スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトが病気になりました。

病気のトマト
実をたくさん付けているミニトマトが病気になった。木になったまま白くなって腐ってしまうのです。それに昨夜は雨も強く降ったし、風も強かったので折れてしまったトマトもあった。このトマトには実がたくさん付いていたので残念である。効くかどうかわからないが薬をかけてみた。大きく育って今年は成功したなと思っていただけにショックである。まあもう少し面倒をよくみなくてはいけないということかもしれない。野菜は植えてしまうとその後あまり面倒をみない。花は毎日面倒を見ている。それくらい野菜もみなくてはいけないのかもしれない。ナスも今はあまり元気がない。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

初めてイングリッシュガーデンを見る。

庭園1
霧が峰の帰途「蓼科高原バラクラ イングリッシュガーデン」に立ち寄りました。この頃JAMESは花作りに少し熱を入れているので「イングリッシュガーデン」と呼ばれる庭はどのようになっているのかこの目で見てみたいと思ったからです。先ず庭の広さにびっくり。残念だったのはバラはもう終わっており、ダリアが身頃になっていました。
ダリア
Bettyさんと「ダリアもきれいですね。家でも植えてみましょうか」と話ました。
白いアジサイもきれいでした。
白いアジサイ
花の見せ方として同じ色の花はまとめて植えると迫力が生まれることがわかりました。量は絶対に必要だと思いました。JAMESの家ではそのスペースがなにので、植え方に工夫が必要だなと思いました。
IMGP3087_convert_20100723205639.jpg
この木を見たときBettyさんは「この庭園には一度来たことがある。そのときもこの木を見た」と言ったのです。それほどこの木は印象に残ったのですね。確かにおもしろい花ですね。
入り口に植えたあったこの庭園のシンブルツリー「黄金のアカシア」も美しい木でした。葉が夏の光の中でまさしく黄金のように輝いていました。
黄金アカシア2

黄金アカシア1
歩き疲れたので一休みしました。冷たい紅茶とアップルパイを二人で一つ食べました。冷たい紅茶がおいしかった。JAMESは家では冷たい飲み物を作る係りをやっていますが、冷たい紅茶をおしいく作るのはなかなか難しいのです。アップルパイの味は普通でした。まずくもないがとてもおいしいとはいえない程度のものでした。
IMGP3096_convert_20100723211505.jpg
IMGP3086_convert_20100723211606.jpg
出口付近でバラの苗を販売していました。その値段にびっくり。1本6195円の苗を2本買うと1本5000円にするというのです。「サカタのタネ」ではこんなに高い苗は売っていません。すごい強気の商売をしているなと思いました。まあ有名なクラシックローズなのでしょう。でもバラは挿し木でどんどん増やすことができるのです。それもそんなに難しくはありません。それを考えると少し高いかなと思いました。あと残念だったのは花がらがついたままの花がかなりたくさんあったこと。明らかに水不足ではないかと思われる花もたくさんあったことです。高いお金をとってお花を見せているのですから、きれいな花をみたいなと思いました。午前5時に起きて出かけてきた小旅行はこうして終わりました。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


霧が峰に遊ぶ その2

湿原の様子
車山を一周して駐車場の裏にある「コロボックル ヒュッテ」に無事到着。12時近くになっていた。Bettyさんは少しの疲れも見せずに到着です。ここで昼食にしようと言うことになり、メニューで「カレーピラフ」を頼んだところ今日はありませんと断られた。ボルシチならあるという。それはあまり食べたくなかったので、このヒュッテで一番人気のチーズケーキを食べることにした。このチーズケーキはJAMESがつくるベイクドチーズケーキとは違い、焼いてないレアのチーズケーキでした。BettyさんはJAMESのチーズケーキの方がおいしいですよと言いました。食いしん坊の彼女の言うことなので信用することにしました。隣に座った関西から来たという女性が「例年なら下の湿原がニッコウキスゲで一杯なんですよ。」と教えてくれました。彼女は毎年ここにニッコウキスゲを見にくるという。こういう年は大変珍しいという。なぜか花芽が付かなかったらしいという話をしてくれました。ここだけでなく尾瀬のニッコウキスゲは咲いているのだろうかと少し心配になった。最初の計画では八島湿原まで足を伸ばすつもりでしたが、ニッコウキスゲは期待できないだろうと思ったので、行くのは取りやめにしました。
チーズケーキ
飲み物はサワーミルク。新鮮な牛乳をカルピスで割ったもの。おいしかった。白樺湖でそばでも食べようと白樺湖に移動・移動もナビのおかげで迷うことがなかった。
白樺湖
白樺湖の見える瀟洒なホテルでフランス料理でも食べたいと思っていたのですが、なぜか土産物店の片隅の蕎麦屋というか蕎麦コーナーみたいなところで蕎麦を食べました。先にデザートのチーズケーキを食べたので順序が逆になりましたねと二人で笑いました。我々と同じような老年の夫婦連れが同じように蕎麦を食べていました。
かけそば
JAMESは掛け蕎麦をBettyさんは山菜蕎麦をたべました。二人で1000円でお釣りがきましたから、安い昼食となりました。白樺湖は平日なのでひっそりとしていました。よく見ると閉店した店などがあり、観光地として少し元気がないのかなと感じました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Bettyyさんと霧が峰に遊ぶ。その1

霧が峰高原1
二人でトレッキングに出かけるのが夢だった。それができるようになったのだが、Bettyさんの体力がまだ元には戻っていないので、今はリハビリ登山で歩きやすい山を選んで歩いている。梅雨が明けたので完全な夏空である。ここは中央道の八ヶ岳PAである。雲にかくれてはいるが八ヶ岳を見ることができた。代車にはナビが付いているのでまったく迷わず霧が峰に案内してくれた。地図をみればどこでも行けると豪語していたJAMESではあるがナビの賢さには脱帽である。
霧が峰高原2
車山への登山道は石がごろごろしてはいるが、広くなだらかで歩き易かった。我々はスニカーに普通のズボンとで、手にはガイドブックいう観光客のような姿であった。登山靴をきちんと履いた人もけっこう大勢歩いていた。夏雲とこのなだらかな岡の風景にBettyさんは感心することしきりであった。
ニッコウキスゲ
お目当てのニッコウキスゲは全山で20本は見ただろうか。JAMESは「ニッコウキスゲが1本も咲いてない」と憤慨すると。Bettyさんが「全山では20本位は咲いていました」とたしなめられた。
車山山頂1
車山頂上にはこんな気象レーダーが設置されていた。頂上からの展望はなかなかよい。Bettyさんは目ざとく雲の合間に富士山を見つけていた。これはよほど注意深くみないとわからないくらいであったが、しっかりと見つけていた。JAMESは見つけることができなかった。
車山山頂2
疲れることもなくBettyさんは登ることができた。家事をしていても息が切れることがあったことを考えると体力は確実に回復しているようだ。
蓼科山
目の前に蓼科山が見えた。八ヶ岳連邦の一番北の端にある山だ。台形をひっくり返したような形でどこから見てもわかりやすい形の山だ。そのすぐ下に白樺湖があった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



薬師寺に行ってきました。

薬師寺3
薬師寺に行ってきました。JAMESが好きなお寺のうちの一つです。この東塔しかなかった時代を知っているものとしては、今回は絢爛豪華な建物の数々に圧倒されました。高田管主の執念が実った結果ということができるでしょう。
薬師寺1

薬師寺2
金堂と大講堂も立派でした。
蓮の花が咲いていました。
蓮の花


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


JAMES 冷製パスタを作る。

冷製パスタ1
雑誌オレンジページの「夏レシピ」の中で冷製パスタ用のソースが紹介してあった。近くのスパーで探したら、冷製専用パスタは売っていたが、ソースは売っていなかった。そこでネットで注文した。田舎にいてもこういうことができるのだからネットは大変便利だ。そのソースが昨日届いたので今日のお昼はJAMESがそれを使って冷製パスタを作ることにした。使ったソースは「彩り野菜とサーモンのソース」というものです。これを昨夜から冷蔵庫で冷やしておいた。でも説明をよく読むと3時間ほど冷やせばいいようだ。キュウリを2本細切りに、プチトマトを8個4つ割りにした。どちらもJAMESが育てたものです。これらを冷やしておいた。茹でたパスタを氷水で冷やし、水をしっかり切って皿にもった。それに野菜をのせてソースをかければ出来上がりである。あっさりした味ですがクリミーな感じでパスタによくなじんでおいしくいただきました。
冷製パスタ2
かけるのを忘れてしまったのですが、黒コショウをかけると味がもっと引き締まったかなと思っています。簡単においしい冷製パスタができた。こういうパスタを作ってみたいと思っていたのでうれしかった。お盆にはみんなにご馳走しようと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


裏の生垣の剪定

裏の木1
裏の生垣がこんな状態になっている。この地方の言葉ではこのような状態を「ささほうさ」という。まあ伸び放題というわけです。剪定の時期がずれ込んでいるので、期がいつも以上に生育してしまっているので、出る剪定ゴミも大量になってしまう。
ようやくここの剪定にとりかかった。半日づつ二日かかった。
剪定ゴミ
バリカンで生垣の上を整えた。そのときはこのようにシートを敷いておくことを植木屋さんから学んだ。これだとゴミの処理が大変楽だ。
裏の生垣
剪定後はこんなにすっきりした。出た剪定ゴミはざっとゴミ袋で20袋にもなった。今日はゴミの回収日だったので町内のゴミ収集場所2ケ所に分散して置いてきた。1ケ所に大量に出すと回収を拒否されることがあるからだ。拒否されると自分でゴミ焼却場に運ばなくてはならない。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


平城遷都1300年祭に行ってきました。

平城京1
こんな幟がいたるところに立っていました。奈良は10年ぶりくらいですので懐かしい気分になりました。JAMESが観たのは遣唐使船、朱雀門、大極殿の三箇所です。遣唐使船は土日だと整理券をもらう人が殺到して、見るのが困難なくらいに混むようですが、JAMESが行ったのは火曜日の平日でしたし、しかもここで目玉となっている平城京VRシアターが故障だったために無料で並ばず入場することができました。遣唐使の苦労を大画面で上映していました。阿倍仲麻呂が中国の官僚となるための試験科挙に合格していたという話にはびっくり。中国人でも難しい試験に日本人が合格したのですから彼は頭のよい人だったのですね。彼が帰国するために乗った舟は難破して日本に帰ることはできなかったのですから、不運な人でしたね。
平城京2
全長30mというこの小さな船で東シナ海を渡っていったのですから勇気がありましたね。しかも2回も行った人がいるのなんてびっくりです。まあ無事にたどり着けるかどうかは宝くじにあたるようなものですね。
ここから朱雀門まで歩きました。これはすぐでした。
朱雀門
この門を建てるのに10年かかったそうです。費用は45億円(?)大きな門でした。
1300年前にこれを建てたのですから、ここに都を造ろうと思った人の決意が伝わってきますね。特別なとき意外はこの門は閉まっていたそうです。
ここから大極殿までは歩きましたが、これがなかなかの距離がありました。雨は降っていなかったのですが、暑くて大変でした。奈良時代の役人や貴族は健脚だったのだろうと思いました。この距離を毎日歩いたのですから。
大極殿
大極殿の中には玉座がありました。昔の玉座に関する資料が残っていないので大正天皇が即位するときに使ったものを参考にしたそうです。
玉座
玉座は質素なものでした。
風景
大極殿から朱雀門を撮影したものです。遥か遠くに門が見えます。日本人は東大寺大仏殿や三十三間堂や二条城は姫路城など大きな日本古来の建造物を見ているので、朱雀門や大極殿を見てもあまり驚かないのではないだろうか。でも外国人特に西洋人やアメリカ人がみたらびっくりするだろう。まだ他にも見るものがたくさんあったようですが、時間の関係でこの三つを見てきました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


キュウリの最後

キュウリの最後
あんなに元気だったキュウリが最後となった。完全に枯れ始めた。キュウリはどんなDNAを持っているのだろうか。植物でこんなに短い寿命なのも不思議な気がする。そして枯れ始めるとあっという間に枯れてしまう。でもことしは本当によく採れた。目標は100本だったけれど500本以上は確実に採れたと思う。うまくできた原因はよくわからないが、なんとなくキュウリ栽培のこつを会得した気がする。うまく説明できないのが残念である。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


カサブランカが咲きました。

カサブランカ
地に下ろしたカサブランカが今年もしっかりと咲きました。肥料もやらずほったらかしでもちゃんと咲くのでうれしい限りです。「Bettyさんの庭」と呼ばれている庭の一番奥で女王然として咲いています。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


豚しゃぶ冷麺をつくる。

冷麺1
久しぶりに本格的な料理をした。豚しゃぶ冷麺なるものを作った。JAMESがお昼を作ろうかと言ったらBettyさんが「麺が食べたいわ」と言うので麺を作ることにした。
レシピではそうめんを使うようになっているがBettyさんが稲庭のうどんは細いからこれで代用できるというのでこれを使うことにした。材料は稲庭うどん140g レシピでは200gとなっているがこれでは多すぎるだろうと減らした。豚しゃぶ用薄切り肉150g にら125g もやし125g 白菜キムチ 70gである。
作り方は 1 にらは4~5cmの長さに切る。 キムチは幅2~3cmに切る。豚肉は
         食べやすい大きさに切る。
       2 砂糖 酒各大さじ1 醤油大さじ2 
         鶏がらスープの素 豆板醤 各小さじ1 ごま油小さじ2
         水1と2分の1カップ これに塩 コショウ少々
         これでスープを作る。
       3 鍋にたっぷりの湯をわかし、豚肉を1枚ずつ広げて入れ、1分ほどゆ
         でる。にらともやしを加えてさらに煮る。再び沸騰したら網じゃくしです
         くってざるに取り出す。水気をきる。
       4 うどんをゆでる。
       5 うどんの水気を切り、等分に器に盛り、豚肉 にらともやし キムチを
         のせ、スープをかければ出来上がりです。
Bettyさんがおいしい、おいしいと言って食べました。でも彼女は自分が作らず、誰かに作ってもらったものはほとんどおいしい。おいしいと言って食べるのです。だから本当においしかったのか少し心配です。レシピにはなかったのですが、家で採れたキュウリとミョウガを細切りにして上にのせてみました。このレシピは雑誌「オレンジページ」の夏レシピという本からのものです。
オレンジページ
先日薬局に薬をもらいに行き、そこで待っている間にこの「オレンジページ Cooking」の本を見つけました。「フライパン一つでできる」というのが気に入って、早速アマゾンで購入しました。そのときついでに「夏レシピ」の方も購入しました。この本の中に豚しゃぶ冷麺のレシピがあったのです。他に作ってみたいレシピがたくさんあるので、どれを作ろうかと迷うほどです。いい本を手に入れたなと思っています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

グランドゴルフの挑戦

グランドゴルフ1
小学校の校庭で開かれたグランドゴルフ大会に参加した。6人の即席チームで参加した。8ホールを廻った。JAMESは3回目でこの前やったのは5年前くらいのことです。最初は距離感が合わず、6打も叩いていたがそのうちに距離感が合ってきたのであわやホールインワンという場面が2回もあった。そのホールは2打で廻ることができた。
グランドゴルフ2
これがJAMESが借りてプレーをしたスティックとボールです。目標に向かって真っ直ぐ打つのがけっこう難しい。グランドは平らではないし、石もあり、でこぼこしているのでそれらの影響を受けて思わぬ方向に曲がっていってしまう。ホールのそばによせてからも難しい。本物のゴルフのように穴があいているのではなく、金属製の輪の中に入れなくてはならないので、強く打ちすぎると反対側に抜けていってしまうのだ。8ホール廻って23打であったので平均3打ほどで廻ったのでまあまあの成績でした。チームの中に23打の人が3人いたのですが、そのうちの一人はホールインワンを出したので-3打となるので20打となり、その方が我々のチームの中ではトップとなりました。JAMESもホールインワンを2回もとれそうだったので惜しかったなという感じです。同年輩の同じ町内の方から「JAMESはテニスをやっているせいか動きが若い」と言われたのはうれしかった。久しぶりにグランドゴルフをやったのにそこそこできたのはテニスで体を動かしているのが少しは影響しているかなとJAMESも思いました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

富良野メロンが届く。

ふらのメロン
富良野メロンが届いた。これもまた「訳ありメロン」である。もう一つの話題はこのメロンがゆうパックで届いたことだ。メールでも配送が遅れるかもしれませんという注意書きがあった。このメッセージはあまり気に留めずにいたが、その後新聞でゆうパックの配送が大幅に遅れていることが大きく取り上げられ、それを読んでその影響がJAMES自身にも及んでいることを知り、びっくりした。そして現実の社会に生きていることを実感した。いつもは社会的な出来事とは距離がある感じがしていたので。ヘタが細くなり、果実全体に弾力がでてきた頃が食べ頃だという。7月10日は孫のAnneの誕生日だからそれに間に合うように1個東京に送ることにした。彼女は無類の果物好きだから喜んでくれるであろう。彼女は3歳になった。誕生日おめでとう。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



ペチュニアの種を再び蒔く。

種まき1
ペチュニアの苗がなめくじ(?)に食べられてしまって約半分に減ってしまった。そこでもう一度ペチュニアの種蒔きに挑戦することにした。「サカタのタネ」ではもうペチュニアのタネは売っていない。ネットで検索すると「園芸ナビ」というHPが見つかり、そこではまだペチュニアのタネを販売していた。ところがほとんどが売り切れで、ほとんどが混合のタネであった。迷ったが買うことにした。郵送ですぐにタネが送られてきた。それをすぐにピートバンに蒔いた。
IMGP2996_convert_20100711133739.jpg
今度はあせらずにじっくりと育てたいと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


たぬき座上映記録 №22 「理想の彼氏」

理想の彼氏
JAMESは恋愛映画が好きだ。これも恋愛映画であるが40歳ばつ一で子持ちのキャサリン・ゼダ・ジョーンズが主人公。しかも相手は24歳の年下の男性。こういう組み合わせは映画ならではのものだろう。40歳といっても彼女のスタイルと美貌ならあってもおかしくないと感じてしまう。24歳の男性を「あなたはまだ子どもだ。ハリーポッターにばかり夢中なのだから」という台詞が彼女の本音を現していた。世界を旅して人生経験を積んでまためぐり合ってハッピーエンド。恋愛ものはやっぱりハッピーエンドでなくちゃ。キャサリン・ゼダ・ジョーンズを観て楽しむ映画。年下の彼が「理想の彼氏」というのだろうか。この題名の意味するところがよくわからない。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ヨーグルトを買った。

ヨーグルト
ヨーグルトを100日間続けて買うことになった。訪問販売はJAMESはほとんど断っている。玄関を開けることも滅多にしない。家の玄関はいつも施錠がしてある。これは我が家の伝統といってもいいかもしれない。なのに先日ピンポンと鳴ったとき珍しくJAMESは玄関を開けてしまった。そこにはまだ若い青年が汗を額に流しながら立っていた。そしてヨーグルトを買ってほしいと訴えた。その真面目そうな青年の一生懸命さに心を打たれたJAMESはヨーグルトを買う決心をした。物を売り歩くことは大変だろうなという同情する気持ちもあった。まあヨーグルトなら騙される心配もないと思ったからだ。7月4日から一日おきに2個のヨーグルトが配達されるようになった。今度は若い女性が配達している。JAMESが買ったおかげで配達する人にも仕事ができたことになる。こうしてお金はまわるのだなと実感した。ヨーグルトは胃の中のピロリ菌をやっつけてくれるそうだ。だとすると胃癌を防止できるかなと思っている。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


キュウリの漬物

漬物1
二日間でキュウリがこんなにたくさんとれました。キュウリは保存が難しい。そこでBettyさんは漬物にして保存しようと考えました。冷蔵庫に入れておけば1ケ月くらいは持つらしい。
漬物2
塩でもんだキュウリをすりこぎでたたいた。柔らかくするためらしい。
それをぶつ切りにしてザーサイと一緒に漬け込む。
漬物3
2,3日すると食べることができる。あまりしょっぱくなく、おいしい。JAMESは好きだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


たぬき座上映記録 №26 「13際の夏に僕は生まれた」

13歳の夏
イタリア映画。これはなかなかの映画である。主人公は13歳で金持ちの一人息子。映画の出てくる少年としては珍しく真っ直ぐに育ったという感じだ。父母に愛され何に不自由なく暮らしている。夏休みに父の友人と3人でヨットでクルージングに出かける。ここまでテンポよく彼の育ちや性格を上手に説明していく。何が起きるんだと思っていると彼が夜の海に落ちるというアクシデントが発生する。夜の海を必死で泳ぐ少年。どうなるどうなると思っていると、運良く通りかかった密航船に救われる。救ってくれたのはルーマニアからイタリアに密航しようとしている、これもまた少年である。ここで13歳の少年は今まで見たことも経験したこともない社会の現実と向き合うことになる。村瀬学という学者が「13歳論」という本を著している。簡単に言うと「子どもと大人の境界はどこにあるのか。そしてそれは13歳ではないか」ということを様々な児童文学などを取り上げて解説している。偶然にもこの映画の少年も13歳。イタリア人も大人と子どもの境界を13歳あたりと考えているのだろうか。大人になるという通過儀礼を題材にした映画は多く、その大部分が女性経験を積むことで大人になるというものだったような気がある。でもこの映画は違う。今まで見えなかった社会の現実を知ることで、自分の非力を知り、大人になるのである。少年を助けてくれたルーマニアの少年たちの力になろうと少年も少年の家族も努力をする。その善意を巧みに利用してルーマニアの少年たちはイタリアの中に逃げ込んでしまう。夜の歩道に座りこんでいる少年の姿で映画は終わる。
評価★★★★

たぬき座上映記録 №25 「ジョッキーを夢見る子どもたち」

ジョッキーを夢見る少年たち
フランス映画。ジョッキー養成学校に入学した子どもたちが主人公。中学生くらいの幼い子どもたちが馬の世話をし、乗馬の基礎的な訓練を受ける。まあ知らないことを知ることができるという意味ではおもしろいが、映画としては失敗作だと思う。何を語りたいのははっきりしていない。ドキュメンタリーのような撮影方法なのでドラマとして成り立たせるためには工夫が必要だ。そういう仕掛けがないので感激がない。題材はいいのに惜しかった。まあ「金返せ」という作品ですね。
評価★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


たぬき座上映記録 №24 「ジェイン オースティン」

ジェイン・オースティン
「プライドと偏見」などの著者でイギリスやアメリカで人気のあるジェイン・オースティンの伝記である。主人公をアン・ハサウェイが演じている。美しい田園風景をバックにジェイン・オースティンの恋が描かれている。ジェインの家は貧しい牧師。貧しいと言ってもこれは比較の問題。大きな家に住み、使用人もいるしピアノもある。両親は彼女を裕福な資産家に嫁がせたいと思っている。ところが彼女はこともあろうに貧しい弁護士の卵に恋してしまう。これは事実らしい。女性が働くという選択肢がなかった19世紀イギリスでは。女性は金持ちと結婚する以外に幸せになる道はなかったらしい。そういう昔の考えを映画から読み取ることができる。それは財産を女性が相続することができなかったという社会の仕組みからきているらしい。駆け落ちまでしかけたが現実主義者である彼女は、恋をあきらめ作家として生きる決心をする。Bettyさんが完全に退院をし、元気になってきたので「たぬき座」の上映会が復活した。うれしいことだ。JAMESはこの映画を観ながら、資産家からのプロポーズを「断るな 断るな」と叫んでいた。お金があれば大抵のことは解決できるのだから。彼女の作品を観たことのある人には、興味を持ってみることができるであろう。
評価 ★★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


今一番美しい花 「八重のインパチェンス」

八重の1
今鉢植えの中で一番美しいのはこの八重のインパチェンスである。色も花の形もJAMESは大好きである。
八重のインパチェンス2
こうして拡大するとまるでバラの花のようである。残念ながら欠点が一つある。花がらを取る必要がないのは助かりますが、落ちた花びらが鉢のまわりをきたなくすることである。茶色に変色した花びらがたくさん鉢のまわりに落ちている様は咲いている美しい花の姿を台無しにしているようにも見えます。まあJAMESがこまめに落ちた花びらを掃除すれば済むことなのですが。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ナスの収穫

キュウリが最盛期を過ぎたと思ったら、今度はナスの収穫が始まりました。
ナス1
「サカタのタネ」から買った接木苗を育てました。商品名は「ごちそうなす」と名付けられています。生で食べてもおいしいというのが特徴です。房なりでこんな風に実がつきます。
今日の収穫(7月6日)
今日はナス以外にもミニトマトが収穫できました。こうしてザルに入れると彩りも鮮やかです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


クレマチス 「プリンセス ダイアナ」が咲きました。

ようやくクレマチス「プリンセス ダイアナ」が咲きました。
赤いクレマチス1
赤いクレマツス2
名前のように愛らしい花です。花つきがよい品種だというのですが、今はあまり蕾は多くありません。花を多くするこつのようなものがあるのではないかと思っています。今まではクレマチスが植えっ放しでしたから、これからはもう少し面倒をみてやりたいと思っています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



ツツジ サツキ の剪定

JAMESのうちの庭にはサツキやツツジがかなりたくさんある。全部が全部きれいに咲くわけではないが、それでも季節になればそこそこには咲いて楽しませてくれる。花の終わった後に剪定をしなければならないのだが、今日まで延び延びになってしまった。
ツツジの剪定1
ぼさぼさに伸びて庭が暑苦しい感じがするほどでした。Bettyさんも気になっていたようで、下の方を剪定鋏で剪定していた。そうです。今日Bettyさんが庭仕事に復帰をしました。実に6ケ月ぶりです。それだけ元気になったのです。うれしいことです。剪定鋏でやるのでは気が遠くなるほどの時間がかかりますから、JAMESはバリカンで剪定しました。
ツツジの剪定2
これを使えばあっという間に剪定することができます。ただバリカンはけっこう重いので、腕がかなり疲れます。低い木を刈るときはそれほどではありませんが、高い所の枝を剪定するときはとても疲れます。
ツツジの剪定3
剪定ゴミはすぐに袋に詰めました。伸びていた枝を剪定したので、大分庭がすっきりしました。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



ペチュニアのポット上げ

ポット上げ1
6月に種を蒔いたペチュニアの苗が大分大きくなってきた。今年の種蒔きは失敗と言っていいだろう。約半分は発芽しなかったり、発芽してもなめくじ(?)に食べられてたりで全滅してしまった。残念なことだ。2日ばかりでかける日があったので、暗い2階の部屋に置いておくと徒長苗になってしまうのではないかと心配になって、外の育苗棚に移したのがいけなかったのだ。この育苗棚で虫に食べられて丸坊主になってしまった。残りの苗が大分育ったので今日ポットに移植した。
ポット上げ2
今日は全部で90ポットできた。うまく育てたいと思っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



忙しい一日でした。

土手1

土手3
家の前の土手というか道路の側面の草が気になるくらいにのびてきた。もう刈る時期だとは思っていたが、刈ろうと思うと雨が降った。なので延び延びになりこんなに伸びてしまった。草刈機で刈っていてかなりの負荷が腕にかかった。こんなに草刈が大変だと感じたことはなかったから、それだけ草が伸びていたということだろう。今日は暑い一日だったので着ていたシャツが絞れるほどの汗がでた。これ以外に昨日は雨が降ったので今日は草取りにはいい条件の日だったので、ナスやトマト畑の草を取り、バラの下の草を取りと珍しく草取りもやりました。昼休みにロッキングチェアーにゆらゆらともたれていたら、いつのまにかぐっすりと昼寝をしてしまいました。疲れたのだ。今年初めての昼寝でした。JAMESは昼寝が大好きなのです。午後はサンゴジュの剪定やら植木鉢の片づけやらと忙しく5時過ぎまでみっちり働きました。
土手4
土手はこんなにきれいになりました。忘れていました。芝生も刈ったのです。草刈機で。
芝生
今年は芝生がきれいですねとBettyさんに褒められている。うれしいことです。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



夕張メロンが届く。

去年夕張メロンの「訳ありメロン」を購入したところ、とてもおいしかったので本当に味をしめ、今年もまた注文してしまった。4月に予約しておいたのが今日届いた。本当に忘れた頃に届いた。
夕張メロン1
箱には簡単な包装で3個のメロンが入っていた。そのうち2個は写真のように黄色くなっていた。色も変化していたし、芳香も漂っていたのでもう食べ頃になっていたのです。お昼に早速Bettyさんと二人で食べました。
夕張メロン2
1個を半分に切って、二人で食べてしまいました。去年ほどおいしくは感じませんでしたが、まあおいしい方だとJAMESは思いました。大分熟れていたのであっという間に食べてしまいました。「もう少しゆっくり食べましょうね」とBettyさんに言ったら、うるさいという顔をあからさまにされてしまいました。Bettyさんが今まで入院を繰り返していたこともあって、JAMESがいちいちいろんな注意をするので、この頃は「うるさい」とよく言われるようになりました。JAMESはそれにもめげずにいい続けています。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


自転車用のヘルメットを購入した。

ヘルメット1
自転車のメンテナンスを頼みにいったとき、思い切ってヘルメットを購入した。カーボン素材使用ということでとても軽い。その上衝撃にも強いようだ。
ヘルメット2
これは以前使用していたヘルメット。およそ10年間使用しました。頭にヘルメットを固定するひもが切れてしまったことと、永年使用すると劣化してくると言われているので新しく買い換えたのです。被っていても気にならないほどの軽さです。自転車ツーリングが楽しみです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



アサガオを植えた。

ペ3
プランターに植えたアサガオである。植えたと言っても今年もこぼれた種から芽が出て、裏の畑で自然に育ったアサガオを抜くのが可愛そうに思ったのでプランターに植えてみたものです。全部で8本ばかりです。これは昔種を買って育てた「スカーレット」という赤い花の咲く品種です。ここ数年こぼれた種から花が咲き、その種がこぼれるということを繰り返して今年まで生き延びてきたアサガオです。例年ですと裏の畑の中央にあるカリンの木によじ登って花を咲かせています。今年は陽の目を見て表舞台に登場です。ネットを張って誘引しています。どんな風に咲くか楽しみです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


白い桔梗が咲きました。

白い桔梗
去年種を買って育てたものです。花壇にそのままにしておいたら今年もちゃんと花が咲きました。これが宿根草のよいところですね。白い花も素敵だなと思うようになってきました。JAMESは赤系の派手な花が好きなのですが、白もいいなと思うようになりました。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。