錆びた屋根

IMGP4320_convert_20110929211741.jpg
ホームシアターにしている部屋はその昔子供の勉強部屋として増築したものだ。12畳の広さがある。その屋根の写真がこれである。錆びたところと黒いペンキが残っているところを見ることができる。この屋根全部を黒く塗ったのだが今はところどころに黒いペンキが残るだけとなってしまった。JAMESが屋根に登って数年前に塗ったのです。屋根に穴が開いて雨でも漏るようになると大事になるので専門家に塗ってもらうことにした。屋根から落ちたりするとこれもまた高くついてしまうことになる。一人暮らしでは怪我をしたりするとこれもまた大変なことになるので専門家に見積もりをお願いした。ついでに向こうに見える物置の屋根も塗ってもらうことにした。業者2社から相見積もりをとったわけではないので高いのか安いのか妥当なのかはっきりしないがJAMESが頭の中で予想していた金額より安かったので頼むことにした。生きていくためにはお金がかかるものだなとこの頃実感している。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

川の土手の彼岸花

IMGP4321_convert_20110929210720.jpg
家の前の川の土手の彼岸花が満開である。今日あたりが一番きれいかな。土手の桜の木の葉っぱは先日の台風の風で吹き飛ばされてしまったようだ。
IMGP4322_convert_20110929210822.jpg
彼岸花の向こうには黄金色に輝く稲が穂をゆらしていた。美しい光景の一つかな。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







ニトリは安い。

IMGP4312_convert_20110927211738.jpg
サンルームのレースのカーテンが陽に焼けて弱くなり、ついに破れてしまった。破れてしまったカーテンを下げているのはどうかと思うので思い切って新しくすることにした。その決心を促したのは今日仕事が休みで遊びにきたAliceである。「ニトリは安いわよ」という娘の言葉を信じてニトリに出かけた。窓が大きいので大きさはぴったりとはいかないが写真のようなカーテンを買い求めることができた。昔は全部オーダーで誂えていたのだが年金生活者になり、そういうこともできなくなった。以前のカーテンより陽を遮るように感じた。部屋の中が外からはあまり見えないカーテンが多かった。透けて見えるようなカーテンはあまりなかった。娘の説明ではそういうカーテンはあまり需要がないのではということだった。とにかく安かった全部で1万円であった。これで2階と寝室の遮光カーテンまで買いそろえることができた。物が安いということはありがたいことです。
IMGP4317_convert_20110927211841.jpg
これは寝室の遮光カーテン。しっかりと遮光しているので安眠できそうだ。色も淡いグリーンなので部屋の感じも柔らかくなった。独りだとこういうことは思い悩んでなかなか決心ができないが、背中を押してくれる人がいると本当にありがたい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







たぬき座上映記録 №32 「13人の刺客」

13人の刺客
今日は雨が降ってテニスに出かけられないので午後から「たぬき座」で映画を観た。昼間に映画をみることは非常に珍しいことだ。13人の刺客全員の個性がうまく描かれていない。まあ7人くらいならそれぞれのエピソードが語れるが13人だと多いので無理ということで省かれてしまうのだろうか。なので最後の戦闘シーンで死んでいく刺客たちに思い入れをして見ることができなかった。敵味方がはっきりしていてそこはわかりやすかった。映像としては優れているシーンがたくさんあってて楽しめたが、リアルを追うあまりに残酷というかショキングは場面が多く、女性や子どもには見せられない映画だ。リアルということはそのままを見せることではないだろう。暗示するだけでも十分なこともたくさんあるはずだ。役所広治と対峙する異常な殿様の表情のない顔が怖かった。戦闘シーンに工夫がない。最初は考えて戦闘しているが最後は肉弾戦となる。13人で200人と戦うのだから普通ならもっと考えて戦うんじゃないのと思ってしまう。肉弾戦なら多勢が勝つに決まっているいるでしょう。いいところあったけど総合すると
評価★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







彼岸花が咲きそろった。

IMGP4304_convert_20110926141856.jpg
家の前の土手の彼岸花だ。今満開である。例年より遅くなった気がする。
IMGP4267_convert_20110919192219.jpg
1週間ほど前の写真と比べると違いがはっきりする。
IMGP4303_convert_20110926142025.jpg
庭の中でもあちこちで咲いている。どんどん増えてるから強い花だ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







剪定ゴミ

IMGP4302_convert_20110926134645.jpg
今日は燃やすゴミを捨てる日である。我が地区では月曜日と木曜日がその日である。このゴミ捨てはBettyさんが元気な頃からJAMESの仕事だったのでどうということはない。今日は先日処理したミモザとレモンの木のゴミが20袋あった。今日はゴミ捨てに行かなくてはという意識があったせいか午前6時30分に自然起床できた。これは珍しいことだ。JAMESは目覚まし時計が鳴ってようやく7時に起きるという毎日を送っているのだが、今日は特別だった。まだ雨は降っていなかった。これはラッキーである。20袋だとJAMESのプリウスでは一度に運ぶことはできない。3回に分けてゴミ集積場に運んだ。我が町内にはゴミ集積場が2ケ所あるのでそこに10個ずつ分散して置いてきた。昼過ぎ買い物に出たときそれとなく2か所のゴミ集積場を見たら全部の剪定ゴミが運ばれていた。JAMESはそれを見て安堵したのであった。割と早く台風の後始末ができてよかった。JAMESは気になることがあるとそれをずっと気にするタイプなのだ。そういう意味で後始末が早くできて今は気になることがないので精神的に落ち着いていられる。これはうれしいことだ。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







特製カレー

IMGP4272_convert_20110925192200.jpg
月曜日から金曜日の夕食はワタミの宅配のお弁当にお世話になっている。なので土曜日とに日曜日の夕食は自分でつくらなければならない。何を作るかを考えるのが大変なので金曜と土曜はカレーの日と決めてしまった。レトルトカレーでもちょっと手をいれるとすごくおいいしくないますよというアドバイスを娘のAliceからもらった。そこでそのアドバイスを守って特製カレーを作っている。タマネギをオリーブオイルでしんなりするまで炒める。タマネギがしんなりしたらそこにバターを少し加え、さらに牛肉を加える。この牛肉に焼き肉用の肉を使ったところ驚くほどカレーがおいしくなった。もともとカレーに入っている肉がスリッパの底のよう固くて味がしないが、後から加えた肉が柔らかくさらに味がしっかりするのでレトルトカレーが一流レストランのカレーのような味がした。これが気に入って毎週作っている。焼き肉用の肉は高いので半額になっているのを狙って買ってくる。サラダはJAMESの手作り。真ん中のポテトサラダはスーパーから買ってきたもの。けっこう彩が鮮やかにできていると思う。秋になったらタマネギの代わりにキノコ類を入れるとおいしくなると言うアドバイスもいただいている。今度はそれに挑戦しよう。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







ミモザの枝の処理が完了した。

IMGP4295_convert_20110925134307.jpg
今日午前中かけてこの畑に山盛りあったミモザの枝をゴミとして処理した。おもったより早く片づけることができた。左手の中指を剪定鋏で挟んでしまい痛い思いをした。幸い小さな傷ができただけだったのでよかった。
IMGP4297_convert_20110925134426.jpg
細い枝を切り落とした太い枝がこれだけある。今はこの処理に頭を痛めている。市の分別収集マニュアルによると太さ10cm以内、長さ1m以内に切ったものを針金でしばり3束以内なら収集日に出してもいいことになっている。太さは10cmはないので針金でしばって何回かに分けてだすことにしよう。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







ミモザの枝

ミモザの枝
畑に積み上げられたミモザの枝。これを小さく切ってゴミ袋に詰めて燃えるゴミとして処理しようと思っているが、この量の多さに気が重くなっている。でも今日2時間やったら大分処理できた。この分では明日朝からやれば全部処理できてしまえるように思えてきた。そういう見通しがでてくるとやる気もでてくるというものです。明日は朝から頑張るぞという気になってきた。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







八幡神社のお祭り

お祭り1
今日は八幡神社の例大祭。例年9月の23日に行われているがこの日はどうしてかよく雨が降る。なので八幡神社は「泣き八幡」とも呼ばれている。でも今年は晴天に恵まれた。我々来賓は9時30分に神社前に集められ、夕方5時30分に神輿と一緒に神社に戻るまで行動を共にした。だからとても疲れた。お祭りの主役はこの二人である。武者と巫女である。二人とも小学校低学年である。この二人は行列と一緒に歩くことはない。ジープというオープンカーに乗って移動する。特別待遇である。でも全部4回笛の音に合わせて舞を踊らなければならない。二人ともリズムに乗って上手に踊っていた。
お祭り2
こんな豪華なお弁当が出た。JAMESの大好きなお赤飯だったのでうれしかった。昔はこういうお弁当はあまり好きではなかったが、この頃は自分で作らないですむのでどんなお弁当でも喜んでいただくようになった。境遇が変わると贅沢は言っていられなくなるのです。お神輿は村にあるいくつかの部落を周ることになっている。今年は一番遠くにある部落に行くので途中から行列の人はバスに乗り、お神輿はトラックで運ばれた。そして着いたのが山間の小さなグランドである。そこには部落の方々が出て舞台を作って待っていてくださった。
お祭り3
お神輿を置いてそれを紅白の幕で囲んで、臨時の祭壇ができあがった。緑の山をバックに絵になる風景であった。その神前二人が舞を舞った。
お祭り4
お祭り5
横笛の音が風に乗って、実った田んぼの上を流れていきました。哀愁を帯びた笛の音には心が揺さぶられるものがありました。ここでの舞がJAMESには一番心に残りました。神社のお祭りは素朴な思い、宗教や信仰と呼ばれるものよりもっと素朴なもので支えられてきたのだなと実感しました。
地区の役員になったおかでお祭りの様子もつぶさに見ることができてよかっなと思っています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







八幡神社のお祭りの前夜祭

前夜祭1
八幡神社のお祭りの前夜祭に地域の代表として招待された。去年も招待されたのだが前夜祭というものが理解できていなかったのでネクタイもせずに参列し、少し恥ずかしい思いをしたので今年はきちんとした服装で参加した。提灯に火が入ると雰囲気が出る。篝火もたかれた。
前夜祭2
直会(なおらい)で挨拶を求められた。こんなことを話した。「この八幡神社は平安時代の終わりごろからここにあるそうだ。その神社を部落の方々がお祭りをして1000年にもわたって守ってきたことはすばらしいことだと思う。その努力に敬意を表します。神前で神主さんの祝詞を聞いているととても謙虚な気持ちになります。地震があったり津波があったり、台風が来たりと様々な災害が起きています。それらを人間は避けることができない、なんと非力な存在だろうか。自然に対して謙虚な気持ちで接することがもとめられるかなと考えたりします。お祭りは文化そのものです。その文化をみなさんは守ってきたのです。」去年も求められたので今年は少しは準備したのですが、原稿を出して読むわけにもいかず。こんな話になってしました。まあ外の人とは違う視点で話ができたのはよかったかなと思っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







台風のもう一つの被害

IMGP4278_convert_20110923204129.jpg
台風の強風によるもう一つの被害は植木鉢が割れたことである。強い台風がやってくるというのに鉢が落ちれば割れるということにまったく気が付かなかったJAMESの不注意による被害である。まあその前から雨が激しく降っていたのでその中を鉢を降ろしにいくというのは難しかったかもしれない。でも風が強い台風であるというニュースを聞きながら、まったくその対策を考えることができなかったのは問題である。雨戸をしめ切ってただ静かに過ぎ去るのを待っていただけであった。いい鉢だったので残念であるがいい教訓をJAMESに残してくれた。独りになって思考力が衰えているようでもある。もう少し緊張して生活しよう。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







台風の風でミモザが倒れた。

ミモザ1
台風の強風でミモザが根元から折れてしまった。台風が通過した午後5時ごろに庭を一巡し倒れているミモザを発見した。駐車場で車の出口をふさぐように倒れていた。幸いにも車への直撃はなく、胸をなでおろしたところだ。でも駐車場の出口をふさがれたことには困った。車が使えないからだ。早速いつも植木の剪定などをお願いしているシルバー人材センターに電話した。受け付けてくれたが来週になるだろうという。明日は車を使う予定があるので来週では困る。そこで近所に住む専業農家の友達に助けを求めた。彼はすぐにチェンソーを片手に駆けつけてくれた。そして30分足らずでミモザを切ってくれた。早業である。そして昨日の朝早起きしてミモザを空いている畑に積み上げた。これを小さく剪定してゴミとして処理するつもりだ。おかげで車の出し入れができるようになった。友達はありがたい。

ミモザ4
この写真は今年の春に撮影したミモザである。この花がもう見ることができないのはとても残念である。JAMESの庭で一番先に春を告げる花であった。Bettyさんが亡くなった年にこのミモザも姿を消したことは偶然とはいえ、JAMESの家の一つの時代が終わったことを象徴しているようなできごとだと思った。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







敬老の日のプレゼント

プレゼント1
敬老の日の夕方プレゼントが届いた。東京に住むCatharineからだった。彼女はこういうプレゼントを忘れたことがない。開けてみるとおいしそうな和菓子の詰め合わせだった。
プレゼント2
どら焼きであったりぜんざいであったりと小豆を加工しあ和菓子であった。「あんこが好きだ」と話したことを覚えていてくれたのだろう。ありがたことです。おいしいお茶を入れて先ずどら焼きを」いただいた。甘さ控えめの上品などら焼きだった。おいしいものを食べると独りでいる寂しさも少しは忘れることができるかな。Catharineありがとう。夜には孫たちとスカイプで話をした。これも楽しかった。お菓子は四国の高松市のお菓子だった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







ミョウガを初めて見つけた。

ミョウガ
ミョウガが庭のあちこちで繁茂している。レモンの木の下のものは暑苦しいので引っこ抜いてしまった。そうしたら根本にミョウガがあった。うれしくなってしまった。Bettyさんは見つけるのが上手で小さなボール一杯は簡単に見つけていた。春先JAMESも一生懸命に探したのだが一つも見つけることができなかった。これまら来年はいくつか見つけることができるだろう。半分に切って味噌汁と納豆に入れて食べた。春先ほどの香りはしなかった。でも歯触りはよかった。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







たぬき座上映記録 №30「ツーリスト」

003.jpg
映画はこの頃観ているのですが、感想を書きたくなるような映画に遭遇しなかったのです。この映画は僕の大好きな映画の要素を全部含んでいました。評論家には評判がよくなかったようですが、JAMESは★★★★★を自信を持って差し上げてしまいます。大変お洒落な映画です。アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップという美男美女。ヴェネチアという風光明媚な舞台。目がくらむように豪華なホテル。舞台装置は見事に整えられています。日常を忘れて非日常の世界に遊ぶには申し分のない映画です。ジョニー・デップがアメリカ人の数学の教師に扮しています。彼がマフィアに追われて赤い瓦の屋根を逃げ回るシーンがあるのですが、そのかっこうがいかにも教師という姿であか抜けていないのです。いつものジョニー・デップから想像もできない姿です。この屋根の上を逃げ回るというシーンを見て、これは何かの映画で見たことがあるぞと思いました。グレース・ケリーよケーリー・グラントが出演した「泥棒成金」でした。このヒチコックの雰囲気をこの映画は色濃く残しているなと思いました。こういう上品で洒落た映画というのが今は少なくなってきていますね。監督はドイツ人だそうだ。それでアメリカ映画とは一味違うのかな。アンジェリーナ・ジョリ
ーはスターになったなと感じた。道を歩いているだけでオーラが出ていた。そこだけ輝いているようだ。でもJAMES
は彼女はあまり好きではない。グレイス・ケリーなどのようにクールビューティーと呼ばれる女優が好きだ。彼女はあまりに濃すぎるとJAMES感じている。
評価★★★★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







畑の草取り

IMGP4269_convert_20110919195214.jpg
昨日は何にもやる気が起らず1日ぶらぶらと過ごした。JAMESとしては非常に珍しいことだった。夜映画を観出したのにすぐ居眠りが出るような状態だったので、疲れているのだなと思い、9時には寝てしまった。なので今日は朝から元気で畑の草取りに精をだした。この畑はキュウリを育てた畑でネットもそのままで、周りは雑草に覆われていたのですが、こんなにきれいになりました。他にも今日は植木の剪定をしたり芝生を刈ったりとよくは働いた。独りだといろんなことに意欲を持ち続けることが大変だということがだんだんわかってきた。朝食を作ることもどこまで続けることができるか心配になってきた。よく老人が住むゴミ屋敷が新聞やテレビで話題になったことがあった。ああはならないぞと心に決めているのだがこの頃は少し心配になってきている。掃除もゴミ捨ても今はしっかりできているがこれがめんどくさい、もういやだとなる可能性がJAMESにもあることがだんだんわかってきた。そういう気持ちとの戦いもけっこう大変だ。ゴミ屋敷だって最初からゴミ屋敷ではなかったはずだから。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







洗濯

IMGP4266_convert_20110919194335.jpg
今日は朝から暑い位の好天気だったので洗濯をした。シーツと枕カバーとパジャマを洗濯した。主夫の活動も板についてきたというかスキルが上がってきた気がする。パジャマなどを小まめに洗濯しないと寝室がJAMESの加齢臭で充満してしまうのではないと気にはしている。ただ自分の臭いにはよほどではないと気付かないことが多いのでこれも困ったことだ。まあ今日洗濯したので1週間くらいは大丈夫だろう。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







彼岸花が咲き始めた。

IMGP4267_convert_20110919192219.jpg
予想したとおり草を刈ったあとから彼岸花が咲きだした。でも例年より少ない気がするが気のせいだろうか。
IMGP4268_convert_20110919192348.jpg
本当に派手な花だ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







秋の空

秋の空
今日の空をJAMESの家の庭から撮影したものです。澄み切っていて本当に秋の空ですね。テニスコートは山に囲まれているのでこれよりきれいに見えました。残暑は厳しい。この暑さの中で3人でテニスレッスンを受けました。バックのストロークがすごくよくなってきている。コツをつかんだような気がする。練習すれば上達することを実感するとまた意欲がでてくるというよいスパイラルが始まるのですね。なにしろレッスン生が3人なので休む間もなく次々とボールがでてくるので練習はかなりハードでした。コーチも熱中症を心配していつもより小まめに休憩をとり、水分の補給を呼びかけていました。最後はコーチを入れて練習ゲームをやりました。JAMESはコーチと組み、女性二人と対戦しました。前回はこの組み合わせで4-4で引き分けました。今回はJAMESが調子がよかったので6-2で快勝でした。暑い中でやったのですごく疲れました。午後は庭仕事をやる予定でしたがこれはキャンセル。髪が伸びたので床屋にいきました。散髪してもらいながらうとうとと居眠りをしてしまいました。疲れていたのですね。車の温度計は34度を示していました。今日も暑い1日でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







生垣の剪定

剪定1
今日は朝から元気がなかった。暑いのでテニスはお休みにした。5月から気になっていた隣りとの境にある生垣の剪定をすることにした。ここは日陰なので熱中症の心配はないだろう。こんなにしっかりと茂っているのです。
剪定2
ここは1本1本剪定するのではなく、バリカンとJAMESが呼んでいるエンジン付の剪定機で一気に剪定できるのでさ作業は比較的楽である。
剪定3
下にはシートを敷いて剪定ゴミを集めやすいようにしてやる。それをゴミ袋につめる。
剪定4

剪定5
2時間ばかりでこんなにきれいになった。本当にせいせいした。あと半分ほどが残っているがこれも近日中に剪定できるだろう。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







赤い財布と金銭出納帳

赤い財布
この赤い財布はBettyさんが主に食費を入れて買い物などの使っていたものだ。JAMESも同じように使っている。今日この財布のお金が1万円を切った。JAMESの会計の1ケ月は15日から14日までなので、明日が最終日なのでまあよかったよかったいうところだ。固定資産税や健康保険税を払っても赤字にならなかった。金銭出納帳もこまめにつけている。お金はアッという間にどこかに消えてしまうから。1ケ月なんとか暮らせる目途がたったのでJAMESの「将来に対する漠然たる不安」がいくらか軽減された感じがする。思いつきでGパンを買ったりしないで、貯金できるようになりたいものだ。その貯金でどこか遠くを旅したいものだ。今日は朝から疲れた感じがしたのでテニスをお休みした。とにかく残暑が厳しいので体調管理に気をつけたい。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







サロンの敬老会に招待された。

地域のサロンの敬老会に招待された。サロンとは高齢者の健康増進と認知症予防のために月1回集会を開いている。地域の社会福祉協議会が補助金をだし、ボランティアが運営している。Bettyさんは民生委員としてこのサロンを立ち上げるのにとても熱心に活動した。なので会員の中にはこのサロンはBettyさんのものだと誤解している人もいたくらいだ。民生委員の任期が終わってからもボランティアとして活躍していた。ボランティアの皆さんは若く、Bettyさんが年長者だったこともあってとても頼りにされていたようだ。
サロン2
このサロンの活動の特徴はハンドベルを取り入れているところだ。今演奏しているのはボランティアのみなさん。
サロン1
これはBettyさんが考え出したハンドベル用の楽譜である。色はハンドベルの色を表し、面積が長さを表している。この色楽譜を使うことにより80歳を超えた方々が見事に演奏できるようになっていた。Bettyさんが夜なべ仕事にこの楽譜を作っていた姿を懐かしく思い出した。Bettyさんはいなくなったがこの楽譜は半永久的にこのサロンに伝えられていくことだろう。
今日は敬老会ということで、ボランティアの方が高齢者の方々に人形劇を披露してくださった。
サロン3
「すずめのお宿」という昔話の人形劇だった。人形も小道具も背景もみんな手作りというからすごい。その熱意に脱帽です。会員のみなさんも楽しんで観ることができたと思う。
サロン4
フィナーレでは出演者が人形を持って舞台の前に勢揃い。大きな拍手をもらっていました。Bettyさんに見てもらおうと一生懸命に練習したんですよ。と話してくださったボランティアの方もいました。最後に全員が「千の風になって」を歌ってくださいました。Bettyさんを哀悼してくださったのです。ありがたいことです。敬老の日ということでお饅頭をいただいてきました。
サロン5
いただいたお饅頭は仏前にお供えしました。風になったBettyさん、人形劇は観ましたか。歌やハンドベルの音は届きましたか。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







今日は仲秋の名月

IMGP4247_convert_20110912200348.jpg
今日は仲秋の名月。2階のベランダから東の山から登ったばかりの月を眺めることができた。今日はお月見には絶好の天気ですね。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







お隣との堺の生垣を剪定した。

隣りとの境1
お隣との境が気になっていた。例年5月に剪定しているのだが、今年は夏が過ぎても剪定ができていない。生垣以外でもススキは繁茂し野ばらが枝を伸ばしていた。お隣ではこれを見ながら生活することになるが、JAMESの家では北側になるので見ないですむということになる。でも今日はこれらを全部剪定した。お隣の方に枝を伸ばしている夾竹桃もしっかりと剪定した。
隣との境2
剪定すればこんな風にせいせいする。まだ不完全ではるが、誠意は示せたかなと思っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







味噌汁のだし。

だし
味噌汁のだしがBettyさんが亡くなったから60日になろうとする今日なくなった。困ったなと思って冷蔵庫の中を探したら、こういうものを見つけた。JAMESが探すのがわかっていたかのように「味噌汁 だし」というな名札がついていた。我が家の味噌汁のだしは煮干しである。煮干しをミキサーにかけて細かく粉砕し、それを金網でさらに選別したもものを使っている。このBetty遺産がなくなったら、JAMESも煮干しで作ろうと思っている。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







中学校の運動会

運動会1
感動的な入場行進でした。全員の足がぴったりと揃っていたのです。まるで集団が意志を持っているように感じました。一人ひとりの子どもたちの思いがあの行進を生み出していたのでしょう。音楽に合わせて歩くというそんなに特別なことでなくてもなかなか揃わないのが普通だと思います。それがぴったりと揃っていたのですからこれはすごいことだと思いました。校長先生はこのことも褒めることはありませんでした。惜しかったな。JAMESとしては是非褒めてほしかったな。生徒会長の選手宣誓も大きな声でよかった。彼は一時Bettyさんにピアノを習っていたことがあったのです。今日の活躍を話したらきっと大喜びをしたことでしょう。
運動会2
地元の中学校が落ち着いていることは地域の者としてはこんなにうれしいことはない。200m走をみたけれどみんな全力疾走で見ていて気持ちがよかった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







土曜日はお掃除の日

掃除1
土曜日は「お掃除の日」と決めている。テニスの友達には「1週間に1回で大丈夫なの?」と言われたが、「一人だから埃がでないから大丈夫」と答えた。今日はそのお掃除をする土曜日である。まず服装が大事である。夏のお掃除は汗がつきものだから、汗になってもいい野良着に着替えることから始める。リビングををやりキッチンをやり、寝室を掃除した。次に気が向いたのでお風呂の脱衣場の床を水拭きした。ついでにお風呂場から出てキッチンへ行く廊下も水拭きした。両方とも思ったより汚れていなかった。
お掃除2
これがその廊下。ここが汚れているとJAMESはスリッパを履いているので、ゴミがスリッパに付いて家中にまき散らされる可能性がある。脱衣場にくっついているトイレは日本式である。覗いてみたらなんとなく汚れていたので、これを洗剤を使って掃除した。
お掃除3
なんかピカピカになったような気がした。2階もピアノの部屋もたぬき座も掃除をした。本当に汗だくになったが、これで快適に暮らせるなと思った。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







祭壇を片づけた。

仏壇
四十九日が過ぎたので祭壇を葬儀社に頼んで片づけてもらった。こうして仏壇だけになるともう50日も経ってしまったのかと時の流れの速さにびっくりする。祭壇がなくなると以前の日常に形の上では戻ったことになるが、Bettyさんが戻ってくるはずもない。Bettyさんがいないという新たな日常が始まるのです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







玉すだれが咲き始めました。

玉すだれ1
庭のあちこちで玉すだれが咲き始めました。今は花のない時期なのでとても目につく。白い花も美しいものです。どうも夜になると閉じて昼間になると開くようだ。
玉すだれ2


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







| TOP | NEXT

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム