スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくもみじが紅葉した。

紅葉1
ようやくJAMESの家のもみじが紅葉した。ここ2,3日曇天が続いていた。紅葉したもみじは青空がバックだときれいに写真に写る。なので天気が回復するのを待って写真に収めた。
紅葉2

紅葉3
このもみじはもう葉が落ち始めている。
この時期銀杏も紅葉するが、JAMESの家のものはまだあまり黄色になっていない。
紅葉4
まだまだ青々している。でも近所のの銀杏はきれいに紅葉している。
紅葉5
緑の山をバックに銀杏の黄色が色鮮やかである。JAMESのうちのものとは少し色が違う。このお宅は庭が広いのでどの木もせいせいと枝を伸ばしていて気持ちがいい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








スポンサーサイト

土鍋が届く。

土鍋
東京に住む娘のCatharineから一人用の土鍋が届いた。レシピと鍋用のたれも付いていた。そうか冬は鍋だ。早速白菜、もやし、牛肉、しめじ、豆腐、ニラを買ってきて鍋をして食べた。冬は温かいものに限る。朝は鍋の残りを使って雑炊にした。これから夕食は鍋にしよう。ワタミの給食は来週からお休みにすることにした。鍋はいろいろあるので楽しみだ。作るのにも材料を切るくらいしか手間がかからない。JAMESのことを気にかけていてくれることに感謝、感謝である。毎日鍋を食べるぞ。毎日鍋にすれば材料が有効に使えることもわかった。これはいい。お金も有効に使えるということだ。テレビではラーメン鍋を紹介していた。これもおいしそうである。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








苗の日光浴

苗の日光浴1
ビオラとペチュニアの苗はいつもは東の畑に面するところにある育苗棚に置いて管理している。東向きなので朝しか日光が当たらない。そこで天気のよい日は南側の日光がよく当たる場所に出して苗に日光浴をさせている。苗を入れているケースが全部40あるので育苗棚と庭を40往復することになる。そして夕方にはこれを育苗棚に戻すという作業が待っている。JAMESはこういう単純な作業はあまり苦にしない性質である。日光にあてるとどんどん大きくなるような気がする

苗の日光浴2
こんなに大きくなってきました。薄い液肥を与えているのでその効果もあるかな。春が楽しみである。苗に一人暮らしの寂しさを慰めてもらっている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








幼稚園の生活発表会

幼稚園1
地区の自治会の役員なので幼稚園の生活発表会に招待された。歌あり楽器の演奏あり、オペレッタありでとても楽しい半日でした。木琴の演奏でも20人くらいの演奏がぴったりと合っていた。一人として音をはずす子がいなかったのはすごいと思う。もしJAMESが幼稚園生だったらきっと音をはずしてみんなから非難されたのではないかと思う。オペレッタ「浦島太郎」では浦島太郎も乙姫さまも4人いたが今年は驚かなかった。慣れてしまうとそんなに違和感を感じることはなかった。どの舞台も衣装が色鮮やかで美しかった。宮沢賢治の「アメニモマケズ」の群読もあった。よくあの長い詩を覚えたものだと感心した。
幼稚園2
JAMESの孫のAnneも4歳になるので4歳児の活動はしっかりと見た。みんなしっかりとやっていた。人間はすごいと思う。生まれてから4年も経つと母国語を話し、楽器を演奏し、歌も歌える。利口だと言われるチンパンンジーだってこんなことはできない。人間はすごいとつくづく感じた。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








JAMES 杓子山に登る。

杓子山1
昨日山中湖の近くの杓子山(1597m)にいつもの仲間と登った。今回は9名の参加となった。雲一つない好天だったので写真のような富士山を眺めながら登ることができた。JAMESはこれで3回目。1回目は山の仲間と登った。いい山だったし割と楽に登ることができたのでBettyさんと一緒に登ったのが2回目。楽に登った印象があったがけっこう大変だった。これはJAMESが歳をとったということなのだろうか。お昼は冷凍のラーメンをガスで温めて食べた。
杓子山2
これが冬のJAMESのの昼食である。手軽でおいしい。冬は温かいものがなによりである。昨日は風もなく頂上でも寒いということはなかった。富士山を眺めながらの昼食は最高である。バタピーをかじりながらコヒーも飲んだ。ゆったりとした時間を過ごすことができてよかった。登るときは霜柱を踏みながら歩いた。帰りはこれが解けて道がぐちゃぐちゃになるかと心配したが、そんなこともなくよかった。帰りに忍野八海に寄った。この山の仲間としては珍しいことであった。コロンビア人のナナが居たので彼女のために日本の風光明媚なところをリーダーのWilliamが案内したかったのだろう。これはいいことだ。

杓子山3
忍野八海の水は相変わらずきれいだった。夜はJAMESの家の近くの中華料理店。持ち込みが可だというのでボジョレーを持ち込んだ。みんなにおいしいと評判がよかったのでうれしかった。JAMESは自重して飲んだので今日ににまでアルコールが残ることはなかった。楽しい一日でした。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








たぬき座上映記録 №46 「ハリソン・フォードの逃亡者」

逃亡者
ハリソン・フォードが好きなので彼が主演する映画はよく観る。久しぶりに観たがおもしろかった。ハリソン・フォードが演じる妻殺しの医師キンブルを追い詰める連邦捜査官トミー・リー・ジョーンズがかっこよい。ハリソン・フォードは逃亡者なのでいつもよれよれの作業着などを着ているが、トミー・リー・ジョーンズは細身のGパンにネクタイとジャケットで決めている。さらにシカゴに舞台が移るとシカゴは寒いのでトミー・リー・ジョーンズは紺の長めのコートにえんじのマフラーをさりげなくしている。なかなかのおしゃれである。また仕事ぶりが非常にクレバー。行動に切れがあり鋭い。この映画は彼の映画だと言っていいほどだ。この映画で彼がアカデミー助演男優賞をもらったそうだが、アカデミー会員の目の確かさに敬服である。こういう娯楽作品でも演技がしっかりと評価されるのですから。最後に心温まるエピソードが用意されていたが、このエピソードをまったく覚えていなかった。映画は数回観て初めて細部まで理解できるというのは本当だ。いいエピソードだった。
評価 ★★★★★

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








JAMESの冬時間始まる。

窓1
JAMESの冬時間が始まった。今までは7時起床で9時作業開始という日課であったが、2、3日前から8時起床10時作業開始となった。大きな理由はリビングのこの窓に朝日が当たり始めるのが8時になったからだ。今まで通りに7時に起きるとまだ陽が出ていないのでとても寒い。そこで日が当たり始める時間に起きることにした。これはBettyさんが元気だったころもそうであった。
窓2
JAMESの家の東側には低いが山があり、その山の影響で冬は陽が当たり始める時間が遅い。でも8時になるとこのように陽が差し込んでくる。陽が差し込んでくると気温が上がり始める。雨戸を開けてもあまり寒いと感じることがない。先日今年一番の冷え込みという日があって、テニスに入ったら友達が「今日は冷たかったね」と言っていたが、8時に起きるJA,MESはまったくそのようには感じなかった。でも話しは合わせておいた。8時起きしているなんてちょっと恥ずかしくて口に出すことができない。老人になると朝は早くなると言われているがJAMESは一向にそうならない。夜早く寝ても朝は何時まででも寝ている。しかしあんまり寝てばかりいるようではよくないと思って、朝は目覚まし時計をかけて7時か8時には起きるようにしている。一人暮らしを始めてから1回も寝坊で会合などに遅刻したことがない。これは立派なことではないかと思っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








ピラカンサの赤い実

pirakannsa.jpg
ピラカンサの赤い実が色鮮やかだ。鳥がよく食べると言われるがJAMESの家のものはまだ食べられた形跡がない。鳥たちは気が付かないのかな。こんなに目立つのに。今年は変な時期にシルバー人材センターに剪定を頼んだので実が少ししかなっていない。植物は正直である。原因と結果がきちんと対応している。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








今年最後の草刈り

土手の草刈1
家の前の土手の草刈りをした。これが今年最後の草刈りだろう。冬になっきたので雑草の伸び具合も夏ほどの勢いがないのはありがたい。邪魔になるほどの丈ではないが見た目が気になったので刈ることにした。草刈り機を扱う時は緊張する。その証拠に掌に汗をかく。何かあると大怪我になると思うと緊張する。無事に終わるとホッとする。
草刈り機
安い草刈り機だが頼りになる味方だ。この草刈り機なかったらこの作業を全部手でやらなくてはなかったのだ。それを思うととても助かっている。しかも故障がない。いつも一発でエンジンがかかる。こんな草刈り機でも日本の技術はすごいと思う。

土手の草刈2
刈るとこんなにきれいになった。近所の人は見るともなくしっかりとJAMESの行動を見ているので、「おお頑張っているな」と思ってくれたかな。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン








我が町の駅前のイルミネーション

用事があって珍しく日が暮れてから我が町の駅前に出かけた。
イルミ1
ちょうどイルミネーションが点灯され始めたときだったので、それを見ることができた。他の都市のものを見たことがないので比較のしようがないのですが、かなり美しいと感じました。これは駅の南口のものです。
イルミ2

イルミ3

イルミ4

イルミ5
上のイルミネーションは全部駅の南口の広場に飾られたものです。そして北口には1個のイルミネーションがあるだけでした。
イルミ」6
この塔はきれいではあるが、全体としては淋しい印象は拭えない。北口が我が町の表玄関だった筈が今は逆転したようだ。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







クリスマスの飾り

クリスマスの飾り
いつも行く近くのスーパーにもうクリスマスの飾りが登場した。まだ11月だというのに。日本人の柔軟というか無節操というか宗教にあまりこだわらない生活の仕方のせいかクリスマスは本当にしっかりと我々の生活に溶け込んでいる。スーパーにこんな飾りが登場しても違和感を感じる人は多くはないと思う。まあ物をなんとかして売ろうと考える人々がクリスマスを利用してきたことがクリスマスの定着に大きな力を発揮してきたことは間違いないことだ。まあJAMESも娘や息子からクリスマスプレゼントをいただくし、孫たちにも送る。これは年中行事になっている。孫たちに今年は何をプレゼントしようかと思案している。孫たちが喜ぶものとJAMESが贈りたいものとは微妙に違いがあるのでプレゼントは難しい。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







グランドゴルフ大会に参加しました。

グランドゴルフ1
地域のグランドゴルフ大会に参加しました。一般の部と三世代交流の部がありました。三世代交流というのは孫世代、父母世代、祖父母世代が二人づつでて全部で6人でチームを組んで町内対抗で競うというものでした。小学生のプレーに大人たちが拍手をおくるというほほえましい光景もあり、とてもいい雰囲気で行われていました。我々自治会の役員も特別にチームを編成して参加しました。JAMESは好きな色の赤のボールを選らびました。
グランドゴルフ2

10のホールを回って全部の合計で競うのですが、1ホールを3打で回ればパーという感じですがこれがなかなか難しい。何しろこれで2回目なので1ホールで4打も5打も叩いてしまいました。ところがです。ホールインワン賞がかかっていた南の7番ホールでJAMESが見事ホールインワンを決めたのです。これには本人もびっくり。見ていたチームメイトもびっくり。JAMESの後に打ったもう一人の自治会役員も見事ホールインワンだったのです。一人でも珍しいのに二人続いたのですからこれは奇跡的なできごとですね。終わってみればトータルで31という成績でした。ホールインワン賞として金麦をいただきました。
グランドゴルフ3
閉会式で講評を頼まれました。JAMESはこんな話をしました。「グランドゴルフは簡単なようで難しい。思うようにならないところがまるで人生のようですね。近くへ寄せようとしても遠くまでころがったり、今度はそっと打つと手前で止まってしまったりと本当に思うようにいきませんね。うまく近くに寄せられてもそこからがさらに難しい。金具に嫌われたりとなかなかうまくいきません。でも今日はJAMESはホールインワンを出すことができました。うまくいかないからといってあきらめずにやっているとこんな奇跡的なことが起きます。これもまた人生のようですね。でもこんなところで運を使ってしまっていいのか。これで今年の宝くじは望みなしだと思っています。みなさんと楽しいひと時を共有できたことをうれしく思っています。審判や運営に当たってくださったすべての役員の方々にお礼申し上げ、講評とします。」

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







コスモス畑の後始末

裏の畑1
東の畑に蒔いたコスモスが終わり、今は雑草畑になったしまった。ビオラとペチュニアのポット上げの作業が終了したので他のことができるようになってきた。そこで今日はこの東の畑の雑草取りに精を出した。

裏の畑2
雑草を抜くとこんな感じとなった。問題はこの後をどうするかということだ。例年だとここには正月菜やホウレンソウ等の菜ッ葉類を植えていたのだが、一人になって食べきれないので野菜はもうつくらないことにした。ここにスイートピーを植えてはどうかと考えている。Bettyさんも好きな花だったし、JAMESも好きだから。それならもう種をまかなくてはならないかもしれない。早くしないと時期が遅れてしまう可能性がある。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







バザーの献品を探す。

バザー1
JAMESが住んで地域には公民館がある。その公民館は年に1回公民館祭りを開催している。そんぼお祭りの目玉の事業としてバザーがある。住民から寄付していただいた品物を格安の価格で販売する。それでも数十万円の売り上げがある。寄付シテいただいた物を売るのですから丸儲けという感じですね。そのための品物を組長が集めにくるという。JAMESは家中の押入れに頭を突っ込んで何かいいものはないかと探した。そうして見つけたのがまずこれである。しっかりとした木製品である。お椀と湯呑と箸もついていた。欲しい人がいるかどうかはわからないが物としてはいいだろうとこれを出すことにした。
バザー2
次の見つけたのが新品のバスタオル。タオルは例年いっぱい出て、数枚で100円などという価格で売られるようだ。これもいいだろう。
次に見つけたのがこれだ。
バザー3
これもちゃんと箱に入っており見た目は立派である。これはガラスの皿である。とても重い。これを欲しがる人はいないように思うがだすことにした。こうして3点を寄付することにしたが売れるかどうか心配ではある。売れ残った品物の処理も大変だと聞いたことがあるからだ。Bettyさんが亡くなってからしばらくは家の中を片づけなくてはとあちこちの押入れを見てまわっていたが、今はその元気もなくもうこのままでいいやという気分になっている。まあ献品がなんとか見つかってよかった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







特定健康診査結果報告書が届いた。

讀懆ィコ・狙convert_20111111162504
先月検診センターで受けた特定健康診査の結果が郵送されてきました。おっかなびっくり開いてみたら、ものすごくよかったのです。
身体計測 A BMIも21.8 腹囲(メタボ)これも74.6 でよかった。
血圧  120~70でA判定
中性脂肪やコレステロールも判定はA 肝機能も判定はA 血糖値も判定はA
昨年まで潜血があった尿検査も蛋白も潜血もなく判定はA
血液もA 大腸がん検診も精密検査は必要なしだし、前立線がんの腫瘍マーカーの値も低かった。ということで総合判定もAであった。Aというのは「今の検査では基準値の範囲内に収まっています(異常なし)」というものだそうだが、まあ太鼓判を押すわけにはいかないであろうが、当分は健康だということだろうと解釈した。一人暮らしになって4ケ月あまり。とにかく健康であることはうれしいことだ。病気になると一人だと困ることが多いからだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







秋バラが美しい。

IMGP4452_convert_20111110192906.jpg

IMGP4453_convert_20111110193013.jpg
秋バラが美しい。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







ピンクのサザンカ

ピンクのサザンカ1
このピンクのサザンカの花が今年はたくさん蕾をつけた。
ピンンクのサザンカ2
この花もなかなか美しい。今は亡き父母がいろいろな木を植えてくれてあるので季節が巡ってくるとこうして花を楽しむことができる。ありがたいことです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







白いツバキ

白いツバキ1
今年はこの白いツバキが元気だ。例年になくたかさんの蕾をつけている。雨などに当たると白い花びらが痛み、黄色になってしまう。なので白いツバキの花を撮影するのはなかなか難しい。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







ポットに移植したビオラがとても元気です。

ビオラの苗3
ポットに移植したビオラがとても元気です。今年は苗の生育がおもわしくなく、いつもなら根がびっしりと伸びているのに今年はちょぼちょぼという感じです。なので根がほとんどないような苗もあったのですが今のところ全部元気です。移植2,3日するとなんだか大きくなったように見えるのは不思議です。大学進学などで家を離れた子どもたちが夏休みなどに帰省すると急に大人びて見えるのによく似ているなとJAMESは思っています。これから薄い液肥などを与えてしっかりとした苗の育てていきたい。

ビオラの苗4
育苗棚にこれだけ苗がある。毎朝これを見にいくのが楽しみである。声をかけてやると野菜も花も見事になるというが、ようはどれだけ目や手をかけたかということだと思っている。手も目もしっかりとかけてきれいなビオラを咲かせたいと思っている。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







ビオラの苗

ビオラの苗
ビオラの苗がこんなに成長した。
ビオラの苗2
そこで1本づつポットに移植した。土はホームセンターから買ってきた育苗用の土だ。園芸の本には根を切らないように移植すると書いてあるがそれは非常に難しい。でも経験的にはかなり根が切れても大丈夫だということがわかっているので気を付けつつ根が切れてもあまり神経質にならないで移植した。今日1日で100ポット移植できた。移植後には薄く希釈したメネデールを与えた。この作業も定年後から始めているのでもう10年になる。今までにポットに移植して枯れた苗は1本もないのでビオラの苗を育てる技術は確立できたかなと思っている。これから育苗棚をのぞくのが楽しみである。まだまだ苗はあるのでしばらくはこの作業が続く。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







ホトトギス

IMGP4436_convert_20111106104142.jpg
つくづくおもしろい形をした花だと思う。こんなデザイン考えろと言われても思いつかないだろう。駐車場の車を止めるすぐそばに生えているので乗り降りするとき邪魔になっていた。でむしってしまおうかと思ったときもあったが、そうだこれはホトトギスで今に花が咲くのだということを思い出して、ひっこ抜くのを思いとどまった。この草の名前はBettyさんに教えてもらった。こういう野草のように何も世話をしなくても咲く花が彼女は好きだった。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







スズランの木の紅葉

スズランの木
JAMESの家の庭でスズランの木が一番最初に紅葉した。しかもこんなに鮮やかにだ。もみじの木も何本かあるが今年の紅葉はきれいではなさそうだ、近くの街路樹の欅の木は紅葉しないで葉が枯れて落ち始めていた。欅の木も今年はきれいに紅葉しないようだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







LED電球。

LED電球1
今日ホームセンターの行ったら安いLED電球を売っていた。以前から家の中の普通の電球をLED電球に変えようと考えていた。LED電球はものすごく高い。なので毎月少しづつ変えていくことにした。普通の電球の数はそんなには多くはない。が消費電力を少しでも抑えることが求められているので少しでも節電になればと思っている。
LED電球2
これが普通の電球。写真にするとかなり黄色に映る。」

LED電球3
これがLED電球を写したものだ。白くみえる。なので少し冷たい感じがする。でもここは廊下なので少々冷たくても消費電力が少ないほいうが、JAMESにとっては都合がよい。これで電気代でどのくらい安くなるのだろうか。来月が楽しみである。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







今日の秋バラ

秋ばら6
秋バラが盛りを過ぎ咲く花の数が少なくなってきた。でも色が濃い。これが秋バラの特徴のようだ。去年よりずっときれいに咲いている。

秋バラ7

秋バラ8
雨が降ると花が痛むので、写真を撮ったあと切って切り花にして食卓に飾った。これを観るのがたったの一人とは寂しいものだ。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







たぬき座上映記録 №33 「Love Letter」

ラブレター
息子のGeorgeが大学生だった頃「この映画いいよ」と紹介されて見た映画だ。だから初めて見たときから20年以上経っているが昔の映画という感じはまったく感じなかった。これで4回目になる。こういう青春物がJAMESは大好きなのです。主人公は渡辺博子(中山美穂)と藤井樹(中山美穂)。渡辺博子は恋人の藤井樹を山の遭難で失っている。小樽に住む藤井樹(中山美穂)は中学生の時父が肺炎で死亡している。渡辺博子は恋人の死後3年が経っているが忘れられないでいる。小樽に住む藤井樹と山で遭難した渡辺博子の恋人が中学生時代同じクラスであったことがわかってくる。男女で同姓同名で同じクラスになるなんてことが普通は起こらない。でもそういう起こりそうもない状況のなかで物語をつくりだしていくのがフクションのおもしろさであろう。このフィクションをどれだリアルに感じられるようにできるかが監督の腕だ。この映画はそれに成功している。初恋を描く舞台として地方都市小樽を選んだこと、小樽でも神戸でも最後の山と向かい合うシーンでも雪が美しい。小樽に住む藤井樹(中山美穂)の部屋、仕事、家族の様子がリアルに描写され、生活者としての彼女に存在感を与えていた。存在感のある人間が演じるからフィクションがリアルに感じられるのだ。中学生の描き方がうまい。父親や恋人を失った喪失感を抱える二人が主人公であるということがこの物語に深みを与えている。中学校の図書室も出てくるが、JAMESは中学生の頃図書委員をやったことがあるので懐かしかった。Bettyさんは高校で図書委員で、図書委員の同窓会までやっていました。音楽もまたすばらしい。甘くなりすぎず上品だと思った。中山美穂も可愛かったが中学生役の酒井美紀がさらに可愛かった。
評価 ★★★★★おまけに★
下の文字をクリックすると音楽と予告編を見ることができます。


映画「Love Letterの音楽」
映画「Love Letter」の予告編


にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







お土産

お土産1

お土産2
盲導犬の施設見学の帰りに漬物屋さんに立ち寄った。JAMESはBettyさんが元気だった頃から出かけてもお土産はほとんど買うことはなかった。漬物屋さんで試食してキムチはとてもおいしかった。その上1360円という値段が一緒にいった人が大きな声で「1000円なら買うよ」と言ったら、お店の人が「しょうがない1000円でけっこう」で1000円になったので買ってしまった。これがあればご飯がおいしく食べられるかなと思ったこともある。別の売り場を覗いていたら売り子のおばさんがニンニク漬けを勧めてくれた。躊躇していたら「お客さん500円にしておくよ」と言われてこれも買ってしまった。これは今はご飯のとき朝晩食べている。キムチは冷凍保存できると教えてもらったので小分けして冷凍するつもりだ。買い物が主婦感覚になってきた自分に驚いている。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







盲導犬の訓練施設を見学しました。

盲導犬1
地域の社会福祉協議会の役員になっているので地域の方と一緒に盲導犬の訓練施設を見学しました。富士山がこんなに良く見える場所にありました。ここはオウム真理教の施設があった所だったそうです。ここは盲導犬総合センターといい、繁殖から訓練そして引退した盲導犬の最後を看取るところまでやる施設でした。
盲導犬2
盲導犬の訓練は受けたけれど性格に難があって盲導犬になれなかった犬がデモンストレーションをやってくれました。盲導犬の仕事は大きく三つあり、障害物を知らせる、段差を知らせる、分かれ道を教えるです。犬は賢い。これを完璧にやっていました。訓練士が英語で「good good」といつも褒めながら指示を与えていたのが強く印象に残りました。盲導犬はエサを与えての訓練はしないそうです。
盲導犬3
訓練中の盲導犬です。触ったり声をかけたりしないように注意されました。帰りに入口にあった募金箱に1000円入れてきました。この施設の運営が全国kらの寄付で賄われていることを知ったからです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン







| TOP |

プロフィール

james stewart

Author:james stewart
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

あし@

お財布コム

お財布.com

クイックサーフ

クイックサーフ quicksurf

フリーエリア

ブログランキング

FC2カウンター

オレンジ トラッフィック

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。