労している様子がわかり、アメリカ人も結婚するのは大変なんだなと思った。日本でも非婚の男性が増えているという。そしてそんなに苦労して結婚したのに映画の主人公は離婚していた。主人公のウィルを演じるライアン・レイノルズが真面目な青年なのに恋愛は必ずしも順調にはいかないのだ。もうひとつおもしろかったのは、彼が仕事にしていたのはあのクリントン大統領の選挙運動員なのだ。彼らがどのように選挙運動を展開するかが具体的にわかった。そしてその選挙運動で自分を売り込み、自分の仕事を開拓していく。それを目的にしながらクリントンを応援しているという感じだ。日本の選挙では考えられないことだ。
評価★★


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №125 「奇術師 フーディーニー」

奇術師2
キャサリン・ゼダ・ジョンーズを観て楽しむ映画。キャサリン・ゼダ・ジョーンズは娘と組んで、芝居小屋でインチキな霊媒師をやって日銭を稼いでいる。そこに有名な奇術師フーディーニーがやってくる。彼の母親が書き残した遺書の内容を当てたなら賞金をだそうと言うのだ。親子は挑戦する。高名な奇術師を相手に何をやろうというのだろうか。まあそれはさておいて、イギルス人のキャサリン・ゼダ・ジョーンズは貧しい暮らしをしているのにも関わらず、上品だし、観ていて楽しい。画面も19世紀らしい雰囲気にあふれており、セピアがかった暗い画面が奇術や霊媒ということを話題にするのにふさわしい。今のように明るくて皺の1本1本まで見えてしまうような画面では霊媒などはやりたくてもやれないと思う。暗いということは総てをみせていないので神秘的な雰囲気を醸し出すのだ。今は総てが明るくなり、失われたものもたくさんありそうですね。
評価★★


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №124 「七つの贈り物」

七つの贈り物
主演はウイル・スミス。冒頭警察に今から自殺をしますという電話をかけるところから映画は始まる。税務調査官になりすまして、いろんな人に会いにいくのもウイル・スミス。彼が何を考えているのか最初のうちはまったくわからない。その謎解きで観る人をひっぱっていく。でも後半になるとそれがはっきり見えてくるあたりから、この映画はおもしろくなくなっていく。あまりにも無理に感動させようとしているため、それが逆効果になってしまったと思った。演じているウイル・スミスもおもしろくない映画だとおもったのではないだろうか。
評価★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム