クリスマスツリーを飾る。

世間ではクリスマスが終わり、ツリーを片付けるというのに、JAMESはクリスマスツリーを飾った。
クリスマスツリー
例年孫たちの帰省に合わせて飾っている。今年はどうしようかと迷ったが、ツリーがないとプレゼントの置き場所に困るなとということで今年もまた飾ることにした。クリスマスオーナメントのほとんどは息子たちが子どものときのものを使っている。そこに今年新しいオーナメントが加わった。
クリスマスオーナメント
Bettyさんのお友達がロスから買ってきたものです。雪だるまらしいが鼻に特徴がある。ニンジンをつけたのだろうか。おもしろい色をしている。初めてみたオーナメントだ。
ツリーの下にプレゼントを置いた。
プレゼント
孫たちが気にいってくれるといいのですが。
これで孫を迎える準備がようやく整いました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

ラナンキュラスの球根

ラナンキュラスの球根
ラナンキュラスの球根が水を含んでこんなに大きくなりました。今のところ1日おきにキッチンペーパーの上から霧吹きで霧を吹きかけています。表面が乾いてしまうのを防ぐためです。写真の球根は買ったものではなくJAMESのうちで掘り上げたものです。この様子だとしっかりとした芽がでてきそうです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

12月21日はテニス記念日。

今日今年最後のテニスをやってきました。今日の結果は2-6 6-0 6-4でした。最後のゲームはかなり強いペアが相手でしたが勝利しました。今週は21日(月曜日) 24日(木曜日) 25日(金曜日)と三日間テニスをしました。21日に起きたことは生涯忘れることができないほどのできごとでした。この日JAMESはやるプレーがみんな成功し、みんなに「JAMES一人にやられたね」と言わしめるようなプレーができたのです。まあこの褒め言葉の裏には「いつもは大したことが
ないのに」という言葉が隠されているのですが。本当にいつもはできないようなプレーがこの日は次々にできたのです。この日3試合やり全部接戦の末に負けているのですが、JAMESのプレーはすごかった。自分で言うのも変ですが。いつもならこのプレーがすごかったと言うことができるのですが、覚え切れないくらいいいプレーが続いたのです。これには僕自身がびっくりしています。人間の成長にはいろいろなパターンがある。身長の伸びのように連続して少しづつ成長するものもある。でもJAMESは精神的な成長などは階段を登るように一気に違うレベルに到達するというパターンの成長もあると信じていたが、自分自身のテニスのプレーでそういう成長が起きたことにびっくりしている。そして階段を登る型の成長があるという考え方に自信を深めた。プロ野球の選手が打撃で開眼をしたというコメントを述べることがある。JAMESのプレーもそれに近いのではと思っている。無意識に打ってもちゃんと相手のコートに入る。追い込まれて打ってもちゃんと返る。守備範囲も広くなった。昔なら取れなかったボールを取ることができる。立つ位置がよくなった。流れの中で次はここにボールがきそうだなということがわかるようになってきた。まだまだ下手くそで、何でもないボールをミスするのは相変わらずだ。24日には男子ダブルスでかなり強いペアを6-5で破った。男子ダブルスでの勝利はJAMESが力をつけてきていることの証だと思っている。今日もかなり強いペアを6-4で負かした。これでしばらくテニスはお休みだ。来年JAMESのテニスはどうなるか楽しみだ。去年の12月からテニスのレッスンを受けている。この効果が1年経って出たのだ。1年間もかかったのだ。60を過ぎても成長できることを体験し、生涯学習とはよく言ったものだとこの言葉を考え出した人はすごいと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日はクリスマス。

ミラベル
今日はクリスマス。クリスマスと言っても特に何かが起こるわけでもない。アメリカ映画ではクリスマスに始まり、クリスマスに終わる映画が多い。それだけアメリカではクリスマスにはドラマが起きるということだろう。クリスマス気分を味わいたいと思い、クリスマスケーキを我が町で一番おいしいと言われているお店に買いに出かけた。店の前の風景です。風船の雪達磨がお迎えしてくれました。Battyさんに言わせると「もう少し可愛いくつくれなかったの?」というできだそうです。お店の中に入ってびっくり。レジの前に行列ができていたのです。注文しておいた人が取りにきているのです。JAMESは注文してなかったので、「ありませんよ」と断られるかなと思っていたのですが、「このケーキならあります」との返事に、子どものようにうれしくなってしまいました。
クリスマスケーキ
夕食後3人で食べました。ヘレンドの紅茶茶碗を出し、JAMESが紅茶を入れました。子どもたちがまだ家にいた頃から紅茶やコーヒーを入れるのはJAMESの仕事と決まっていました。先ず半分に切り、その半分を3等分してそれを食べました。生クリームがおいしかった。甘さが控えられているのにもかかわらず甘いのです。スポンジが少し硬いというかボソボソしているところがあったのは、もう何日も前に作ってあったのだと思うので、それくらいは我慢しなくては。あとは本当においしかった。半分の3分の1を食べたところで、JAMESとBettyさんは顔を見合わせた。残ったケーキを見ながら。Bettyさんは「明日にとっておきましょう」と言う。JAMESも迷ったが「みんな食べてしまおう」と思わず言ってしまった。二人の意見が珍しく一致し、残りの半分を食べることになった。ケーキをあまり食べないJAMESとしては珍しいことであった。子どもたちがいなくなり、大人だけの生活となるとたががはずれたようになることがあるが、これもそのひとつだ。ケーキを食べ終わるとさすがにお腹が一杯になった。でもこれだけ食べてもいやな感じがしないケーキは我が町一番と言われるだけのことはありますねとBettyさんと話した。こういう食べ方を「昨夜の金持ち今朝の貧乏」とは言うようなことを子どもころ親たちから聞いた覚えがある。今日のケーキの食べ方はまさしくその通りの食べ方であった。でもおいしかったな。こういう生クリームのケーキをJAMESが口にするようになったのは何歳ぐらいからのことだろうか。中学生のころはバタークリームのケーキだった。たくさん食べると胸が気持ち悪くなったことを覚えている。生クリームケーキを初めて食べたときは、世の中にこんなにおいしいものがあるかというくらい感激したはずだから、食べた記憶がはっきりしないということはあまり食べなかったのではないかと思う。JAMESの子どもたちは生まれたときから生クリームケーキを食べている。我々は貧しい子ども時代を過ごしたのだ。食べている間、クルスマスソングのCDをBGMとしてかけた。「ホワイト クリスマス」で始まり、「きよし この夜」で終わる古典的なCDだったが、BettyさんとJAMESにはぴったりなCDであった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ペチュニアの日向ぼっこ

今日は風もなくとても暖かだったので、2階のベランダでペチュニアを日光浴させた。
避寒2
こちらの鉢は葉が勢いよく伸びている。でも花の数は少ない。JAMESはこの伸びた枝の先に花が咲くのではないかと期待している。なのでピンチしないでいる。でも花が咲かないなら切り詰めたほうがいいのだろうかと迷ってもいる。
避寒1
こっちの3鉢はご覧の通り、真冬だというのにしっかりと花をつけている。家のあちこちでペチュニアの鉢が冬越しをしている。これらの鉢が4月になったら一斉に花をつけたらと思うと春が待ち遠しい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

赤カブの漬物

赤カブ
赤カブの漬物を友達からいただいた。歯ごたえがあって甘く過ぎず酸っぱ過ぎず、この漬物がすこぶるおいしい。漬物があまり好きでないJAMESでもおいしいと思う。漬物が大の好物である95歳の母は最上級の褒め言葉で「おいしい」と言っている。彼女が言うには「カブの味がしっかりとするところがすばらしい」と。Bettyさんも「おいしい」を連発しながら、ポリポリっと食べている。赤カブが名物として有名な観光地は飛騨高山ですよね。友達はその近くの出身なのです。故郷の食べ物は忘れることができないのでしょうね。聞いたところによると赤カブの種を取り寄せ、自分の畑で栽培して、それを漬物にしたというのですから、ものすごい思いと手数がかかっているのです。だからこの上もなくおいしいのでしょう。しばらくJAMESの家の食事を豊かなものにしてくれます。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

初めてちらし寿司とかき玉汁を作った。

ちらし寿司
Bettyさんが夕食にちらし寿司を食べたいというので、JAMAESが挑戦することになった。ちらし寿司は作ったことがないので、また「任天堂DS お料理ナビ」のお世話になった。人参 シイタケ ハスは細かく切った。JAMESは細かく切りすぎて失敗だった。特にハスなどはもう少し大きく切って、あのハス独特の食感が楽しめるようにしたほうがよかった。ハスなどの具を調味料で味付けをしただし汁の中で煮る。これを煮汁がなくなるまで煮詰める。この具を酢をまぶした酢飯に混ぜ合わせる。そして錦糸卵とお刺身とシソの葉でトッピングすればちらし寿司の出来上がりである。Bettyさんおつしゃるには「60点ですね」。これはあの鳩山総理大臣がもらったと同じ評価をいただいたのだから、最初にしてはできすぎですね。ちらい寿司にはすまし汁だろうと「かき玉汁」を作った。これは簡単だった。錦糸玉子もうまくできなかった。卵のかき混ぜ方が少なかったために玉子焼きがきれいな黄色にならなかった。これはBettyさんの指摘でわかった。初心者であるJAMESはBettyさんから学ぶことがたくさんある。料理はおもしろい。 あまり期間をおかずにまたつくりたいと思う。何回かつくらないと自分のものにはならない。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


朝のビオラ

朝のビオラ
今朝のビオラである。太陽が出る前のビオラはかわいそうにも寒さにやられて、ぐったりとしている。寒さに強いビオラでさえもこの有様だから、昨夜の寒さの厳しさが想像できる。バケツに貯めておいた水には薄い氷が張っていた。こんな哀れな姿をしていたビオラが、太陽の光を浴びると、生き生きとよみがえる。本当にビオラは寒さに強い。外に出しておいたベゴニアは、軒下に置いたものでも葉が全部腐ったような状態になってしまった。家の中のベゴニアとの違いに植物界にもこういう格差が存在している。格差社会は人間の世界だけの話ではなかった。元気のよいペチュニアの中で選ばれたものは部屋の中でぬくぬくと生活している。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴミの分別

不燃ゴミの分別は全国的に行われていて、今では珍しいことではないだろう。JAMESが住む町では可燃ゴミの分別も行われている。可燃ゴミの中でプラスチックで作られたものをプラごみと称して、毎週水曜日に回収している。
プラゴミ
このゴミ袋の中のものがJAMESのうちのプラごみである。これで1ケ月分である。今日は水曜日だったので、これをゴミ集積所まで運んだ。こうして分別してみるとプラごみが可燃ごみに占める割合が非常に大きいことがわかる。回収されたプラごみは火力発電所の燃料などに使われるそうだ。ゴミが資源になったのだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

柚子湯に入った。

今日は冬至である。冬至には柚子湯に入ると1年間風邪を引かないという。子どもたちが小さいときはやったものだが最近はあまりしたことがない。東の畑のそばで荷は柚子がたくさん実をつけている。
ゆづ1
この実で今日は柚子湯に入ろう。
柚子2
縁起がよいように7個の柚子を取った。それを横に半分に切って風呂に浮かべた。JAMESは夕方食事の前に風呂に入るのが習慣になっている。なので自分で柚子を入れて、柚子と一緒に暖まった。まあいい匂いはしたが、それだけだった。
柚子3
こんな風に浮いている様子はなかなかうつくしい。風呂の中に長く浸かっていると果汁が溶け込んで、効果がでるようになるのかもしれない。後から入った人の感想を聞きたいものだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ラナンキュラスの芽だしの準備をした。

ラナンキュラス1
ラナンキュラスの芽だしの準備をした。ラナンキュラスはそのまま植えるとすぐに腐って、発芽しないことがあるらしい。そこで球根が発芽してから植える。パーライトというあまり使うことにない園芸資材に水を軽く含ませてその上に球根を置く。
ラナ2
今年の春に花が咲いたあと、Bettyさんが保存しておいたものから球根を取り出して、それも植えてみることにした。JAMESはあまりこういうことはしない。同じ手数をかけて、発芽しなかったら困るので毎年球根を買っている。今年も買った球根もあるが、保存しておいたものもうまく発芽するか、試してみようと思ったのだ。
ラナ3
こんなにたくさんの球根がとれた。
ラナ4
球根の上にキッチンペーパーを置いて、霧吹きで十分に水を与えた。これを冷暗所に3週間ほど置くと球根が芽をだす。もちろん途中で霧吹きで水を与えていく。これから毎日これを見るのが楽しみだ。買った球根が40個あまり。これは確実に芽をだすだろう。あと60個ほどの掘り上げた球根が芽をだすかどうかだ。全部芽を出すと大変ことになる。100本の苗を植える鉢がないのだ。だから適当に芽を出してほしいと都合のよいことを考えている。春にはバラのような花をラナンキュラスはつける。今から楽しみだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

鯛焼きのデザート

鯛焼き
ここ2,3日夕食後のデザートに鯛焼きを食べている。話せば長い話になるが、テニスの仲間がご馳走してくださったのが始まりである。おいしい鯛焼きだったので、どこの鯛焼き屋さんと聞いたら、なんと餡子やさんが最近始めたのだと言う。そこで先日買い求めて、おやつに食べ、残りを冷凍しておいたのだ。1回目は失敗であった。電子レンジで暖めた時間が長すぎたのか、熱くはなったが乾燥してしまった。次は冷凍の中華饅頭を温めた経験が生きた。少し水をかけて、サンラップで包んで電子レンジで加熱した。お店から買ってきたばかりのようにふかふかの鯛焼きとなった。JAMESはお菓子では餡子ものに目がない。だから夕食後鯛焼きを食べるときは至福の時間である。おいしい鯛焼きと巡り合えてよかった。頭の先からシッポの先までしっかりと餡が入っている。さらにうれしいのは皮がうすく、ねちねちしていないところだ。暮れに来るThomasたちにも食べさせたいが、彼はあまり食べ物に興味がない。どんな反応を示すか楽しみだ。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES 中華饅頭を食べる。

中華饅頭
お昼にお歳暮にいただいた中華饅頭を食べた。冷凍されて送られてきたものを、指示された通りに解凍し、電子レンジで暖めた。先ず常温で解凍する。次に饅頭に水を少しかける。そしてサランラップで軽く包む。次に電子レンジで1分30秒加熱する。ものの見事にふっくらとしたふかしたばかりの饅頭に変身した。中まであつあつになった。中には野菜とエビなどが入っていた。あつあつなのでふうふうしながら食べた。おいしい中華饅頭であった。クール宅急便のおかげだなと思った。この饅頭だけではお腹がすくだろうと思ったので、牛乳とアンパンを食べた。こうしてとても変わった昼食となった。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

年賀状を出した。

年賀状
ようやく年賀状を印刷し、投函した。例年は山バージョンと花バージョンの2種類を作っていたが、今年は花バージョンだけとなった。昨夜印刷中にJAMESのプリンターが突然動かなくなった。故障のメツセージが出て、それによると修理に出さなければ駄目だということがわかった。そこでBettyさんのプリンターを借りることにして、それをつないだ。わかってはいるが、こういうときパソコン関係の機器は使えるようにするのに本当に面倒である。新しいプリンターのドライバーをインストールしなければ使うことができない。それがすんで印刷し始めたら、「インクが少なくなりました」の警告が出て、少しヒヤヒヤした。でもなんとか全部の年賀状を印刷することができた。あとは故障したプリンターをいつパソコン屋さんに持っていくかということ問題が残っている。プリンターは一応あるので来年にしようかと思っている。年賀状を投函するとホッとする。そして1年がおわったなと思う瞬間でもある。年齢を重ねたせいか年がおわるということに寂しさを感じることはあまりない。それよりも新しい年への期待の方が大きい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

白いバラ 食卓を飾る

白いバラ2
今食卓には白いバラが咲いている。Bettyさんが庭から採ってきて挿したものです。駐車場のすぐそばにあったのにJAMESはまったく気がつきませんでした。1日に何回となく通っていたのに。蕾の時から見ているので、蕾がだんだん開いていく様子を連続的に見ることができる。あの小さな蕾の中にこんなに大きな花びらが入っていたなんて信じられない。あと2,3日すれば大輪の白いバラとなるだろう。でも食堂は昼間暖かすぎるくらいだから花が長持ちしないかもしれません。バラをこうして切花として楽しむようになったのは最近のことです。切花として楽しむにはバラは最適な花ですねとBettyさんと話しています。家の中で咲かせると花が長く咲いているのもうれしいことです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ポテトサラダと大根の鶏そぼろあんかけをつくる。

大根
「今晩はケンタッキーフライドチキンが食べたいわ」とBettyさんが言うので、それではJAMESはポテトサラダを作りましょうということになった。
前に作ったことのある朝日新聞の「おかず100選」のレシピで作ることにした。失敗はタマネギをキュウリと一緒に塩水に漬けておかなければならないのに、タマネギを漬けるのを忘れてしまったので、タマネギが硬くそしてとても辛いままになってしまいました。まあなんとかできてよかった。北海道産のジャガイモはおいしかった。
もう一品「大根の鶏そぼろあんかけ」を作りました。
ポテトサラダ
これはBettyさんに大好評で「花丸ですね」と珍しく最大級のお褒めの言葉をいただきました。大根がJAMESが育てたミニ大根を使いました。2本の大根を輪切りにしてそれをだし汁の中でことことと軟らかくなるまで煮ました。軟らかくなったら、皿に大根を盛りました。残った汁に炒めた鶏肉のひき肉を入れ、水で溶いたカタクリ粉を入れました。これを大根にかければ出来上がりです。トッピングにはカイワレ大根とショウガを添えました。大根の味が生きていたと思いました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES ラーメンに挑戦

今日のお昼は何にしようかとBettyさんと話していたら、Bettyさんが「ラーメン」を食べたいと言い出した。ではJAMESが作ってあげようということになって、ラーメンをつくることになった。Bettyさんと一緒に山に登るときはいつも昼食はJAMESが作るというのが暗黙の約束になっていた。いつもJAMESがラーメンを作っていた。なのでラーメンなら簡単に作れるだろうと思ったが、念のため参考にと思って、愛用の任天堂DS「お料理ナビ」でラーメンを検索してみたら、「味噌ラーメン」というページがあった。のでそれを見てつくることにした。
ラーメン1
秋田比内地鶏ラーメンというのがおいしそうだったので買った。あと人参 もやし 白ネギ ニンニク ホウレンソウ 豚ヒキ肉が材料。これはお料理ナビを見てよかったと思った。具にこれだけのものを準備するとは考えたことがなかったからだ。山のラーメンではキャベツを入れるくらいだ。
ラーメン2
下ごしらえは人参を切る ホウレンソウをゆでる 白ネギをみじん切りにする ニンニクをみじん切りにする。これをガラスの容器に入れておいた。テレビの料理番組ではよくこうしているのでJAMESも真似をしてみた。
ラーメン3
次に具をフライパンで炒めた。やってみてわかったがヒキ肉でなくてもいいことがわかった。このレシピは味噌ラーメンなのでヒキ肉を使うようになっていたのだ。JAMESは味噌ラーメンは好きだがBettyさんは好きではない。そこで今日はラーメンの麺に付いてきた醤油味のスープを使った。食卓にBettyさんを待たせておいて、麺を一人分茹で、熱くしておいたスープを注ぎ、具を載せて、ゴマ油をたらして、出来上がりです。
ラーメン4
写真を撮るのを忘れて食べてしまったので、食べ残しのラーメンのようになってしまいましたが、これが本格的に作ったJAMAESの醤油ラーメンです。Bettyさんは大変美味しいと言ってくれました。これでラーメンの正しい作り方がわかりました。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最後のテニスレッスン

今日は今年最後のテニスレッスンがあった。今日はものすごく寒い日だったので、先ず動きの激しい練習から始まった。体を暖めようというわけだ。コーチはいろんなことを考えながらやっていることがわかる。最近のJAMESの試合の結果は2勝1敗 2勝2敗と好調なのは、このレッスンのおかげであると思っている。次に1分間ストロークを打つtという練習をやった。これもミスなくやり続けることはかなり難しい。でもJAMESはノーミスを目指していつもやっている。ボール出しをしてもらってストロークの練習をするとき、目的を持ってやるようにしている。フォアは今日は何回かノーミスでやることができた。次々とボールが出るとき、それもいつも同じフォームで打ち続けることができるようになることが、自分のスキルを向上させることにつながると考えている。あとボレーの練習ではセンターにきたボールをきちんと返すことをやった。これはJAMESが苦手としているプレーなので、とても練習になる。最後の練習ゲームではいろいろな人と組んだが、JAMESは全勝でした。最後はいい気分で終わることができてよかった。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

踊らないサンタのお人形

踊るサンタ
お墓参りに出かけたついでに少し買い物をするため静岡市の繁華街に出かけた。繁華街には例年のように踊るサンタの人形が下げられていた。しかし今日はこの踊るサンタが踊っていなかったのだ。クリスマスソングも町には流れていなかった。あのサンタは形は同じだが今年は踊らないものに変わってしまったのか。もしかすると土曜日や日曜日にだけ踊っているのだろうか。腰を振ってユーモラスに踊っていたサンタが見られなかったのは残念であった。市役所の建物に昔は大きなモミの木のイルミネーションが飾ってあったような気がしているが、今年はなかった。不景気の影響でなくなったのかなと思った。久しぶりに街に出ると目に入るものがすべて珍しく、刺激的であった。前静岡で買い物したのはいつだったのか思い出せないほど時間が経っているのだ。ネットで買い物ができるので田舎にいてもお金さえあれば、何でも手に入るのでよけい町にでることがなくなってきている。JAMESは本やDVDはほとんどアマゾンで購入している。注文すれば翌日には届く。町にでかけるより早いくらいだ。踊るサンタはどうして今日は踊っていなかったのかなあ。/span>
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たらこスパゲッティに挑戦

今日のお昼はJAMESが「たらこスパゲッティ」を作った。先ずレモンを絞った。
レモン2
料理をする前に木からもいできた。それを絞った。
たらこ
冷蔵庫にあった明太子を使うことにした。薄い皮を切り、スプーンで卵を削りとった。これにレモン汁をかけた。
しめじ
しめじをバターで炒め、しんなりしたところでたらこを加えて、さらに炒めた。そして茹でたスパゲッティを加えて、からめて、酒と醤油で味をつけた。最後に切ったノリをふりかけてできあがり。
スパゲッティ
Bettyさんはおいしいと言ってくれたが、JAMESはあまりおいしいとは感じなかった。ただ油っぽくないところはいいかな。それとレモンの酸味が爽やかだった。和風味のスパゲッティであった。これは2度作られることはなさそうだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

父のお墓参り

お墓参り
平成8年に亡くなった父の命日は12月13日である。例年は13日にお墓参りをしているのだが、今年は何かと用事がありできなかったので、今日15日にお墓参りをしてきた。手を合わせているのはBettyさんである。手に年齢が出てますね。JAMESは年に1回父の命日にお墓参りをするだけだが、広島や山口県の方では「月命日」と言って、毎月命日にお墓参りをする習慣があるようだ。父の場合だと毎月13日にお墓参りをするということになる。昔からの家だと毎日のようにお墓参りをすることになるらしい。そういう習慣がJAMESが住む地方には無くてよかった。仏様にはいろいろお願いするものではないとBettyさんに教えられたが、今日もまた「宝くじをよろしく」と頼んでしまった。でもまだ歳末ジャンボ宝くじを買ってない。買わない宝くじが当たるはずもないのだ。父も長い間購入し続けて、一度10万円を当てたことがあった。彼は家族みんなにお小遣いをくださった。懐かしい父の思い出の一つである。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スロー クッカー でカレーを作る。

カレー1
スロー クッカーという調理器具がある。陶器製の鍋の下に電気ヒーターが埋め込まれていて、低い温度で長時間かけて調理するという器具だ。煮込み料理などに威力を発揮する。Bettyさんはカレーを作るのにもこのスロー クッカーを使っている。ジャガイモ ニンジン 肉 タマネギを入れてスイッチを入れた。あとはスロー クッカーまかせでいいのです。途中でルーを入れたりすることはBettyさんにお願いしてテニスにJAMESは出かけた。帰ってくると家中にカレーの匂いが充満していました。ただ材料を放り込んだだけですから、これで料理をしたとは言えないと思うが、カレーはできていた。
カレー2
ジャガイモもよく煮えていて、おいしいカレーでした。カレーには赤ワインがよく合うので久しぶりにボジョレーを飲んだ。3杯飲むと酔いがまわってしまうので、2杯にしておいた。こくのある濃い味のするワインでした。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMES 尿を貯める。

尿
この琥珀色の液体は何かの果実酒のようにも見えますが、実はJAMESの1日(24時間)に排出した尿なのです。なぜ尿を丸1日分貯めることになったのかをお話しましょう。JAMESが住む町では1年に1回健康診断を実施しています。どこにも勤めていないJAMESはこの町の健康診断を必ず受け、自分の健康状態を把握しています。今年は11月13日に受診し、その結果が郵送されてきました。
BMIは21.8で判定A
血圧は120-74 で判定A
肝機能はA
空腹時血糖はA  
大腸がん 前立腺がん 肺結核診断も精密検査不要ということでした。
ここまではなかなかの成績だったのですが、尿検査で蛋白、潜血があることがわかり、判定はDでした。
判定Dというのは、「この結果票を持参して医師の診断を受けてください」というものです。そこでJAMESは主治医であるお医者さんに受診しました。もう30年近くこのお医者さんにかかっています。この主治医のところには30年分のJAMESのカルテが保存されており、それを見ると尿検査で潜血が出た年もあれば、何もでなかった年もあることがわかりました。そこで24時間の尿をため、その尿の中にどのくらいの蛋白質がでているのか定量的に検査してみようということになったのです。慢性腎炎のような状態があるかもしれないというのが主治医の判断です。
もう一つD判定だったものがありました。それは心電図検査です。これは心臓に異常があるのかな、もうテニスやトレッキングはできなくなるのかな、とヒヤヒヤしながら主治医に心電図のグラフを見せました。主治医はそれを見て、即座に「心配ないですね。不整脈が偶然出たのでしょう。」これはうれしかった。これからもテニスや山歩きや自転車ツーリングができるなと思って。うれしくなりました。今日尿を主治医に届けましたが、急いで結果を聞きにきなさいと言う雰囲気ではなかったので、そんなに心配することはなさそうだなと感じました。24時間に溜まった尿は2000mlありました。こんなにたくさんの尿を排出しているのにびっくりしました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

菜っ葉類がとても元気だ。

畑
東の畑の菜っ葉類がとても元気だ。春菊や正月菜やホウレンソウなどである。畑の作り方がなんとかわかってきて、土をきちんとつくれるようになったからだと思っている。今までは抜き菜を味噌汁の具にしていたが、今日は朝食におひたしとなって出てきました。Bettyさんが朝畑から採ってきたものを、すぐにおひたしにしたのです。採りたてほやほやですから、新鮮で生きがいいという感じでした。採りたてが食べられるのが家庭菜園の醍醐味ですね。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

JAMESさんちの竹林問題

JAMESの家から見える山々が竹林に侵食されている。竹林が植林した杉林や放置されたミカン園などに入り込み、竹林が占める割合をじわりじわりと拡大している。
これと似たようなことがJAMESの家の庭でも起きている。
竹林1
隣の家との境に植えた竹が次々と地下茎を伸ばし、勢力を拡大している。この竹は今は亡き父が植えたものだ。JAMESの家のような狭い庭には竹など植えるべきではなかった。父は何を考えてここに竹を植えたのか理解に苦しむ。地下茎を掘り起こして竹を退治することは難しいので、せめて上に伸びている竹を剪定して、他の木の邪魔にならにようにしておこうと、今日は竹切りをしました。
竹林2
まだ全部を切ってしまうことはできなかったが、半分くらいは切ることができた。切った竹は燃やすわけにもいかないので、小さく切って剪定ごみとして処理した。いつものことながらこういう仕事にけっこう時間がかかった。高く伸びていた竹がなくなったので空が広くなったように感じた。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロッコリーの山葵醤油和え

ブロッコリーの和え物
今日の夕食は鉄火丼だった。鉄火丼はBettyさんが作り、JAMESは箸休めにと「ブロッコリーの山葵醤油和え」を作った。この料理のレシピは「任天堂DS お料理ナビ」のものです。この料理を作ろうと思ったのは、いただきものですが本物の伊豆半島産の山葵があったので、これを生かす料理はないかと探したら、「ブロッコリーの山葵醤油和え」が見つかったのです。すりおろした山葵に醤油を加え、さらに帆立の缶詰の汁を加えました。ゆでたブロッコリーとほぐした帆立をこの山葵醤油を合えればできあがりです。
Bettyさんが「私の隠しておいた帆立の缶詰を使ったのね。お客さん用にとっておいたのに」と言われてしましました。できた料理は味はそこそこでした。帆立が入っているのですからもう少しおいしいかなと期待していたのです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ドウダンツツジの紅葉

ドウダンツツジ
今年はJAMESの家の紅葉はほとんど駄目だった。よかったのは公孫樹くらいのものだ。特にもみじがよくなかった。夏が暑い時は紅葉はきれいだと言われるが、今年は夏が暑すぎて水不足になり、紅葉する前に葉が枯れ始めてしまった。今日夕方ドウダンツツジがきれいに紅葉しているのに気がついた。色鮮やかに紅葉している。紅葉の時期はもうとっくに過ぎているというのに。これも地球温暖化の影響だろうか。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

冬のペチュニア

ペチュニア1

ペチュニア2

ペチュニア3
この時期にペチュニアを咲かせることのできる栽培技術(?)は少し自慢してもいいかなと思っている。先日もお客さんに「ペチュニアですか。この時期に咲くなんて珍しいですね。」と褒められた。なのでJAMAESはとてもいい気分だった。これらの鉢を霜が降りる前に2階の日当たりのよい部屋に移したい。そうすればもっとたくさんのペチュニアを咲かせることができるだろう。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

大根を煮る。

今日は寒い1日でした。だからこういう日は鍋に限る。このごろJAMESが頼りにしている料理の本が「やさいの手帳」だ。
なべ1
この本には「暮らしの手帖の傑作野菜レシピ」や「野菜の具だくさんスープ」や「おいしい野菜料理の基本ワザ」などが初心者にもよくわかるようにやさしく丁寧に記述されている。「なべもの」のページもあり、そこに下ごしらえについてくわしい説明がありました。そこを読んで今日は鍋に大根を入れることにしました。畑に取りにいき、1本引っこ抜きました。あっと思わず声を上げてしまいました。びつくりするくらい大根が大きくなっていたのです。
なべ2
これを輪切りにして鍋に入れることにしました。大根は煮えにくいと思い、下ゆでしました。皮をむき、面取りをしました。面取りをすることで、大根の角と角がぶっかって煮崩れしてしまうことを防ぐそうです。根菜は水から煮るのが基本だと言うので、水から煮ました。輪切りにした大根の裏側に隠し包丁を入れました。火が通りやすく、味を染み込みやすくするためだそうです。こんなことをすると一人前の料理人になった気分です。下茹でしてよかった。大根が煮えるまでにはかなりの時間がかかりました。鍋には大根、白菜、豚肉、長ねぎ、シイタケ、豆腐を入れました。もう一つ今日の鍋の主役がいます。石巻産の「笹かまぼこ」です。これはわざわざ取り寄せたものです。今日鍋にしたのもこれがあるからでもあります。
なべ3
そのまま食べても十分おいしいのですが、鍋に入れて熱々のものはまた格別です。
なべ4
今日の鍋はおいしかった。大根が持っているほのかな甘さが感じられ、大根もおいしかった。この鍋だけでお腹が一杯となりました。ビールかワインがなかったのが残念でしたというところです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

イルミネーション その2

JAMESの家の近くで一番きれいなイルミネーションはこれだと思う。年々充実しているようだ。
イル5

イル6
JAMESが住んでいる所も夜になれば人通りは極端に少なくなる。ということはこのイルミネーションは誰が見るのかな。設置した人は家の中にいるので、これを見て楽しむことはできないだろう。ということはイルミネーションは自己満足のために飾るということかな。JAMESは宝くじにでも当たったら、大々的なものをやってみたいなと思っている。その点灯式には孫のThomasを招待するつもりだ。JAMAESの家にイツミネーションが灯ったら「ああ宝くじが当たったのだな」と思ってください。JAMESの家はイルミネーションを設置するのにものすごく適しているのです。Bettyさんはすごく反対している。まだ宝くじは当たらないというのに。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム