スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペチュニアの苗の鉢植え完了

IMGP3400_convert_20100831203709.jpg
残っていたペチュニアの苗をすべて鉢に植えました。Bettyさんと二人でやりました。前回古い土を使って失敗したので、今回はすべて新しい土にしました。全部で50鉢できました。JAMESは「お金はないけどペチュニアの鉢持ち」という変な歌を歌ってBettyさんに笑われてしまいました。まあ庭中ペチュニアの鉢だらけという有様です。ここでもJAMESの質より量という思いが出てしまいました。ただ雨の時期を避けるという作戦は成功して、今咲いているペチュニアはものすごく元気です。天気予報によると当分雨はなさそうなので、花は元気ですが水やりが大変です。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

ハンギングバスケットを下げた。

バスケット1

バスケット2
鉢に金具をつけ、ハンギングバスケットのようにして木からぶらさげた。風に揺られながら咲いている様はなかなか風情があるとJAMESは思っている。全部で5個のハンギングを下げた。この鉢に植えたペチュニアは「マジェンタインプ」という品種で枝の先が垂れ下がってくる性質があるのでハンギングに向いているのです。これからどこまで垂れ下がるか楽しみです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


川鵜がまた現れた。

庭で芝生を刈っていると犬の鳴き声のような音が高い所から聞こえてきた。割と頻繁に啼いている。なんだろうと思って顔を上げたら、近くの電柱に大きな川鵜が二羽留まっていた。大きな鳥である。今回は写真がうまく撮れた。
川鵜
その電柱の下には糞のあとが点々とついていた。
鵜の糞
写真で白く見えるのが糞である。大きな鳥なので糞も大きいのだ。去年はこれがJAMESの車にも付いたのだが、今年はそんなことがないように祈っている。近くの山の中ではイノシイが繁殖していろいろと悪さしているようだ。今実りの秋で実ってきたお米もイノシイが食べてしまうそうだ。猟師さんたちが9月になると山の中に入って、イノシイ狩りをやる予定になっている。害を与えるイノシイを駆除するためである。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ペチュニア 今年の最高傑作

今年の最高傑作2
今年の最高傑作1
これがペチュニアでは今年の最高傑作だと思う。寄せ植えの色合いがとてもうまく調和していて、見ていて癒される色調になっていると思う。
この鉢に植えたのはBettyさんである。JAMESは色についてあまり自信がないので、鉢の寄せ植えはBettyさんにいつもお願いしてしまう。写真もうまく撮れたと思うので絵葉書にプリントアウトしてBettyさんにプレゼントしました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

水やりが大変だ。

水1
お風呂の水をポンプでくみ出して鉢や畑に水をまいている。この方法でやり始めてからもう1年くらい経つと思う。Bettyさんの話によると水道代が約半分になったそうだ。お金のこともあるがものすごいエコになっているなと感じた。このところの猛暑なので畑のナスやオクラ、シシトウなどは夕方になるとしおれたようになっている。鉢に植えたペチュニアは手厚く毎日水をもらっているので、暑さにも負けずとても元気です。だから畑の作物にも水を今日やりました。
水2
ナスは水が好きだというので毎日水をやっているのでこの暑さの中でもこんなに生き生きしている。今日は花壇のバラやクリスマスローズにも水をやりました。この天気が続くようなら水遣りは欠かせないと思っている。近所の方は庭木に水をやるために川の水をポンプで汲み上げている。夕方になるとポンプのエンジンの音が毎日聞こえてくる。水をやるだけなのに、けっこう時間がかかる。畑に水をやり、バラにやり、ペチュニアの鉢にやり、外のフェンスにかけてあるウォールバスケットに水をやるだけなのに今日は午後2時30分から始めて5時までかかってしまいました。夕方水をやると朝ペチュニアが生き生きしているので、見るのが楽しみです。今日は庭でヒグラシが鳴きました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

新しいカメラがほしい。

カメラ
このカメラは15年ほど前に購入したソニーのサイバーショットDSC-S70である。334万画素で当時としてはかなりの画素数であったのだ。一番気に入っていたのはレンズである。Carl Zeissのレンズがついていて、花を接写で撮影したときなどとてもシャープは写真が撮れたのだ。ところが最近ピントが合わなくなってきたのだ。
ボケた写真
カメラのディスプレーにはピントが合いましたという信号が出たのでシャッターを切ったところこのような写真になっていることが非常に多くなってきた。でもときどきピントが合うことがあるので始末が悪い。でも10年も経てばカメラも相当進化しているので修理に出さないで、新しく買いたいと思っている。今何にするか検討中である。オリンパス ペンがいいかなと思っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


車の埃をとるための道具を買いました。

洗車
JAMESは車を洗うのがあまり得意ではない。一つには駐車場から水道までかなり距離があり、簡単には水で洗うことができない。なのでいつもはガソリンスタンドで洗ってもらっている。洗うほどは汚れていないが、埃が目立つようになってきたので埃を拭き取るモップのようなものを買ってきた。まだ買ってきたばかりの車なので少しはきれいにしておきたいと思ったのだ。これがいつまで続くのかな。拭いたらやっぱりきれいになった。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

夏のバラ

夏のバラ
バラが次々と咲いている。咲かせたほうがいいのか、咲かせないほうがいいのかよくわからないが今のところはバラにまかせている。9月に入った早速剪定をするつもりだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

キツネノカミソリ

キツネのカミソリ
こんな可愛らしい花がキツネノカミソリである。Bettyさんが枝垂れ梅の下に植えたものである。このキツネノカミソリは猛毒を持っているとか。どこに毒があるのだろうか。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

誕生日はうれしい。

8月25日はJAMESの誕生日だった。例年はこの25日前後に山の縦走があるので、縦走中の山小屋で生ビールなどでお祝いしてもらうことが多かった。これもまた印象に残る誕生日だった。今年もまたたくさんのプレゼントをいただいた。
先ずはアウトドア用のキャップである。息子のGeorge一家からのプレゼントである。材質も速乾性のものだし、なんと言っても帽子止めがついているのが気にいっている。JAMESは帽子止めを無くしてしまい、毎年買いに走っていたので助かります。
キャップ
次は娘のAliceからのもので尾崎豊のベスト版のCDをいただいた。尾崎豊をリクエストしたのはJAMESである。もちろん尾崎豊の存在は昔から知っていた。彼の歌をカバーしたCDを聴いて、本人はどのように歌っているのかなと思いリクエストしたのです。予想していたより遥かに彼は歌がうまかった。「I LOVE YOU」「15の夜」「卒業」が気に入っている。Bettyさんは彼の歌を聴くたびに「どうして死んでしまったのかしら」と嘆いている。

尾崎豊

ラケット
Bettyさんからはテニスのラケットをもらった。
プリンスのBLACK104というラケットだ。まだ慣れていないのでJAMESの腕にしっくりというわけにはいかないが、気に入っている。
食べるラー油
「食べるラー油」というものもCatharineが送ってくれた。東京ではすごい人気で品薄で買うのが難しいほどだそうだ。ラー油の中にフライド ガーリックが入っていてシャキシャキとした食感があり、少しだけ辛く食欲を増進させてくれそうな一品だ。
そして一番のプレゼントは電話口で3歳の孫Anneが歌ってくれた「Happy birthday to you」である。大変上手に歌ったのでびっくりしました。もうひとり孫Thomasからは「来年はいっしょに富士山に登りましょう」とメッセージを書いたカードをもらいました。字がどんどん上手になっているのがうれしかった。学校でしっかりと勉強しているのだなと思いました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №35 「500日のサマー」

500日のサマー
主人公トムはグリーティングカード会社で不本意ながらカードの文句を考えている。そこに社長秘書としてサマーが入社してくる。サマーが圧倒的にかわいい。トムが一目惚れしたのも無理はない。この映画は一目惚れしてからの500日にわたるトムの心情や行動を記録したものである。だから映画でもこれはラブストリーではないとわざわざ断っている。トムは日本で最近よく言われる言葉で表現すれば草食系の男性だ。やさしくて恋愛にもそうは積極的ではない。この恋愛でも主導権を握っているのはこの可愛いサマーである。サマーはいつも品のよい素敵な服を着ている。これを見ているだけでも楽しい。この映画はトムの成長の記録でもある。サマーとの恋は成就しなかったが、彼はサマーの助言通りに本当にやりたかった建築の仕事に就こうとするようになるし、また新しい恋を予感させる場面で終わるので、ホッとする。この頃はアメリカ映画にトムのような草食系の若い男性がよく登場するようになったと思う。JAMESが若い頃見たアメリカ映画で主役を張る男性たちはジョン・ウェインに代表されるようにマッチョな男らしい男ばかりだった。時代は流れたのですね。
評価 ★★★


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



たぬき座上映記録 №34 「ハブリック エネミーズ」

パブリック エネミー
大恐慌時代のアメリカに実在した伝説のアウトロー、ジョン・デリンジャーと彼の恋人との逃亡劇を描いたラブストーリー。デリンジャーを演じるのがジョニー・デップ。彼を追い詰めるFBIの捜査官にクリスチャン・ベイル。この捜査官がいい。ドライな感じでデリンジャーを追い詰めていく。それに対してデリンジャーは仲間思いで、一途な恋をするウエットな男として描かれている。デリンジャー一味を「パブリック エネミーズ」と名付けたところでこの勝負あったという感じですね。ジョニー・デップが演じると銀行ギャングもダンディな紳士に見えてくるから不思議です。いつも逃げてばかりいるデリンジャー。その横顔は寂しく暗い。音楽も哀愁を帯びていた。こういう映画主人公がつかまるか、殺されてしまうのはわかっているのだが、主人公を応援したくなるのはどうしてだろうか。ラブストリーになっているので映画の後味は悪くない。
評価 ★★★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

たぬき座上映記録 №33 「インビクタス」

インビクタス
サッカーのワールドカップが今年行われた南アメリカ大統領であったマンデラの伝記と言ってもいい映画である。ラクビーのワールドカップを舞台にしながらマンデラの人柄や思想が語られていく。マット・デイモンは南アフリカのラクビーのナショナルチームのキャプテン。彼は文字通り体をはってラクビーをしている。白人である彼がだんだんマンデラに惹かれていく様子がうまく描かれている。ただ前半は少したいくつする。マンデラが非常に優れた政治家であったことがわかる。人種差別政策で黒人を迫害してきた白人を許しなさいと言って黒人たちを説得していく場面には感動する。どうして彼はそんなことができたのか、そこが彼の偉大なところなのだ。
評価 ★★★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



民主党代表選挙はおかしい。

民主党代表選挙はおかしい。前鳩山首相とともに責任を取って辞任したはずの小沢一郎氏に代表選挙に出馬してほしいと要請した議員がいることにびっくりしている。あまり当てにならない世論調査でも二人が辞任したとたん民主党の支持率が急激に回復したことをもう忘れてしまったのか。小沢氏にまつわるお金の問題もまだ十分には説明されていない。そういう灰色の人を代表にしたいと思う議員の気持ちが理解できない。なぜ数ヶ月前に自分たちが選んだ代表をこんな短期間に変えようとしているのか理解できない。それとこんなに頻繁に代表選挙が行われては落ち着いて政治に取り組むことができないではないか。衆議院議員の任期が4年なのに代表の任期は3年のようで、国民に信任された総理大臣が任期中に党の代表としてまた選挙をされなければならないというシステムがおかしいのではないか。アメリカの大統領は4年という任期がはっきりとあり、よほどのことがないかぎり途中で解任されることはない。4年間はしっかりとアメリカの代表として行動できる。民主党が政権を獲得したのだから、今回の代表選挙の後、この矛盾を解決するような方向で改革を進めてほしいと思う。政局は政治ではないと思う。今は経済上もあまりよくない。腰を据えて仕事をすする時期であろう。なのにニュースでは小沢氏が立候補するかどうか、管代表はどう支持を集めようとしているかということばかりが話題となっている。これでいいのか。これではまるで昔の自民党と同じではないか。官僚にも馬鹿にされるのではないかと思う。そして残念だけど民主党の支持率は低下するであろう。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ノカンゾウの花が咲きました。

ノカンゾウ 1

ノカンゾウ 2
ユリに良く似た花が今JAMESの家の庭に咲き乱れている。JAMESはこの花の名前がわからなかったのでBettyさんに聞いてみた。彼女も最初はわからなかったが、花の本や植物図鑑を引っ張り出して調べてくれた。そして「ノカンゾウ」という名を調べ上げてくれた。仲間としては尾瀬などで咲いている花として有名なニッコウキスゲと同じ仲間だそうです。Bettyさんはこういう自然に育って、ほったらかしでも花が咲く植物が好きです。JAMESもこのノカンゾウはこれだけまとまって咲いているときれいだなと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ウォールバスケットが咲きそろってきました。

バスケット 824 2
バスケット 824 5

バスケット 824 4

バスケット 824 3

バスケット 824 1
ウォールバスケットのペチュニアが咲きそろってきました。咲き始めの初々しい感じがJAMESは大好きです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

鉢のペチュニアが美しく咲き出しました。

ぺ 824 1
これは少し黄色を帯びた白い花です。
ペ 824 3
これは八重のペチュニアです。
ペ 824 2
寄せ植えをした鉢です。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

枯れたペチュニア

枯れたペチュニア
ウォールバスケットや鉢に定植したペチュニアが枯れてしまった。こんなことは初めてだ。原因はどうも古い土を使ったせいらしい。全部で10鉢ほど枯れてしまった。古い土の中にヤトウムシや根切り虫がいたためだろう。古い土を使うときは天火で乾燥させてから使うと知っていたのに、面倒くさいと思いそのまま使ってしまった。今年なのはこの暑さだかた1日も天日に干せば、簡単に虫や雑菌などを駆除できたと思う、せっかく育った苗が可哀想であった。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

夏の思い出 その2 JAMES 剣岳に登る  小屋にもいろいろありました。

剣御前小屋
この小屋は二日目に宿泊した剣御前小屋です。19日室堂から雷鳥平を通って剣御前小屋で休憩しました。ここまでが登りで、この日宿泊した剣山荘まではゆるやかな下りでしたから、1日目の足慣らしには最適のコースでした。剣山荘にはシャワーがありました。山でシャワーは初めての経験でした。気分のいいものですね。生ビールもしっかりと冷えており、おいしかった。部屋も大層きれいで、しかもゆったりと眠ることができたのは幸せでした。またトイレは完全な水洗トイレで快適なトイレ生活を送ることができました。こんもトイレも今までに体験したことのないものでした。また食堂には映画「点の記」の出演者のみなさんがサインした色紙が掲示されていました。
色紙


剣山荘と剣御前小屋を比べると、先ずビールが冷えていなかったことがJAMESとしては厳しい点をつけざるを得ません。小屋のすぐ下に雪渓があるのですが、この雪渓を使うことができないということでビール冷やすどころか水にも困っているようです。お茶や水を販売していました。集会室のようなところでぬるいビールを飲みました。剣御前小屋で工夫されていたのはお弁当です。おにぎりがコンビニのもののような包装がしてあり、乾燥した海苔でまいて食べることができました。また腐敗防止のために副食は真空パックしてありました。これも初めての経験でした。五色ケ原にある五色ケ原山荘にはお風呂がありました。男女に分かれて入りましたが、みんが殺到したので芋を洗うような状況でしたが、いい気分でした。この部屋からは布団に寝ていて宵の明星である金星を眺めることができました。五色ケ原山荘のトイレは全部洋式で水洗でこれもまた快適でした。この小屋も電量が豊富にあるようでビールもしっかりと冷えていました。
ビール
剣山荘で冷えた生ビールで乾いた喉をうるおしているところです。これはうまかった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


夏の思い出 その1 JAMES剣岳に登る。

剣岳1
19日から22日にかけて、いつもの山の仲間と剣岳・立山縦走に行ってきました。剣岳は映画「点の記」の舞台になった山で有名ですね。JAMESの中では難しい山として槍ヶ岳と並んで生涯登ることはできないであろうと思っていた山です。でもすばらしいリーダーであるWilliamの10年に亘る訓練のおかげで登ることができました。毎年この時期になると縦走に出かけていたのですが、彼の頭の中ではJAMESを訓練するためのカリキュラムのようなものが漠然とあって、それに従って縦走計画が立てられていたのではないかとJAMESは思っています。「カニのよこばい」「カニのたてばい」もなんとか越えることができました。怖いにはこわかったのですが、下を見ないようにして足元をしっかりと決めることだけに集中して登りました。頂上からの展望がすばらしかった。富士山 八ヶ岳 北岳 槍ヶ岳 穂高 笠岳 と日本の有名な山を遠くに見ることができました。頂上には家族連れや山ガールも何人か登っていました。JAMESが剣岳に対して抱いていた恐れのようなものは山ガールの皆さんには無いように感じました。経験を積んでから登る山ということではなくなってきているのでしょうか。4日間すべて快晴で天候にも恵まれました。そしてこれらの山のほとんどを登ったことがあるというのもWilliamと仲間のみなさんのおかげです。疲れたけれど充実し仲間と友情をさらに深め山行でした。仲間のみなさんに感謝 感謝です。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ペチュニアを鉢に定植しました。

IMGP3290_convert_20100817210614.jpg
7月1日に2回目のポット上げをしたペチュニアの苗がこんなに大きくなりました。遅蒔きをして気温の高い時期に育てると生育が早いように感じます。そこで今日はこれを鉢に定植することにしました。気温34℃の庭での作業は汗だくというよりは、全身汗まみれのずぶ濡れという感じでした。汗だくの様子を写真に撮ったのですが、様子がわからない写真になったしまったのでアップを断念。暑さを写真で表現するのは難しいことがわかりました。今回は初めて古い土を使いました。冬越ししたペチュニアを植えたあった鉢の土や春先に植えたいろいろな植物の鉢の土などに、鹿沼土やピートモスを混ぜてペチュニアの土にして使ってみた。もちろんマグァンプKもしっかりと混ぜた。
IMGP3294_convert_20100817210739.jpg
枝垂桜の木陰でBettyさんと二人で作業しました。全部で60鉢ばかり定植しました。でもまだ苗があるのです。だから発育の遅い苗は残し、大きく育ったものから定植しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ウォールバスケットをフェンスに下げた。

IMGP3297_convert_20100817211014.jpg
ここしばらく何も下げていなかったフェンスにペチュニアのウォールバスケットを下げた。バスケットのペチュニアの花はまだ咲き始めたばかりで、咲きそろってはいない。花がだんだん咲いていく様子を道行くみなさんに楽しんでいただけたらと思っている。
IMGP3299_convert_20100817211217.jpg

IMGP3298_convert_20100817211118.jpg

IMGP3301_convert_20100817211318_20100817212106.jpg
花の咲き具合はこんな程度です。秋になると色の濃い花が咲く予定なのです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

夏の花

夏の花1
夏は一般的には花が少ない季節ですが、JAMESの庭ではいろいろな花が咲いています。先ずバラですが、春のように満開という咲き方ではありませんが、次々に一輪づつ咲いています。これもまたうれしいことです。

夏の花4

夏の花2
これは芙蓉の花だと思っています。暮れにシルバー人材センターの方に選定をしてもらいました。その剪定がよかったようで今年はとてもよく花が咲いています。

夏の花3
これはクレマチスです。これは次々と花が咲きます。今までのクレマチスは春に一度咲くとそれでおしまいでした。でもこの品種は次々と花を付けています。ただ残念なのは花が小さく少し貧弱な感じがするのです。

夏の花7
JAMESの家のスルスベリです。今満開です。

夏の花ユリ
ユリもJAMESの庭のあちこちで咲いています。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

剱岳登山の準備を始めました。

アタックザック
20リットルの小さなバックと帽子止めを買ってきました。木曜日からWilliamをリーダーにして剱岳に登ります。去年悪天候で中止をした計画です。Williamにもらった資料で、「カニのタテバイ カニのヨコバイ」の鎖場の説明を読むとかなり怖さを感じます。平常心で渡れるかと心配になります。そこが今回のトレッキングでの心配しているところです。あと食料なども買い込みました。明日中には持ち物全部をそろえるつもりです。帽子止めの高いのにびっくり。去年は600円だったものが今年は800円になっていました。毎年買わずに済むようにしっかりと管理したいと思いました。
剣岳 山準備
1 雨具              15薬(血圧)
2 軽アイゼン 16薬(その他)
3 ウインドブレイカー 17着替え(夜用)
4 サングラス 18携帯電話
5 軍手 19タオル
6 ヘッドランプ 20洗面用具
7 ザックカバー 21あめ
8 帽子  帽子留め 22時計
9 日焼け止めクリーム 23ストック    小ザック
10 保険証 24眼鏡
11 防寒着(フリース) 25お金
12 防寒着(ダウン) 26食料
13 コップ 27ガスボンベとコンロ
14 トイレットペーパー    28水1 水2    29カメラ
こんなリストを作ってこれをチェツクしながら準備しています。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

青い足踏み自動車

自動車
Thomasが3歳くらいのとき今は亡き母Scarlettが買い求めたものです。足踏み自動車なのですが、子どもが小さいときは座席に別の座席を被せて、足ではこぐことができないようにして、後ろのハンドルを大人が持って車を押すことができるようになっています。Thomasが使い、今はAnneが乗っています。Anneはこの車がお気に入りで、家に着くなり「おじいちゃん 青い自動車は?」と聞くほどです。まだ道路には出たことがありません。家の中でぐるりと1周できるコースがあるので、そこをAnneをのせて周ります。我が家はバリアフリーにはなっていないのでガタゴトさせながら廻っています。今年の冬にはAnneも自分の足でこぐことができるようになるでしょう。買ったときは高いなと思ったのですが二人使えば元は十分にとれたかなと思います。今はお盆なので亡き母も家に戻っていて、Anneが青い自動車に乗っている姿をみているかもしれません。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


Bettyさん手作り帽子をプレゼントされる。

手作り帽子
Bettyさんが息子の奥さんCatharineさんから手作り帽子をプレゼントされました。シックな色で形も優雅でBettyさんにとてもよく似合っています。Catharineさんはとても器用で娘のAnneの洋服なども手づくりしています。先ず帽子を作ってプレゼントしようという気持ちに感謝したいと思います。「夜目 遠目 帽子の中」でBettyさんはさらに可愛く見えることでしょう。Catharineさんありがとう。もうひとつAliceのためにも帽子を作ってくださったのです。これもありがたいことです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


JAFに入会しました。

JAF.jpg
車を買ったら販売店のサービスでJAFに入会しました。これから遠出をする計画があるので、入っておいたほうがいいかなという思いもあったのです。山の中を運転しているときなどは、ここで故障したらどうしようと思うことがよくあります。JAMESは気が小さいというか心配性なのです。でもこれからは安心です。追加料金も払ってBettyさんが一人で運転しているときでもJAFのサービスが受けられるようにするつもりです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


ペチュニアが続々咲き始めました。

お盆には間に合いませんでしたが、ペチュニアが続々と咲き始めました。これから秋に向けてさかせようという試みは成功しそうです。
ペ 815 2

ペ815 1

ペ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ






楽しいことはあっと言う間に終わりになった。

花火3
息子一家と娘のAliceが12日の夜から帰省した。13日の夜はJAMES一家7人が久しぶりに勢ぞろいし、にぎやかな食卓となった。その後は恒例の花火大会となった。かなりたくさん買っておいた手持ち花火も全部やってしまった。孫たちも十分に満足できる量であったと思う。今年の打ち上げ花火は質が高かった。もう終わりかなと思って見ていると最後のフィナーレがやってくるという構成になっていて、見ごたえがあった。これもまた十分に楽しめるものであった。次の日Thomasは父親と近くの釣堀に行って2匹の鯉を釣り上げた。その景品として怪しげな氷菓子を手に入れ、妹に見つけられないようにして食べてしまった。妹のAnneはBettyさんとJAMESに相手をしてもらい、おいしい果物やお菓子を食べて、彼女もまた満足したようである。BettyさんとJAMESは二晩に亘って夜遅くまで息子たちとワインを飲みながら話をしたので、もう十二分に満足しました。こうして楽しかった二日間はあっというまに過ぎてしまいました。その話の中で来年は孫のThomasが10歳になるので、JAMES ThomasとGeorgeの3人で富士登山に挑戦をしようという話が持ち上がった。息子のGeorgeがかなり乗り気なので実現しそうだ。JAMESも楽しみにしている。Thomasはさらに少年らしくなって口数が少なくなり始めていた。2回将棋をやりJAMESは2敗してしまった。以前よりよりしっかりと考えて攻めてくる。飛車角落ちなので攻め手がなく、うっかりしているとやられしまう。近所の方が初盆お見舞いで見えたとき、いろいろ質問されたが、もじもじしないではっきりと、しかも丁寧語で答えていたというから、大したものである。妹のAnneは言葉が豊富になり、お話しが上手になったので、さらに可愛さがました感じである。女の子なのでかわいい洋服が大好きで次々と服を着替えては披露してくれた。まだ3歳なのに服装に強い関心があるのにはびっくりである。生まれながらにして女の子は女の子であると実感した。男とは違う人種なのである。まあとにかく非常に可愛い。孫たちの写真をフォトフレームに入れて、繰り返し眺めている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


初盆お見舞い

仏壇
今年のお盆は母の初盆でした。初盆お見舞いに大勢の方が来てくださった。感謝、感謝です。近所の方のご挨拶は「さびしいことでございますね」から始まります。みなさんが同じようにこの言葉からご挨拶を始めますから、これはこの地方の習慣なのかなと思いました。これはいい習慣だと思います。家族を亡くした方の気持ちを思いやっている暖かな気持ちにあふれた言葉だと思います。少し方言が入ったなまったいい方でこの言葉を聞くと心にくるものがありました。素朴ですがいい言葉だなと思って聞きました。母も聞いたのでしょうか。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。